通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
韓国・北朝鮮の嘘を見破る―近現代史の争点30 (文... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付き。中古ですので使用感はございますが、概ねキレイです。。コンディションについては十分に注意して 販売しております。迅速・な発送を心がけております。発送前に不備が見つかった時には事前にメールにてご連絡いたします。商品到着後、万が一コンディションや商品に不備がございましたら、ご連絡くださいできるだけ早急に(営業時間平日午前9時から午後5時)対処いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

韓国・北朝鮮の嘘を見破る―近現代史の争点30 (文春新書) 新書 – 2006/8

5つ星のうち 4.4 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 韓国・北朝鮮の嘘を見破る―近現代史の争点30 (文春新書)
  • +
  • 在日・強制連行の神話 (文春新書)
総額: ¥1,706
ポイントの合計: 53pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦後補償、慰安婦から竹島、拉致、在日問題まで。ソウル・ピョンヤンから発射された虚偽の言説を徹頭徹尾、論破。斯界の識者たちが検証する「真実の歴史」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

鄭/大均
1948年生まれ。立教大学とUCLAで学ぶ。啓明大学校外国学大学副教授(韓国・大邱市)などを経て、現在、首都大学東京・都市教養学部教授(専攻・東アジアの国家アイデンティティ)。主著に『韓国のイメージ』(大平正芳記念賞)など

古田/博司
1953年生まれ。慶應義塾大学大学院修了。延世・漢陽大学校(ソウル)日本語講師、下関市立大学助教授などを経て、筑波大学人文社会科学研究科教授(専攻・東アジア政治思想)。主著に『東アジアの思想風景』(サントリー学芸賞)、『東アジア・イデオロギーを越えて』(読売・吉野作造賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 342ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2006/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166605208
  • ISBN-13: 978-4166605200
  • 発売日: 2006/08
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 77,075位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
本書では、朝鮮史学者、ジャーナリスト、作家、元外交官などのさまざまな識者が、南北朝鮮と日本の間でこれまで争点になってきた問題を総点検する。日本の謝罪・賠償を果てしなく求める二国を論破するための材料は、ここにすべて出そろった感がある。争点ごとに参考資料(読書案内)がまとまっている点でも有用性が高い。これからの問題は、その材料をもって対話できるかどうか、対話できないとなればどのように対処すべきかであろう。

あとがきに書かれた、日韓併合についての古田博司氏の言葉は重い――『日本側の「話せばわかる」に押し切られて、大韓帝国皇帝・高宗が「協約案を拒むことは隣の誼を保ちがたい」と協約に従ったことは韓国側の史料にも明白である。その後日本人のやったことは、ひたすら日本から資金を持ちこみ、朝鮮の近代化を図ったのであった……「話せばわかる」「みんなで強くなろう」、そして王手という間際で、現実的なアングロサクソンに詰めていた将棋盤ごと蹴散らされて、日本人の写実は終わったのである。』

日本人がかつて描いた「東アジア共同体の盟主」という誇大妄想のヴィジョンは、韓国人・北朝鮮人が戦後に描いた「日帝の侵略・圧政・略奪」という被害妄想のヴィジョンと鏡像をなしている。北朝鮮の国体思想やマスゲームは、日本からの輸入品だという。古田氏は、『東アジア「反日」トライアングル』のな
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
朝鮮の歴史を紐解けば、一貫して守られてきた三つの支柱があります。一つ目は朝鮮半島という固有の領土、二つ目は儒教という倫理、そして三つ目は血統を核とした絆(民族)です。この三者こそ朝鮮人のアイデンティティーそのものといえます。過去には巨大な中華帝国や遊牧帝国に従属せざるをえず、その中で自己の生存力を高めるために強固な民族主義を養ってきました。それこそが本書でいう朝鮮民族の「自己絶対正義」といえます。

しかし、その正義が「絶対」であるが故に、様々な歪みも生み出されてきました。彼らは民族の正義に反する者、批判する者を容赦なく弾圧してきました。例えば韓国の廬武鉉政権は日本の植民統治に協力した者を探しだし、その財産を没収するという行為に出ています。親日派とされる言論人に対しては大衆とマスコミが総掛かりで糾弾しています。人権・民主主義を標榜する韓国が、民族主義の名の下に国是を否定しているのです。

朝鮮人にとって、時代の趨勢により止むを得ず日本に従属・協力してきた歴史は確かに屈辱でしょう。しかし、恥とされる歴史を「絶対正義」によって無理矢理濯いだ結果、史実が歪曲され、近現代史に多くの虚構を残してしまったのです。歴史というものは、被害者たる正義(朝鮮)と加害者たる悪(日本)に単純化できるものではありません。「絶対化」されたナイーブな民族主義。それこそが史
...続きを読む ›
コメント 134人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本書は、近現代の韓国、北朝鮮問題の争点を三十のテーマに絞ってコンパクトにまとめてくれてゐてとても勉強になりました。論者も博学多識な常識人を集めて居り、興味深い指摘や論考の数々に何度も驚きを感じました。既に見聞きして当たり前となってゐる事柄もありましたが、衝撃を覚えた史実もありました。一つは、松本厚治氏の韓国は日本帝国領朝鮮の継承国家だったといふ言及です。朝鮮総督府の行政組織は殆どそのままアメリカ軍政庁、韓国政府に引き継がれてゐる事実。法律も日本時代のものを一部焼き直しだけであり、行政処分については原則有効となってゐる驚愕の秘密を知ってしまったといふ事です。戦後の韓国が取った産業政策が日本のものと酷似してゐるといふ事実からの鋭い指摘でありました。もう一つは、玉城素氏による金日成、李承晩の「抵抗運動」の真相でした。針小棒大の嘘と虚構で飾られてゐる実態を知ったのは、歪んだ北朝鮮、韓国の国家枠組みを思ってしまひました。その他、さういった両国の虚飾の実態を切り込んでくれる櫻井よしこ氏、関川夏央氏、古田博司氏による鼎談は、大きな観点からの指摘と整理は成る程と頷かされます。まへがき、あとがきとで鄭大均氏、古田博司氏の深い考察から来る賢明な現実志向には、深い感銘覚えました。一般には、知らされてゐない世界を総点検できた今回の読書は、大いなる刺戟と認識の深まりを感じさせて貰ひました。更なる学びを続けねばと今も思ってゐる次第です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 タイトルは確かに過激です。これは長年朝鮮研究者として韓国・北朝鮮と

「戦って」きた古田博司氏の意思によるものだそうです。

もともと、「諸君!」で、「韓国・北朝鮮にああいわれたらこう言い返せ」という

特集でしたから、このタイトルとなるのも理解できます。

ですが、内容は明快かつ痛快です。

「〜といわれたら〜と言い返す」という切り口で

その道に通じた論者がバッサバッサと韓国の

トンデモ主張を切っていきます。

「諸君!」の特集の時より、大幅に内容も増えています。

「諸君!」掲載時に読まれて興味深いと感じた方も、買う価値はあると思います。

まあ、さすがに「韓国の焼肉が世界一うまいと言われたら」ぐらいは

許してもいいんじゃないかと思いましたが。

最後の古田博司氏のあとがきには、朝鮮研究者の悲哀を

感じ取ることができるでしょう。必読です。
コメント 127人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー