通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
韓国人による沈韓論 (扶桑社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書) 新書 – 2014/8/31

5つ星のうち 4.4 87件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)
  • +
  • 韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
  • +
  • 韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

20万部突破! 話題騒然となった『韓国人による恥韓論』待望の第2弾!

なぜ、私の国は、同じ過ちを性懲りもなく繰り返すのか?
絶望的なまでの不信社会。正しきもの、弱きものがここでは生き残れない!

生粋の韓国人である著者が、社会的生命を賭け、自らが暮らす自国の〝病〟を暴露し、
日韓に横たわる無数の溝を冷徹にえがいた稀有なる文明論に続く本作は、セウォル号の「沈」没事故と、
「韓」国の反日思想の類似点を検証し、両者が酷似することを曝け出す。

【目次】
はじめに なぜ、私の国は、大きな過ちを性懲りもなく繰り返すのか?

■序 章 「汝、己を知れ」――韓国を映し出す「鏡」

■第一章 「反日」と酷似するセウォル号沈没事故の因果
【第一節】「人災」ではなく、「国災」という悲劇
【第二節】韓国人の辞書に「責任」の文字はない
【第三節】だから「反日」は完膚なきまでに侵食していく

■第二章 韓国の「法」が、劣悪なお飾りに過ぎない理由
【第一節】法的不能国家
【第二節】驚愕の「韓日会談文書公開民官共同委員会」の調査結果
【第三節】憲法の上に「国民感情法」がある異常な国

■第三章 専門家・「匠」が存在しない惨たる国
【第一節】「声の大きいやつが勝つ」歪んだ社会
【第二節】あるまじき実態・昇進条件は「専門性よりもコネ」
【第三節】「自分が信じることだけが正義」という耳を疑う独善

■第四章「集団被害妄想」が禍々しい信念を醸成する
【第一節】「両非論」など論外
【第二節】「集団被害妄想国家」につける薬はない
【第三節】人為的に妄想を産みつける「訓練」

■第五章 峻別される「ウリ(私たち)」と「ナム(他人)」
【第一節】「地縁」「学縁」「血縁」という新「身分制度」
【第二節】「慶尚道」「全羅道」の想像を絶する「地域不和」
【第三節】優先順位は、あくまでも「人命より反日」

■第六章「歴史を忘れた〝韓国民族〟に未来はない」
【第一節】「西海フェリー号沈没事故」(一九九三年)の教訓は皆無
【第二節】自国の血塗られた「虐殺の歴史」を捨て置く
【第三節】反日のためなら歴史も黙認する「コウモリ外交」

■第七章 韓国では「弱者」は人間にあらず
【第一節】日本が廃止した韓国の「姓氏」身分制度
【第二節】あとを絶たない「障害者人身売買事件」と「外国人労働者虐待」
【第三節】「高校生犠牲者」と「一般人犠牲者」という「差別」

■第八章 果てしない「謝罪」要求は、日本を隷属するまで続く
【第一節】韓国にとって謝罪とは「弱者」を決める手段
【第二節】「自分が生きる」ために「相手を殺す」という思考回路
【第三節】大統領が謝罪し「聖域」と化した犠牲者家族

■終 章 それでも私が韓国という「船」に残るのはなぜか

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、私の国は、同じ過ちを性懲りもなく繰り返すのか?韓国在住の著者が、セウォル号沈没事故の「悲劇」の根を晒す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 267ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2014/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594070884
  • ISBN-13: 978-4594070885
  • 発売日: 2014/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 87件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30,972位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mana 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/8/30
形式: 新書 Amazonで購入
恥韓論に続くシンシアリー氏の著書第二弾です。

まず強烈だったのはあの東日本大震災の日のこと。
この悲惨な大災害を「お祝い(し)ます」という横断幕はネットで何度か見ましたが、
あの日著者は「デーハン・ミングック(大韓民国)」という快哉を町で何度も耳にし、
ネット上での歓喜の書き込みを見たそうです。
つまり、一部の特殊な韓国人が日本の大災害を喜んでいたわけではなく、
町やひいては国全体が祝賀ムードだったのでしょう。
著者もさすがにこのことにはひどくショックを受け、「この国(韓国)を呪ってやる」とブログに書いたそうですが、
そもそも韓国人は日本人を憎み蔑むよう幼少期から教え込まれているので当然の結果かもしれません。
韓国人の異常な精神の歪み方には怒りも感じますが、それを通り越して哀れみを禁じ得ません。

そして、セウォル号事件について。
客観的な事故概要は、室谷克実氏が「ディスイズコリア」で解説されていたのとほぼ同じです。
あの時、韓国は日本の自衛隊による救助を断りました。
著者によると政府関係者が、「日本政府の積極的な支援の意思は、集団的自衛権の拡大と関連している」
と考えたから救助を拒否したとのこと。
なぜ救助活動
...続きを読む ›
1 コメント 335人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「ああ、また韓国の悪口の本か」
と思いつつ、読みました。
少し、ほかの本とは違う切り口がありました。
韓国社会の責任感のなさが、反日につながっている、というんですね。

つまり、
「おれは悪くない。悪いはずがない」
「ではだれが悪いのか」
「日本に決まっているじゃないか」
といった構図らしいです。
そして、実際に従軍慰安婦の強制連行があったかどうかは、韓国にとってどうでもよい、それを口実に日本をたたければ、それでよい、ということらしいです。

多くの知識人が言っているように、かの国とは距離をおいたほうがよいですね。
首脳同士の会談なんて、当分考えなくていいんじゃないですか?
コメント 109人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私はいわゆる「嫌韓」ではありませんが、本屋でたまたま本書を手に取り、引き込まれました。タイトルからして出版社の商業主義的な思惑が垣間見え、また意図的に軽妙な書き方がされていますが、実際に読んでみると、見かけよりもずっと真摯な内容で、作者の諦観と慈悲と怒りがないまぜになったたましいの声のようなものを感じました。
韓国が「戦後」の総括に失敗し、反日という宿痾(しゅくあ)に絡めとられてしまっていること、そしてこれを乗り越えないことには本当の「建国」にはならないのだということ、作者はそのためにあえてこのような本を書いたのだということが、ひしひしと伝わってきます。と同時に、日本の「良心的な」知識人や政治家、メディアによく見られるような言説はむしろその病を延命させることにしかならず、本当に韓国のことを考えるならば、原則論に基く父のような厳しい態度が必要なのだということがわかります。
余談ですが、作者の仕掛ける「鏡」は、同じように戦後の総括に失敗した日本の姿をもうっすらと映し込んでいるような気もしました。幸か不幸かこちらの場合は「反」にはならなかったけれどももっと複雑な状況(精神分析的に)のままに「隠蔽」され、今日に至っているのかもしれず、私たちは私たちで乗り越えるべきものを持っているのだなとつらつらと考えさせられました。
2 コメント 192人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
同じく、母国を批判している両者ですが、見分けるポイントは、
主張の一貫性、論理性、客観性、ソースに対する公平な見方、
かと考えます。

この方は、そういった点に、よくよく注意が払われており、
韓国を悪く言うのが目的の売国奴ではありません。
丁寧で公平な論理は言語や文化を超えて伝わります。
イメージだけで客観性無く書かれている
日本の大手新聞の記者論説などより余程優れています。

日韓問題を抜きにしても、
こういったブロガーとしての姿勢、モラル、技巧、対応、など素晴らしく、
安易な他者批判を行う昨今のネット言論は大いに見習うべきと感じました。
言論を発する立場の人に読んでもらいたいです。
私は、これだけの文章を短い執筆時間でマネジメントできる、
頭の回転と注意力は持ち合わせておらず、ただただ感服するに留まりますが。
コメント 124人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック