通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
韓国経済阿鼻叫喚~2016年の衝撃~ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆見返しに剥がし跡があります。カバーに薄い汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

韓国経済阿鼻叫喚~2016年の衝撃~ 単行本 – 2015/10/26

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/10/26
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 3

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 韓国経済阿鼻叫喚~2016年の衝撃~
  • +
  • これから始まる中国の本当の悪夢: 習近平に迫る経済壊滅、政権分裂、国内大乱
  • +
  • 余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 122pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

韓国が生き残る道をすべて教えます。しかし、果たして変える勇気はあるだろうか!?韓国ジャーナリズムも注目する著者の鋭い分析。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

勝又/壽良
元『週刊東洋経済』編集長。静岡県出身。横浜市立大学商学部卒。経済学博士。1961年4月、東洋経済新報社編集局入社。『週刊東洋経済』編集長、取締役編集局長、主幹を経て、東京大学教養学部教授、教養学部長を歴任し、独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: アイバス出版 (2015/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861136059
  • ISBN-13: 978-4861136054
  • 発売日: 2015/10/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 377,004位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 韓国経済が、早ければ来年辺りから危機的な状態に陥ることを、様々な指標から説き明かすとともに、あの国の近代化と経済発展を阻む文化的背景や国民性を広く論じた一冊。読み始めた当初は、「この先大変なことになる。」とただ徒に騒ぎ立てるだけの空疎な本であるような感じを受けたが、第2章以降は、そのような感じも影を潜め、冷静沈着な現状分析が展開されている。ただ、著者は、文章作成能力が高いとは言えず、文の初めと終わりで文法的な齟齬を来した箇所や、適切とは言えない言葉遣いなどが多く見られる。本書では、韓国経済の危機の第一の要因として、この国が、経済的にも精神的にも中国への依存度が高く、その中国の経済も急速に減速していることを挙げているが、この点は、間違いのないことだと言っていい。まさに、日本経済が拡大発展を進めて行くのと対照的に、「反日」に狂って世界で孤立する二つの国が揃って奈落の底へとまっしぐらという構図である。その時、日本は、国も民間企業も、決して援助の手を差し伸べてはならない。
 本書を読んで改めて思ったのは、あの地の人間は、昔も今も、独立国家を運営するだけの能力を有していない、ということである。今日、あの国が、ああして曲がりなりにも国家として成り立っているのは、戦前の日本統治と戦後の日本からの厖大な支援の賜物に他ならず、もしこれらがなければ、アジアで最も文明の後れた国として取り残さ
...続きを読む ›
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
★評価★
韓国経済を幾度となく助けた日本ですが
情報としては危機と言われてもなんだかんだで恐喝され助ける日本政府

この本で知る事は経済の実情と外貨をゴネ得と慰安婦で騒ぎ立てる韓国政府

10月下旬二枚舌外交で中国には「ネズミを捕る猫」と言われ
米国にはミサイルの固定燃料を制裁で入手できず
米国の同盟でありながら敵味方識別信号を渡してもらえず「米軍から誤射撃墜」の可能性がある韓国空軍

経済の崩壊度+の世界全体の動きも特集してほしかったですね

本を読むだけでは本当の敵の姿は把握できません
韓国を助けようとする日本の国会議員のフリをした売国奴を知る事です。

気になる人は 『国民が知らない反日の実態 - 売国議員ランキング』で検索をしましょう

本当の敵(日本国内の議員)が誰なのか?知る事が可能です。

++その他お勧めの本++
韓国日本へのミサイル基地建設
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本書を一読して、韓国経済が危機的な状況に向かっている事が理解できた。朴大統領の就任以来、経済はガタガタである。国民からの支持率低下を、「反日」的な言動でカバーしているのだろうか。TPPに参加する機会は、中国への遠慮で逸した。いまようやく、TPPの大筋合意を受けて、国内は大騒ぎしているが、朴大統領の「判断ミス」は明らかである。
韓国は米国から、対中国外交で厳しい要求を受けている。中国の「無法な行動」には、はっきりと「ノー」と発言するように求められたからだ。これまでの「反日・親中」外交路線は大きな曲がり角に来ている。本書では、このあたりも触れている。単なる経済面だけの著述でない点が魅力的である。
2016年の韓国経済は、成長率低下に直面しそうだ。頼みの中国経済はジリ貧である。韓国の対中国輸出が首位だけに、その影響は大きいに違いない。本書は、内外の報道記事を客観的に批判・解説し、著者の独自の視点も加えられている。客観的な記述と思う。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
北朝鮮の核実験による地政学的リスクが一番問題ですね。
どちみち朝鮮半島は滅亡する運命だと思いますが、
つくづく朝鮮民族は東アジアの癌だと思います。
中国とアメリカの間を行き来するこうもりのような外交しかできない
韓国大統領、民度の低さ、
技術は盗み、国民の借金も多い、脆い通貨、
すべてが薄っぺらい韓国経済は、2016年の世界大恐慌で
生き残る力さえないでしょう。それ以上に北朝鮮の暴発が一番の危機ですが・・・

韓国は1990年代にアジアの通貨危機で経済が崩壊し
IMF管理下になりましたが、日本が援助したにもかかわらず
恩を仇で返した上
今だあの従軍慰安婦問題で恐喝を続けています。
北朝鮮問題も解決できない民族自決ができない上
外交も出鱈目であり、ほっておいても終わる国でしょう。
日本は一切係わらないのが賢明ですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す