Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 756

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[秦野勝]の面白いほどよくわかる! 哲学の本
Kindle App Ad

面白いほどよくわかる! 哲学の本 Kindle版

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 面白いほどよくわかる!の8の第2巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 756
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,622 ¥ 423

紙の本の長さ: 303ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。



商品の説明

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は、難解と思われがちな哲学の理論や古今東西の哲学者の歩みなどをわかりやすくひもとき、それらが現代の私たちがどう役立てられるのかや、社会のありかた、根本的な生と死などについて解説しています。

目次
はじめに
PART1 哲学とは何か
 哲学が問うてきたもの/哲学の方法論/人類のための哲学/あなた自身のための哲学
PART2 西洋の哲学 古代から中世
 古代ギリシャとヘレニズム/中世(神学と哲学)
PART3 西洋の哲学 近代
 理性の目覚めと合理論/イギリス経験論/ドイツでの統合と発展
PART4 西洋の哲学 近代後期から現代
 揺らぐ枠組みと新たな知的潮流/20世紀の哲学
PART5 東洋の思想と哲学
 悠久なるインドの思想/中国の思想、百花繚乱/日本での受容と変遷
PART6 心と人間関係の哲学
 心と自己に向き合う哲学/近くて遠い他者という存在/コミュニケーションと愛の哲学
PART7 社会のあり方を考察する
 行為と責任/所有にまつわる問い/社会の成り立ちと仕組み/よりよい社会を求めて
PART8 生きることと死ぬことの哲学
 生きるということを突き詰めて考える/働くことを根本的に見つめ直す/死を哲学する
PART9 現代を生きる私たちの哲学
 哲学を役立てよう/現代社会の諸問題を考える/未来への視座
人名索引
事項索引
参考文献

<電子書籍について>
※本電子書籍は同じ書名の出版物を底本とし電子書籍化したものです。
※本文に記載されている内容は、印刷出版当時の情報に基づき作成されたものです。
※印刷出版を電子書籍化するにあたり、電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。また、印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。

株式会社西東社/seitosha

内容(「BOOK」データベースより)

古今東西にわたる哲学者の歩みだけでなく、現代に通じる個人と社会の問題などもわかりやすく解説します。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 174794 KB
  • 紙の本の長さ: 306 ページ
  • 出版社: 西東社 (2012/7/5)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00JAEEALW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 26,668位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
著書冒頭に「別の入門書を紐解いたりそれぞれの哲学者の著書に[…]」とあるように、
哲学の入門書という位置づけで哲学を全体的に見ることが出来る本です。(入門書なので、さわり程度です)

漠然と哲学に出てくる人物名や用語は辞書を引けばわかりますが、
具体的にその人や用語がどういうものなのかについてはよくわからない。
それらを俯瞰してみることができるため非常におすすめです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
哲学のおおまかな歴史や、哲学が取り扱っているテーマなどについて、幅広くひととおりの知識を得たいと思う人にはおすすめの本である。
あくまでも入門書なので、深いところまで追及するというのは無理だが、西洋哲学だけでなく東洋哲学にもページを割いているし、哲学史とともに哲学が現代に抱えているテーマを解説しているのが特徴である。
見開きの2ページごとに一項目という構成なので、事典的に活用することもできる。項目ごとに図解や表が付いているのは理解の助けになる。
この本をとっかかりにして、興味のあるテーマや哲学者について知識を広げていけばよいと思う。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
難解な哲学の入門書の入門書という位置付けだが、見事にその役割を果たしている。現実世界への適応という点でも抜かりなく、哲学の役割が理解できる。哲学とは何か、古今東西の哲学者はどのようなことを考えていたのか、全体像を手軽に把握できる。哲学の世界へ踏み出す一歩として、おすすめ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 casablanca 投稿日 2016/6/15
形式: Kindle版 Amazonで購入
まだ殆ど読んでいませんが、目次から判断してとても分かり易い本です。しかも安価、助かります。
外に持ち出しが出来ないのが残念ですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover