中古品
¥ 1,044
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 微ヤケ、多少のスレ・傷みはありますが本文は良好で読む分には問題ない状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

韓氏意拳―拳の学としての意味 単行本 – 2007/4

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,044
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書の内容は韓氏意拳の学術論文をはじめ、一つの座談、一つの対談、また専門分野で活躍する韓氏意拳学習者によるレポートや、特別付録として韓星橋先師の論文を掲載するなど、論文集のような形態を採りながら、多面的な視点から韓氏意拳にスポットライトを当てています。


登録情報

  • 単行本: 151ページ
  • 出版社: スキージャーナル (2007/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4789921069
  • ISBN-13: 978-4789921060
  • 発売日: 2007/04
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 609,365位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 TAKERU トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/1/29
形式: 単行本 Amazonで購入
理解出来るようで、理解出来ない内容。
武術は所詮身体を伴うものなので、文章を読んでも分る気に
なるだけだと思います。それに「知」によって得られる事象は限定的であり、それゆえ、「知」に
騙されることになりかねません。
そんなことをおもいながら読み終えました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 いくら知性と言っても、いくら精神性と言っても、現代においては陳腐化する事となる。

 その事を充分に検証し、思考して行くと、身体性や、感性に根ざしたものではない事と繋がって行くと感じる。

 それらが欠けているが故に、知識人は尊敬を受けながらも侮蔑され、宗教人は恐れられながらも依存されるのではないか。

 では、知性とはどういうものか?精神性とはどういうものか?

 と、世俗的な話しの組み立てをしてしまったが、そういうものを感動しながら感じられる書となっていると思う。

 
 しかし、それ以上に我々に迫ってくるのは、今や諦念感に包まれている人という種への圧倒的な可能性であろう。

 意拳の創始者、王郷斎の自然な状態を表現している写真には、形容し難いものを感ぜられる事と思う。

 ”この一動はなぜ存在するか”

 人の深みを感じて欲しい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2013/1/16
形式: 単行本
「真」を私たちは、見ることも聞くことも触ることも出来ない。
科学は、HOwを説明することが出来ても、Whyを説明することは出来ない。
そして、Whyの答えは一形一意、知行合一(同時)という瞬間(刹那)に生じる体認によってのみ理解することが出来る。
站椿は、その訓練であり同時に妄想の封殺でもある。
この一動はなぜ存在するのかという問は即答えであるというのが韓氏意拳である。

物事の根本は、因縁巧合により生じるのであり、人の頭の中での判断により生じるものではない。
自然の根本は、脳の働きとは無関係である。
全く脳(思考)を経ない瞬間においてこそ、物事の発生は人間に瞬間の感覚をもたらす。
いかなる条件をも付帯せず瞬間のみがある。これこそが自然の真実である。

ただ行うだけであり、毎回が新しい一回である。
瞬間、瞬間が別々に、しかもその時の状況にきちんと対応して屹立している。
その他の全ては、瞬間の後のことであり真実の瞬間とは無関係である。

意拳の教学体系を構築した中国人韓競辰の印象深い言葉がある。
心というものに比重を置いているという面で禅学のなかには問題点があると感じる。もしかしたら完成されたものとは言えないかもしれない。諸子
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告