通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
韓国 反日感情の正体 (角川oneテーマ21) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

韓国 反日感情の正体 (角川oneテーマ21) 新書 – 2013/6/10

5つ星のうち 4.1 38件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 韓国 反日感情の正体 (角川oneテーマ21)
  • +
  • 韓国人の研究 (oneテーマ21)
  • +
  • 韓国人の歴史観 (文春新書)
総額: ¥2,473
ポイントの合計: 59pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆内容紹介
激化するように見える韓国人の反日行動だが、実際は「昼は反日、夜は親日」。
昼間、公式の場で反日を叫んでいた人も、夜、懇親会や夕食会の場面では一変して、日本に対する親近感を語るのだ。なぜなのか?
竹島の領有権や慰安婦問題など、激化するように見える韓国の反日行動などから、裏側にひそむ複雑な民族感情にせまる。
在韓30年の日本人記者による緊急レポート。

◆内容(「BOOK」データベースより)
今や街には反日は無い。無いどころか、若者街などではカタカナや平がなの看板がカッコいいと堂々と目に付くところに出ている。
日本語をしゃべっていても誰も振り返ってくれない。日常生活での日本拒否の減少などまったく見当たらないのだ。(序文より)

ではなぜメディアや政治は執拗かつ極端な反日行動をとるのか? 反韓・嫌韓だけでは見えない驚きの実態が明らかに!

◆著者コメント
「嫌韓・反韓では分らない韓国の反日感情」

韓国駐在記者として三十年になる。
訪ねてくる友人たちは「何が面白くてそんなに?」とその長居をいぶかるが、正直言って韓国は日本人記者にとってそれほど面白い。
業界用語的にいえば、いくら居ても「ネタは尽きない」し「飽きない」のだ。
この本は今はやりのいわゆる“嫌韓・反韓本"ではない。
「韓国は嫌い」「韓国はイヤだ」「韓国はケシカラン」だけではそんなに長居はできない。
嫌いやケシカランを越えて、とにかくこの隣国は日本人にとって実に興味深く面白いのだ。
本の帯封には「昼は反日・夜は親日」とあるが、本文では三十年付き合った韓国について「反日風化と反日激化」「世界一反日で世界一親日」と書いた。
また日本人と韓国人の関係については「似ているようで異なり、異なるようで似ている」という「異同感」からくる難しさと面白さもある。
こうした必ずしも単純ではない「韓国反日感情の正体」を多角的かつ体験的に紹介したのだが、したがってそんな相手に単にケシカランと怒ってもはじまらない。
お互い引っ越しはできないのだから、そういう相手なんだと達観しつつ付き合えばいいのだ。
ただ付き合いに際しては相手の“正体"を知っていた方が楽だし都合がいい。論争になっても太刀打ちできる。
恋愛するにもケンカするにも、まず相手を知らなければ話にならないではないか。

内容(「BOOK」データベースより)

ではなぜメディアや政治は執拗かつ極端な反日行動をとるのか?対日行動の真実を在韓30年の日本人記者が緊急レポート。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 271ページ
  • 出版社: 角川学芸出版 (2013/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4046534214
  • ISBN-13: 978-4046534217
  • 発売日: 2013/6/10
  • 梱包サイズ: 17 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 172,315位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
日本人にはなかなか理解し難い感情のることが分かり、韓国の反日報道を少し引いた目線で見ることが出来ました!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
産経新聞の朝鮮半島情勢の報道は非常に確度か高い。
横田めぐみさんらが北朝鮮の拉致であると報じたのも
産経新聞が最初であった。
他の新聞は拉致などないという立場のときであった。

朝鮮半島情報の確度の高さはこの本の著者黒田勝弘氏に負うところが大きい。
同新聞のソウル支局長で現在は論説委員である
本書の著者黒田勝弘氏の韓国・朝鮮に対するブレない視線があるからである。
在韓国30年である。

で、反日感情の正体を
「煽るメディア・知識人、煽られる大衆」
「あった歴史でなく、あるべき歴史」
というキーワードで斬っている。
明快な論理である。
コメント 135人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本を読んで、一番感じたことは、[歴史認識]に対する日韓の捉え方の違いです。
日本では、起きた事実に基づいて、原因、経過、結果、後世への影響を検証していくのが歴史です。このような出来事があって、このような結果になったから、これはこういうことだったのだというのが日本の歴史の学び方です。
韓国では、あるべき歴史、という認識が先にあって、その認識に沿う証拠を集めていくのが、歴史の検証だということです。なので、日韓併合についても、日帝に併合された36年の歴史は悪である、という前提からはじまり、それに沿った論を展開することになります。それにそぐわない証拠があったり、論理がおかしくても、その矛盾は気にならないという…。
私は、歴史認識において、日韓が理解しあうことは、今後もないだろうと思います。
これまでの韓国への過度の配慮が現在の日韓関係の硬化を招いています。竹島に飽き足らず、対馬の領有権も主張し始めています。
中国、韓国に囚われず、日本の主張を国際社会で毅然と訴えていく時期だと思いました。
1 コメント 245人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
反日が一過性のものでないことが良く理解できた。
隣国とは近いだけに争いごともある。
自己主張が弱く丸く納めたがる日本も曲がり角に来ている。
と言うように思った。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
朝鮮人は強いものにはには吠えないが弱いものにはよく吠える民族である第二次世界大戦の終戦前までは割りと親日的であったが大日本帝国が敗戦すると朝鮮人は戦勝国きどりで日本人に狼藉を働いた日本人は終戦後アメリカに徹底的に牙を抜かれ自虐史観の塊になってしまったそこを韓国につけこまれた日韓基本条約で賠償は済んでいるにも関わらず韓国は日本人から金をせびろうとしている❗
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ソウルからヨボセヨの記事を楽しく読んでおります。その黒田さんの新刊と言う事で迷わず購入。
韓国に住んでいる人ならではの苦労や楽しい話が面白い。何気に日本代表として戦っている姿には読みながら「頑張れー」とエールを送っておりました。
しかし!後半からは様子が一変。中国の反日に比べたら韓国のはやさしい反日だよ、と言わんばかりの韓国擁護が続く。確かに中国のは過激だったが韓国のはやさしい物だったのだろうか?反日かどうかはともかく去年知っているだけでも3件は日本人がレイプされたし(ソウルで飲んでて仲良くなった後レイプ、フィリピンでレイプ、南の方のクラブで20代女性3人レイプ)この辺の情報を載せずに擁護するのは如何なものか。ましてやジャーナリストなら知っている情報はこんな物ではないだろう。
数年前なら日本人学校に通っている子供がおっさんにハンマーで頭叩かれるとかさ。
表面的なデモだけではなく内部に(日本の内部も)を含めた反日の情報が読みたかったな。
読み終わった後、こうでも書かなければ韓国では仕事を続けられないのだろうかと寂しさがよぎった。
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2013/7/26
形式: 新書
韓国は、「反日無罪」があり条約さえも遵守しない。蒸し返す。遡及法さえ存在する。
日本では、「知識人」という言葉はある種の恥ずかしさを伴い使われなくなったが、韓国では今でも「知識人」が大衆を諭し善導するのだそうである。
そして、「知識人」は事実でなく「べき論」で語ったり、書いたりする。
韓国人は、戦時中日本人に成りかかりそして共に戦争を戦ったが、自力で独立できなかったトラウマがある。
「反日」とは、「日本」を消すことであり、そしてそれは、「国是」となった。著者の見解である。

第二章は、「壮大な虚構としての慰安婦問題」である。
「べき論」の「あるべき歴史」が慰安婦である。
その捏造、ドラマ作り、パフォーマンス、ロビー活動等は芸術的でさえある。息を吐くように嘘を吐くとは、良く言ったものだ。
これは、永遠の「反日」活動であり、日本は歴史戦争を戦うか、国際化した「神話」を甘受し非難に耐えていくか腹を括らなければならないと著者は言う。
他方、何か問題が起きると必ずマスコミは、「日本はどうだったのか?」と日本を例に叱りお手本にしろと言うそうであるが、全体的にみれば、否定的・批判的なものが圧倒的に多いということである。
「日本の失敗は韓国の喜び」である。

著者のスタ
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー