中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

非連続の時代 単行本 – 2002/12/17

5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   ベストセラー『ONとOFF』に続き、ソニー会長兼CEO出井伸之が贈る注目の1冊。著者が社長に就任した1995年から2002年現在に至るまでのスピーチの内容をまとめたもので、その独自の思想や経営哲学、ソニーが描く21世紀のビジョンをうかがい知れる内容となっている。

   カリスマ経営者の後を継ぎ、高らかに「デジタル・ドリーム・キッズ」のコンセプトをうたった社長就任の挨拶、MIT教授ニコラス・ネグロポンテの著書『ビーイング・デジタル』の内容に触れながら描き出したソニーの新たな方向性、前著でも触れたトーマス・フリードマン著『レクサスとオリーブの木』の示唆に富んだ話、ポスト9.11の世界情勢…。世界企業のトップとして現状を冷静に見つめ、かつ未来を描き出す力は、さすがといったところだ。

   閉塞感ただよう日本国内だけを見ていると、未来のビジョンを描くこともままならないが、著者のようにグローバルな視点、大きな時間軸で見つめるからこそ、このような明確なビジョンも打ち出せるのだろう。広い視野を持つことの重要性をあたらめて感じさせる1冊である。(土井英司)

内容紹介

《今》をいかにとらえ、どう行動すればよいのか? 次々と生まれる新しいビジネスモデル、一瞬のうちに世界を駆けめぐる情報……。激変する世界の中で求められているのは、明確ビジョン、そして大胆な変革だ。一七万人の巨大企業・ソニーを率いて七年、CEOが深く易しく解き明かす、この社会とは? そしてビジネスとは?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 234ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/12/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104539023
  • ISBN-13: 978-4104539024
  • 発売日: 2002/12/17
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,056,570位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 出井氏の社長就任からこれまでのスピーチをまとめた本。
 内容もさることながら、スピーチの文書構成に感銘を受けました。実際にこのスピーチを聴いていたら、話に引き込まれるだろうなと。特にちょっとした世間話の挿入して、聴いている人の心をつかもうとするタイミングが実にうまい。
 出井氏の思想や経営哲学だけでなく、スピーチも学べてしまう、まさに一石二鳥の本です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lexusboy トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/11/5
形式: 文庫 Amazonで購入
 一世を風靡したソニー出井社長の講演録をまとめたもの。「非連続な時代」とは、リニアに変化してきた世界が、激しい変化の時代に入ったことを暗示している。
 今からみると、内容は古色蒼然で、スピーチを安直にまとめた構成をみると、いまさら読む価値はあるまい。
 彼は政府のIT戦略本部の議長を務めた経歴もあるわけで、何かを得ようと何度も読んでみたが、後付けの批判はいけないとは思うものの、結局、当時、ITを企業の戦略的ツールとしてどう活用するか、生活はどう変化するかについて分かっていた企業トップはいなかったということになるのかもしれない。
 結局、SONYほどの立派な会社でも時代の変化に適応した経営者を育てる、あるいは登用することができなかったことが悲劇の始まりであったのだろう。

 あえて、おもしろみのあるところを探すと、2002年にすでに商品のコモディティ化に対する懸念を持っていた点であろう。ただ、それに対し「コモディティ化という難関を乗り越え、新たな価値を創造するための戦略を組み立て実施していくことが不可欠」ということなのだが、対処策が「モジュール」(独立性の高い単位を組み合わせカスタマイズする手法)、ハード、コンテンツについての「包括的な解」(利害関係者の一致点)を見いだすことが答えということだが、果たして現在からみてどう評価すればよいのだろうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 海援隊 VINE メンバー 投稿日 2006/12/10
形式: 文庫
この本は出井さんが色々な場所で行った講演を起こしてまとめているのだが、内容はさておき、様々な場へ積極的に出て行って自分の言葉で会社のビジョンを語ることができるトップがいる会社は強いと思う。普通の日本の企業や官公庁のトップが人前に出て話をするのは就任時と何か不祥事があって謝るときくらいであるのに加え、あらかじめ事務方が用意した原稿をそのまま棒読みする場合が多い。ビジョンのないトップなど最悪だし、たとえ彼らが何らかのビジョンを頭の中に暖めていてもそれを公にしてくれなければ、ビジョンがない場合と同様に感じるだろう。これは謙譲の美徳とか無言実行とかいう以前の、トップのリーダーシップに関する問題であり、社員の士気や株主の安心感にも大きな影響を及ぼす大切なことなのではないか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
エッセイ集である『ONとOFF』に続いて、これまでのスピーチに加筆・修正して仕上がったのが本書である。人はかつての「成功体験」というしがらみに囚われ自己変革を恐れる。先行き不透明で何を規準に行動し判断すればよいのか分からない不確実な時代であるからこそ、ソニーという一企業のアイデンティティーを再認識し、目指すべきヴィジョンを明確に打ち出すことが急務である。現代はまさに「非連続」の時代にあるのだ。著者の筆致に力強いメッセージを読み取る読者は私だけではあるまい。本書で述べられた、リ・ジェネレーションやクオリアなど印象深い表現も多い。「連続性」と「非連続性」、「レクサス」と「オリーブ」、「ハード・アライアンス」と「ソフト・アライアンス」など対照的な概念を巧みに使いながら、時代に適合した感覚や戦略の必要性を訴える姿勢にも強い共感を覚える。個人的には「スピーチで重要なのはキーワードである」という一文に惹かれた。当たり前といえば当たり前だが、的確なキーワードを「発見」しそれに基づいて時代や環境の変化、追求すべき理念をクリアな形で語り直さなければならないからだ。著者自身が見事にそれを実現しており、それは明らかに本書のインパクトを高めるものである。本書はビジネスマンに限らずさまざまな分野で活躍する方にも有益かつ示唆に富む内容を提供している。一読を強く薦めたいと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
è'-è€...にはï¼"Dのレーダーがある。人é-"、経å-¶è€...、そã-て思ç'¢è€...がそのï¼"本の軸だ。
本書ã‚'読むと、ã"のï¼"本の軸に沿って常に電波ã‚'出ã-ているè'-è€...の人é-"像がよくわかる。
è'-è€...は経å-¶è€...とã-てさまã-まな機会ã‚'とらえて、自分の考えã‚'発信ã-続ã'ている。何å¹'か分の発信å†...容ã‚'一冊にまと
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー