通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
韓国は裏切る (新潮新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★迅速に発送いたします★きれいです。帯あり。表紙カバーに微すれありますがその他使用感少なく良好です。消毒・クリーニング後、クリスタルパック(透明なプラスチック製の袋)に密閉パック済み。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

韓国は裏切る (新潮新書) 新書 – 2016/4/15

5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 79
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 韓国は裏切る (新潮新書)
  • +
  • 韓獄論
  • +
  • なぜ韓国外交は日本に敗れたのか (PHP新書)
総額: ¥2,959
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

法治主義なき隣国は、「不可逆的」合意を守るのか―― 。数々の協定や合意を反故にしてきながら、独善的な「正義」を叫び続ける韓国。「反日」を政治利用し続けるその国家的病理を、たしかなデータを元に徹底解剖する。

内容(「BOOK」データベースより)

「不可逆的」と約束しても、隣国の病的な反日は決して止まらない―。今日も韓国メディアには、日本人には理解しがたい発言と行動の数々が、対日関係に限らずあふれている。なぜ、彼らは独善的な「正義」を叫び、勝手な「正しい歴史認識」を振りかざすのか。法治主義が機能しない社会的病理や、反日を政治利用しつづけてきた歴代大統領の政治手法まで、たしかなデータをもとに、日韓関係の根幹を徹底的に解剖する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106106655
  • ISBN-13: 978-4106106651
  • 発売日: 2016/4/15
  • 梱包サイズ: 17.3 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 193,608位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/4/19
形式: 新書
「韓国の政権が口で『日韓友好』をいくら唱えようとも、その国民はますます反日中毒の症状をきわめている。そもそも、この中毒症状は韓国の歴代政権が育ててきたのであり、その政権の根底には、口で言うこととは裏腹に、今も徹底した半日があることを、しっかりと認識しておかなくてはならない」。

日韓合意を受け、いわゆる従軍慰安婦問題による韓国側の非難が少しトーンダウンしているが、だからといって韓国は親日になったわけでもなんでもない。あいかわらず、国内では反日教育が浸透し、VANKのような反日団体の発言力は強く、反日のためなら嘘や誇張も許され、親日は売国と同じ意味となっている。

韓国人は「正しい」「正義」をよく使う。しかし、それらの実態は、しょせん、「私が思うところ」にすぎない。また、韓国は民主主義国としては不完全で、居丈高に大声を出す者が得をする。北朝鮮問題に手を焼き、経済も好調とはいいがたい。せっかくすりよった中国もいざというときにはあまり役に立たない。

著者は、現在の朴槿恵の幼稚な外交と迷走、過去の盧武鉉や李明博といった政権の暴走、「正しい歴史認識」という嘘といったことを丁寧に振り返りながら、いかに韓国および韓国人というのは信用できない連中であるかを示している。終盤では「好韓/嫌韓」についての666か月分の世論調査の分析も行っている。韓国という国の残念さを、これでもかと示してくれる本である。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
腹が立ち、どうしてこんな国になったのかと悲しくさえ思えて読み続けられなかった。
改めて今日再読を終えたが、慰安婦問題の不可逆的合意から一年経ち 政治的大混乱のなか
またぞろ合意の破棄等という声も聞かれるようだ。
元慰安婦と言えば早い話売春婦ではないか!その人たちに何で韓国政府が政治力を以て彼女達に
「癒し金」と称する理由の解らない金を人1千万円を渡さなければならないのか?この感覚が理解不能。
もとより破廉恥かつ日陰の輩であるはずの売春婦連が徒党を組んで被害者面して政府を動かす事自体も
理解不能だが、それを政治ネタにする外交も悍ましくも悲しい。異常と言う他ない。(マタ腹が立ってきた!)
三橋貴明氏によれば韓国は有数の売春婦輸出国で日本をはじめ欧米加豪に数万人を派遣しその産業規模
はGDPの十数%にもなるそうだ。あの金は彼女達への功労金なのかと思ってしまう。
どうかもっと理念を持ち自立思考の民族に生まれ変わってくれる事を遥か遠くから祈るばかりだ。
だが独立自尊を唱え自宅に金玉均らを寄宿させた福沢諭吉も遂には彼らを見限ったくらいだからなぁ。
「韓国は裏切る」「われには心に於いて亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり・」と。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
北朝鮮も通じるところがありますが、
室谷氏が講演会で言われていたのですが、
ワンマン国家であり、周りにイエスマンしか置かない
つまり独裁国家と同じであり、民主主義国家とは程遠いと言う事ですね。
中国の劣化版と思えば間違いないと思えます。

かつて日本人がアメリカの音楽やドラマで
新米的になったので、それをパクって、韓流、ドラマやK-POPで
同じように親韓(と言うより自国に都合のいいプロパガンダ)をしたなど
まさに韓国人朝鮮人はパクリ以外能がないと言う事でしょう。
しかもK-POPなどアメリカではK-POOPと言われるほどレベルが低いのですが
日本メディアの異様なマンセーで洗脳される日本人がいるのは
日本側に問題がありますね。

韓国人を見て、どうしてこの人たちはこれほどヒステリックに騒ぎ
理性がないのかと思っていましたが、長年中国の属国として屈辱の歴史しかない
屈折したコンプレックスもあるのでしょうが、恩を仇で返す国民性には
日本も疲れ果てていると思います。
日本における生活保護の受給者の多くが在日朝鮮人だと言われていますが、
従軍慰安婦像といい、日本を敵視、お金をむしりとる事しかない国とは
まともに付き合うだけなく、話さえできませんね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
九州の地震に嬉々としてコメントする韓国人に怒りさえ通り越し、
あきれていたときに、出版されたばかりの本書を一気読みした。

韓国関連の書籍では、
産経新聞の加藤達也さんが書いた「なぜ私は韓国に勝てたか」に続いて購読。
韓国の反日のありようや情治主義、韓国社会の独善性など、
この二冊で描かれる韓国および韓国人の思考・行動は共通している。
やはり韓国は社会の構造として反日が定着している。

韓国のかかえる反日は外交や経済、歴史、文化を蝕む。
本書ではその具体例として昨年末の「不可逆的」合意を取り上げ、
韓国の選ぶ悲観的な結末を予測する。

本書で解説される韓国の国家的病理は、
いずれ日本だけなく他国との関係も壊すだろう。
これは深刻な将来問題だが、当事者は気づかない。
韓国は友人がいなくなっても、
歪んだ視野で正義を振りかざすのだろうか。
もうこの国は手遅れだと思う。
コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー