通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
(面白さ)の研究 世界観エンタメはなぜブームを生... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ビートブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書き込み、折れなく、カバー付きです。カバーに微細なスレがあります。受注確認後、アルコール除菌をして2日以内に発送、発送後メールにてお知らせいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

(面白さ)の研究 世界観エンタメはなぜブームを生むのか (角川新書) 新書 – 2015/5/10

5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 7
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • (面白さ)の研究  世界観エンタメはなぜブームを生むのか (角川新書)
  • +
  • ムシヌユン 2 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,564
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『ワンピース』『進撃の巨人』『奇生獣』『スターウォーズ』『半沢直樹』、そして宮崎アニメ。現実と異なる「世界」を「人間」より優先して描く大作エンタメはなぜ成立する?なぜ<面白さ>は伝わるのかを徹底解析!

内容(「BOOK」データベースより)

現実と異なる「世界」を「人間」より優先して描く世界観エンタメはなぜ成立し、メガヒットとなるのか?なぜ“面白さ”は受け手に伝わるのかを、文化人類学者にして漫画家の奇才が徹底解析する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 304ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2015/5/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041027535
  • ISBN-13: 978-4041027530
  • 発売日: 2015/5/10
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 312,941位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
◆良い所
・所々、ふむふむと思う部分があります。
 ジブリは脱臭化した田舎、美化された田舎を表現している
 Jホラーはシチュエーションの怖さであり、ゴキブリも呪怨の子供も、「いないはずの所にいる、内的生活空間に侵入してくる怖さ」
である。

◆悪い所
・SW、ジブリ、上橋菜穂子など、取り上げる作品が古い。
進撃や半沢など一応出て来ますが、分析が少なく怪しいです。
世界観だけが素晴らしくて売れたというのは無理があるように思えます。
・何故それらの作品を取り上げたか理由がない。
都合の良いヒット作だけを取り上げて、「世界観が素晴らしいから売れた」といっているだけで、
同じ要素をもった失敗作との比較がされていないので、説得力がないです。
・フィールドワーク的に作品の「面白さ」を追及する(著者、消費者に耳を傾ける)とあるが、
特にデータを取得する訳でなく、椅子に座って考えてるだけです。
・文化人類学な思考で分析とあるが、「文化人類学な思考」が何だか明示されておらず、そのような思考を見受けられなかった。
・一つ一つのテーマに論理性と掘り下げがなく、直ぐに話が飛ぶ。
 

等、データや何かの調査に裏付けされ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
冒頭近く、近年のいわゆる「エンタメ」は、かつての芸術-娯楽という二分法には
収まり切らないような何かに変容し始めている、といった指摘があるが、これなどは
なるほど、と膝を叩くような思いがしたし、それ以外にも、「ゾンビもの」がこれほど
持てはやされる理由についての分析など、瞬発的には鋭い指摘が多々見られる。

ただし、著者の専門である文化人類学を駆使しての各作品の読み解きになると、
正直なところ、「確かにそうも言えるかもしれないけど、それって別に文化人類学を
持ち出すまでもないことなんじゃ・・」と思ってしまうことが多かった。例えば『踊る大
捜査線』について、警察という組織に特有の、縦割りの極端な階級社会という
「異文化」を感じさせるのが、世界観エンタメたるゆえんである、といった説明が
なされているが、それは例えば軍隊ものにも同様に見られるはずだし、警察もの
として、『踊る~』が初めてそれを描いたわけでもないだろう、という気がしてしまった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 とりあえず、序章の話を整理するとこんな感じ。

・文化:娯楽v.s. 芸術

・両者の区別がつかなくなった現代(「ポストモダン」)の娯楽=エンタメ

・「エンタメ」のうちプロットがあるもの。「面白さ」で量る:バーチャルなエンタメ
 (例:神話、小説、映画、マンガ、テレビゲームなど←→絵画や料理など)

・「バーチャルなエンタメ」の構成要素:世界と人

・世界を人(内面)より優先する「バーチャルなエンタメ」:世界観エンタメ

 それで、この「世界観エンタメ」なるものを、文化人類学者かつ漫画家という肩書きをもつ著者が分析してみる、というもの。映画・小説・アニメ・漫画・テレビドラマに、SF・ファンタジーはもちろん、ドラマは『踊る』や『半沢』、映画は『スタウォ』から『呪怨』まで、大小の差こそあれ様々な作品が言及されている。とはいえ、極めて雑多ではあるものの、いずれも大ヒット作品というのが特徴だろう。「面白さ」の評価から極力主観を廃したい、という著者の意志が伝わってくるようである。
 
 しかしながら本論からは、個々の批評は良いものがあっても、「世界観エンタメをどう捉えるか」の方法論という意味での「研究」にまでは達していない、という感
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
滅多にレビューなんて書かないのだけれど、
この本は、さほど期待してなかっただけに満足度が高いです。

まず、著者が現役のプロのエンタメ業界人であるということは
全体的にも細部においても現れていてこれがまず
他の分析本と一線を隠しています。

他の人気作品分析本とは違い、
これからエンタメやメディアさらには広告などの仕事で
「面白い」 といわれるものを作る必要がある職業の人にとって
教科書的に十分使える部分がおおい、という点において随一です。

かくゆう自分もメディア産業で生きているので、
「面白いコンテンツ」 の難しさと、一般的にそれらは
ほとんど研究も教育も不可能に近いのはやむを得ないと
思われ、「これを読めば面白い・売れる○○が作れる」
といったたぐいの本は、ほとんど例外なく作者の成功体験を
啓蒙しようという範囲から出ることもありません。

その点、この本は、あくまでも、ビジネス的な観点、作品においても
世界観やバックボーンなどを「 プロならではの視点」で客観的に
分析しようとしている点で、職業人、プロとして関わっているものに
とって豊富な示唆に富んでします。<
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告