Kindle Unlimited読み放題の対象です
ポイント: 17pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月21日 金曜日 詳細を見る
最速の配達日: 5月 20日の木曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り2点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
革命前夜 すべての人をサッカーの天才にする がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥257 ): 5月21日 - 23日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆特記事項◆◆『良い』相当の商品です。使用品の為、カバーに多少キズやイタミ、経年程度の使用感やヤケ、薄いヨゴレ等が有る場合もございますが、普通に読む分には問題のない商品です。※品質には十分注意しておりますが、万一不具合等ございましたらご連絡下さい※使用品の為、多少の傷やヤケ・ヨゴレ等はご理解下さい※特記事項において全てのページの書込みや傷みを確認する事は出来ませんので、あくまでも目安となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


革命前夜 すべての人をサッカーの天才にする 単行本(ソフトカバー) – 2012/9/7

5つ星のうち3.5 9個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,650
¥1,650 ¥1

よく一緒に購入されている商品

  • 革命前夜 すべての人をサッカーの天才にする
  • +
  • 超「個」の教科書 -風間サッカーノート-
  • +
  • 「 1対21 」 のサッカー原論 「 個人力 」 を引き出す発想と技術
総額: ¥4,620
ポイントの合計: 46pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

常識を壊すことで、見えてくるものがある―。「パスが正確になれば、走る暇はなくなる」「50cmあればフリーになれる」「“目”を揃えれば、戦術練習は必要ない」風間流サッカーの天才になる方法。

レビュー

サッカージャーナリスト・西部謙司氏による書評

天才とは、発想の違う人だ。
人とは異なる発想から、誰も思いも寄らぬ成果を生み出す。
著者の木崎伸也が“天才”風間八宏に挑んだのが本書である。その発想の分析をいろいろな角度から行った。
木崎は「風間さんの話は難しい」と言うが、実は難しいのではなく、簡単すぎてわかりづらい。
思考に言葉がついていかない。言葉を並べるのがもどかしく、つい手近に思いついた単語で代用してしまう。その結果が“風間語”ともいうべき難解な言葉なのだろう。
言葉自体は簡単すぎるほど単純なのだが、その背景がわからないと理解不能になる。ヨハン・クライフも“クライフ語”があるそうだ。
風間監督は、その単純すぎて難解な言葉を、意図的に使うようになった。
正確に止めろ、では選手は耳を傾けない。しかし、親指の前に止めろ、ならば注意を喚起できるからだ。
風間はよく「俺は何も教えていない」と言う。謙遜でないと思う。彼自身、18歳のときにボールの置き所をネルソン吉村から盗んだ。
日本代表の練習に吉村大志郎が来た。止める、蹴るにブレがない。それを見て、風間は自分の置き所を考えた。それで彼のプレーは一変したという。
知らないことを教えるのではなく、知っているつもりだったことに気づかせる。そのために“風間語”を駆使しているようだ。
本書には、読者に疑問を抱かせ、驚かせ、気づかせる、言葉の数々が並ぶ。
ところで天才の逸話としてコロンブスの卵がある。
誰もが卵を立てるのは不可能だと考えた。ところが、コロンブスは卵の底をつぶして立ててみせた。やってみれば誰もが気づくが、最初の1人がやってみるまでは誰も気づかない。発想の転換だ。
風間は、日本人にはバルセロナを超えるサッカーができると言う。いまは誰もそれが可能だとは思っていない。けれども風間は「できる」ことを“知っている”。彼の発想から、それは可能だからだ。
卵の底をつぶそうというのではない。そんな小手先のことではない。
実は、卵は直立する。
立春の卵という。だが、卵が立つのは立春の日だけではないらしい。根気よくやれば、誰でも立てられるそうだ。
風間なら、こう言うのではないか。
「ちゃんとやれ。立つから」

サッカージャーナリスト・西部謙司

--「サッカー批評issue58」(双葉社)書評より 2012/9/10

登録情報

  • 出版社 : カンゼン (2012/9/7)
  • 発売日 : 2012/9/7
  • 単行本(ソフトカバー) : 224ページ
  • ISBN-10 : 4862551521
  • ISBN-13 : 978-4862551528
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.5 9個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
星5つ中の3.5
9 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年5月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年4月26日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年9月17日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年10月20日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年9月27日に日本でレビュー済み
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告