通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
項羽と劉邦〈下〉 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

項羽と劉邦〈下〉 (新潮文庫) 文庫 – 1984/9/27

5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 項羽と劉邦〈下〉 (新潮文庫)
  • +
  • 項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫)
  • +
  • 項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)
総額: ¥2,258
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

楚漢の天下争いは勝負がつかない。圧倒的な項羽軍の前に、穀倉のある山にのぼってこれと対峙する劉邦軍。やがて和議成って故郷に帰る項羽軍を劉邦は追撃し垓下に囲む。ある夜、包囲軍の中から楚の国の歌が湧き上がるのを聞いた項羽は、楚人はことごとく漢に降伏したかと嘆き、天が我を滅ぼしたことを知る。あらゆる人物の典型を描出しながら、絢爛たる史記の世界を甦らせた歴史大作。

内容(「BOOK」データベースより)

楚漢の天下争いは勝負がつかない。圧倒的な項羽軍の前に、穀倉のある山にのぼってこれと対峙する劉邦軍。やがて和議成って故郷に帰る項羽軍を劉邦は追撃し垓下に囲む。ある夜、包囲軍の中から楚の国の歌が湧き上がるのを聞いた項羽は、楚人はことごとく漢に降伏したかと嘆き、天が我を滅ぼしたことを知る。あらゆる人物の典型を描出しながら、絢爛たる史記の世界を甦らせた歴史大作。


登録情報

  • 文庫: 362ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1984/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101152330
  • ISBN-13: 978-4101152332
  • 発売日: 1984/9/27
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 62,210位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 興津 投稿日 2017/5/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
和議のあと、張良がその破棄を主張する。「成算はないが、さきへゆけばいよいよなくなる」「待つという時が味方するのは項王のほうで、漢王のほうではない」 この冷徹な視点は現代の国際関係にも時に必要ではないか。

著者はしばしば先回りして登場人物の運命を書いてしまう。まだ漢楚が戦っているのに、その後の韓信の最期を書いたのは残念。項羽の死で筆を置きたかったのだとは思うが。

有名な戦乱期だが、わずか7年ほどということに驚く。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
中国、特に古代の話が好きだ。漢まで。後漢はもうあんまり・・何故かな?と思っていたけど、司馬遼太郎氏の説で納得した。中国固有の侠という思想が行動の規範となっているのがこの時代までというのが氏の説だ。古代中国の色、匂いに侠というスパイスがしっかり効いているのが私の好みにピタッとはまるんだ!

司馬遼太郎氏の文才はいまさらだけど素晴らしい。この3巻の中でも何度も唸った。一つの例にすぎないけど、真冬の戦場に昇る太陽を義眼に例えるあたりなど素晴らしい感性だと。中巻は特に筆がのるって事か、ユーモアもたっぷりあって声を出して笑った箇所が何か所もあった。

登場人物は多いが結局は項羽と劉邦という全く異質の二人のカリスマの人間性と生き方が激突する物語だと感じた。強く激しい項羽が故郷の兵に背かれ四面楚歌の中で絶望する最終章があまりに哀しい。

司馬遼太郎氏の古代中国の話をもっと読みたかったなぁ。一読の価値ありです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
上巻・中巻と同様、歴史ドラマというよりもドキュメンタリーのような文体で解説が多く読みづらい。また、人物ごとに記述されているため、頻繁に記述されている時間が前後してしまう。四面楚歌により項羽が敗北する場面があるため、お情けで星2つにしました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bias VINE メンバー 投稿日 2010/10/28
形式: 文庫
20年ぶりに、読み返しました。
きっかけは、宮城谷昌光さんの『三国志』第6巻(文春文庫)。
劉備に出会い、巨大な「無」であると気づく諸葛亮の活躍の始まり――。
この「最上位の者が“無”であり“虚”」という設定は、まさに司馬さんの劉邦像。

なぜ、項羽が百勝の後に敗れ、劉邦が百敗の後に勝ったか。
その理由を司馬さんは、(この下巻では特に)劉邦の謀臣だった
張良(ら)の言葉を通して、巧みに説明し、物語を活気づけています。

つまり、劉邦は大いなる「虚」(うそ、ではありません)であり得たがゆえに、
地縁・血縁を問わず、名将、謀臣、英才、勇士が、その陣に募った。
部下を機械的に統御したり、その功績をむやみに嫉妬しない、ある意味臆病で、
人の弱さを理解できる劉邦だからこそ、それを受け入れた――。
史実はともかく、司馬さんはそういう劉邦像をつくり上げ、それを自覚させ、
あるいは督励する得難い謀臣として、張良を添えました。

対するに、項羽は己れの勇武に自信があり過ぎ、血の濃さ、郷里への愛が
強すぎた。ひとたび怒れば凄惨な虐殺もためらわず、反面、注ぐべき
相手への熱情(たとえば虞美人)も、果てしない――。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
7年におよぶ戦乱が、遂に幕を下ろす。
この下巻では、いよいよ韓信が台頭する。高名な「背水の陣」も披露される前半は、まさに独り舞台。項羽、劉邦に続く第三の主役に躍り出る。司馬は彼を、劉邦麾下の三傑どころか、項羽に比肩するほどの人物、そして劉邦から半ば独立した存在として描いている。
「並の人間より十倍も多量の血液を持っているような」感情漲る項羽。対して、人間性をどこかに置き忘れたかのような韓信。その個性は全くの対極であるが、ともに天才であり、同時にどこか子供っぽい。この双璧に挟まれる劉邦は、私たち凡人の象徴だろう。その脇を固める蕭何、張良らは、傑出してはいるものの、彼らもまた人間の範疇に留まる。
そんな劉邦一味が、粘り強く生き抜き、一遇の機会をものにする。そのしたたかな戦いぶりからは、実に多様なことを学ぶことができる。劉邦率いる漢は、最後まで武力に欠けていながら、食料、外交、風評をコツコツ積み上げ、何度でも負けられる体制を築いてみせた。弱者の生き残り戦略として大いに参考になる。なお司馬は、乱世におけるリーダーシップの本質を「要は付いてくる者を食わせられるか」とあっさり喝破している。慧眼。
逆に、勝つほどに弱体化していく楚。団結したときの凄まじさや、その情緒性、そして戦略に欠けるところ。楚を通して、先の大戦で敗れた日本の姿が垣間見えるようだ。いや、
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー