通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫) 文庫 – 1984/9/27

5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,513 ¥ 165
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫)
  • +
  • 項羽と劉邦〈下〉 (新潮文庫)
  • +
  • 項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)
総額: ¥2,258
ポイントの合計: 111pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

叔父・項梁の戦死後、反乱軍の全権を握った項羽は、鉅鹿の戦いで章邯将軍の率いる秦の主力軍を破った。一方、別働隊の劉邦は、そのすきに先んじて関中に入り函谷関を閉ざしてしまう。これに激怒した項羽は、一気に関中になだれこみ、劉邦を鴻門に呼びつけて殺そうとするが……。勇猛無比で行く所敵なしの項羽。戦さべただがその仁徳で将に恵まれた劉邦。いずれが天下を制するか?

内容(「BOOK」データベースより)

叔父・項梁の戦死後、反乱軍の全権を握った項羽は、鉅鹿の戦いで章邯将軍の率いる秦の主力軍を破った。一方、別働隊の劉邦は、そのすきに先んじて関中に入り函谷関を閉ざしてしまう。これに激怒した項羽は、一気に関中になだれこみ、劉邦を鴻門に呼びつけて殺そうとするが…。勇猛無比で行く所敵なしの項羽。戦べただがその仁徳で将に恵まれた劉邦。いずれが天下を制するか。


登録情報

  • 文庫: 435ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1984/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101152322
  • ISBN-13: 978-4101152325
  • 発売日: 1984/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,202位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 この『項羽と劉邦 中』からいよいよ項羽vs劉邦という図式がはっきりと浮き上がってきます。そして、ものの見事に劉邦が負けまくります。
 後の勝者がこれまで見事に負けまくるというのは稀有なのではないでしょうか。
 それでは、劉邦が負けまくっているにもかかわらず、なぜ配下の人間達は彼を見捨てることなく、彼を支え続け、最後には勝利へ導いたのでしょうか?
 それは偏に劉邦の人柄がそうさせたのでしょう。
 と、こういうのは簡単です。しかし、実際に劉邦がどのような人物で、どのようにして配下の人間を惹き付けたのかということを誰にでも分かるように説明するのは至難の業だと思います。筆舌に尽くし難い人間の魅力というものは実際に存在すると私は思うからです。
 この司馬遼太郎氏の『項羽と劉邦』では劉邦の人柄について誰でも理解できるようにかなり厚く綴られています。
 なぜ、劉邦は見捨てられなかったのかということが分かるばかりでなく、自分も劉邦のような人の下で働きたいなとさえ思いました。
 劉邦は戦国時代の本業である戦では項羽に勝てませんでしたが、本業のバックにある人生という人間としてもっとも大切な土俵では項羽に圧勝しました。
 現代において人生という土俵で勝つためにこの『項羽と劉邦』は少なからず参考になるかもしれません。
 ソレデハ…
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 You and Me 投稿日 2012/3/5
形式: 文庫
 中巻のみの読後感です。

 お話はいよいよ劉邦の関中入りから、彭城での敗戦、敗走、栄陽城籠城、そして紀信と
周荷のお話に続きます。

 司馬遷の史記というのは、よほど偉大な作品なのでしょう。横山作品と、司馬作品では、
韓信の割符、蜀から関中入りのお話に相違がある以外には、殆どその差がありません。
原作の偉大さが伺われます。

 そこはそこで、やはり司馬作品ならではの特徴を挙げるとしたら紀信と周荷のお話で
しょう。同じように横山作品でも感動を誘うお話として描かれていますが、司馬作品では、
味付けがされており、男心を描いたストーリーとして描かれており、秀逸です。

 横山作品でも劉邦は弱かったのですが、韓信とともに関中に入る際、連戦連勝。ここまで
弱い印象はありません。ところが司馬作品では、劉邦はとにかく弱い。弱くて、だらしが
なくて、助平で。
 どうして周荷と紀信のお話があるのかと不思議に思います。それが、中巻の問題提起なの
かもしれません。

 お勧めです。95点。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
項羽と劉邦、全3巻のうち中巻。上巻ではあまり出番のなかった劉邦が話の中心で、劉邦軍のなかでは、張良、れき食其(れきいき)、韓信(股くぐりの話p151の紹介を含む)、紀信の活躍などが描かれる。逆に項羽軍の話は少なく、項羽が亜父(あふ、本書ではあほ)と呼ぶ范増、黥布(英布)らが少し取り上げられるだけで、季布、鍾離'(しょうりばつ、本書では、しょうりまい)、龍且らの名将の出番はほとんどない。女性では、呂雉以外には登場場面はすくなく、戚夫人は数行の登場のみで、虞姫(虞美人)はまだ登場しないが、夏侯嬰(かこうえい)の幼馴染(かんかん)が活躍(この部分は創作が多く含まれているであろうだけに逆に物語としては面白いp246)。上巻に比べ、鴻門の会など名場面や戦闘にからむシーンも多く、読むスピードは格段にあがる。司馬遼太郎は、劉邦は無能だが”侠(きょう)”のある人物としている。”侠”の精神とは、“いったん結べば、すべての保身、利害の計算をすてて互いに相手を守りあうという”というもので、無打算が'の本質であり、張良と項伯の関係がそれであるとしている(p115)。鴻門の会において、項伯に“項羽軍の機密を洩らすことは、張良への恩返しという個人の大事からみれば塵芥(ちりあくた)ほどにちっぽけな雑事にすぎない(117)”と語らせている。この時代は、人が釜茹で処刑されたり(周苛しゅうかp435)、陳平が離反(り...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中巻からいよいよ楚漢戦争が本格化し、タイトル通り、不倶戴天の2人にスポットライトが当てられる。
項羽ははたして人なのか。彭城(ほうじょう)において、劉邦率いる反楚勢力総勢56万を、たった3万の兵をもって潰走させる様は鬼神と見紛うばかり。劉邦はひたすらに敗れ、臆面もなく逃げ、情けなくも平伏し、性懲りもなく再起してはまた敗れる。が、敗れながらも、徐々に優れた人材が項羽から劉邦のもとへ流れ始め、パワーバランスが静かに変わっていくところに妙がある。
項羽には何が欠けていたのか。人望がない、徳がない。後世よく評されるところだが、司馬はあまりそう描かない。憎めば平気で人を穴埋めにする一面、気に入った相手は大いに愛し、咎も許す。かの有名な「鴻門の会」においては、劉邦の警護役、樊カイの勇敢な直言を「これこそ壮士だ」と受け入れ、劉邦を許す。そんな寛大さもある。感情の起伏に富み、大いに魅力ある人物ではないか。時に部下を軽く扱うこともあるが、それは劉邦も同じ。
だからこそ、項羽と劉邦の逆転は示唆に富む。項羽、というより楚に最も欠けていたのは人を引き寄せるメカニズムだろう。夏侯嬰や蕭何が韓信を見出したように、陳平が魏無知の伝手で新たに加わったように、劉邦単独の人望うんぬんではなく、漢には人が人を呼ぶ気風と仕組みがあった。この重要性は、私たちも本能的に知っている。社長や人事部が
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー