¥5,400
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
音楽と脳科学:音楽の脳内過程の理解をめざして がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

音楽と脳科学:音楽の脳内過程の理解をめざして 単行本 – 2016/4/21


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2016/4/21
¥ 5,400
¥ 5,400 ¥ 4,866

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 音楽と脳科学:音楽の脳内過程の理解をめざして
  • +
  • 心を動かす音の心理学 ― 行動を支配する音楽の力
  • +
  • 音は心の中で音楽になる: 音楽心理学への招待
総額: ¥10,044
ポイントの合計: 132pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

なぜ音楽は私たちを魅了するのであろうか? この問いに対し,言語の獲得同様,生来備わる学習能力を基盤として形成されていく認知過程,またそれを支える神経基盤を中心にそのメカニズムについて詳説する。最新の脳機能測定技術による知見を踏まえ,脳と音楽の研究に関心をよせるすべての人々に包括的レビューを提示する。

◆主な目次
序 文
第I部 導 入
第1章 耳と聴覚
第2章 音楽理論上の背景
第3章 ピッチと和声の知覚
第4章 神経の電気的な活動から事象関連電位(ERP)と事象関連磁場(ERF)へ
第5章 ERP成分
第6章 音楽の脳内処理についての事象関連電位(ERP)を用いた研究の歴史
第7章 機能的脳イメージング法―fMRIとPET
第II部 音楽心理学の新たな理論に向けて
第8章 音楽知覚――生成モデル
第9章 音楽の統語論
第10章 音楽の意味論
第11章 音楽と運動
第12章 情 動
第13章 結論と要約
あとがき

◆訳者一覧(*は編訳者)
佐藤正之* 三重大学大学院医学系研究科 序文,第13章
橘 亮輔 東京大学大学院総合文化研究科 第1章,第3章,第7章,第11章
田部井賢一 三重大学大学院医学系研究科 第2章,第12章
小野健太郎 京都大学医学部附属脳機能総合研究センター 第4章,第6章,第9章
森 数馬 独立行政法人食品総合研究所 第5章,第8章,第10章

著者について

S.ケルシュ(Stefan Koelsch)


出版社より

音楽心理学,音楽療法に関する北大路書房の好評書

人はどうして音楽するのか?

音の集まりがどうして「音楽」として感じられるのか?

音楽を聞き演奏する時に心や頭の中で何が起こっているか?

音楽心理学 音楽療法 医学的音楽療法 音楽心理学 音楽療法 医学的音楽療法 音楽心理学 音楽療法 医学的音楽療法
音は心の中で音楽になる: 音楽心理学への招待 音楽と脳科学:音楽の脳内過程の理解をめざして 音楽アイデンティティ: 音楽心理学の新しいアプローチ
著者 谷口高士 編著 S.ケルシュ 著 佐藤正之 編訳 R.A.R.マクドナルド,D.J.ハーグリーヴズ,D.ミエル 編 岡本美代子,東村知子 共訳
内容紹介 人はどうして音楽するのか? 音の集まりがどうして「音楽」として感じられるのか? 音楽を聞き演奏する時に心や頭の中で何が起こっているか? 音楽心理学は,音楽にまつわる人の認識,思考,感情のメカニズムやプロセスについて研究する分野の本格的入門書。 なぜ音楽は私たちを魅了するのであろうか? この問いに対し,言語の獲得同様,生来備わる学習能力を基盤として形成されていく認知過程,またそれを支える神経基盤を中心にそのメカニズムについて詳説する。最新の脳機能測定技術による知見を踏まえ,脳と音楽の研究に関心をよせるすべての人々に包括的レビューを提示する。 発達の初期から,あらゆる社会的場面において個人のアイデンティティの形成・表現にかかわる音楽。それは,個人の行動や態度,価値観をダイナミックに変容させる力を持つ。発達心理学,社会心理学,社会構成主義の視点から音楽とアイデンティティの生き生きとしたかかわりを明らかにする新しい音楽心理学。
音楽心理学 音楽療法 医学的音楽療法 音楽心理学 音楽療法 医学的音楽療法 音楽心理学 音楽療法 医学的音楽療法
赤ちゃんは何を聞いているの?: 音楽と聴覚からみた乳幼児の発達 医学的音楽療法: 基礎と臨床 音楽療法カンファレンス
著者 呉 東進 著 日本音楽医療研究会 監修 呉 東進 編著 日本音楽医療研究会 監修 呉 東進 編著
内容紹介 一時,あるCMソングを聞かせると泣いている赤ちゃんが泣きやむ,ということが話題になったことがあった。それはどのような理由によるのだろうか? このような乳児の特性からはじめ,各種発達(言葉,物事の理解,運動,記憶,社会性等)と音あるいは音楽との関係について様々なデータをもとに科学的根拠を示し説明する。 エビデンスを重視した医学的音楽療法のスタンダードを示す。音や音楽の作用機序を解説した総論を踏まえ,がん,疼痛,うつ病,認知症,発達障害など,対象となる20の疾患別に,臨床場面における医学的音楽療法の適応と方法を実践的に記述。 医師や看護師などの医療関係者との実際のディスカッションを会話形式で提供。具体的な症例を辿り,実施に伴う苦労や困難さ,どういう音や音楽を用い,その際の反応の有無,改善の工夫などを紹介する。好評の姉妹書『医学的音楽療法』の内容を補完。

登録情報

  • 単行本: 344ページ
  • 出版社: 北大路書房 (2016/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4762829293
  • ISBN-13: 978-4762829291
  • 発売日: 2016/4/21
  • 梱包サイズ: 21.8 x 15.5 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 293,094位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう