この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

[非公認] Googleの入社試験 単行本(ソフトカバー) – 2008/7/31

5つ星のうち 3.3 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,028 ¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

ネットの世界を革新的なテクノロジーで塗り替えているGoogleは、そこで働く天才的頭脳集団、情報を共有し新たなアイデアを次々と生み出す組織とワークスタイルでも、多くの若者や研究者を惹きつける。
このGoogleは、どのようにして世界中から優秀な人材をよりすぐって採用しているのか——。Googleが求めている人材像とは——。その一つのヒントとなるのが、本書『[非公認]Googleの入社試験』だ。

Googleの採用面接で実際に出されたといわれる問題や、Googleが広告として出題した問題を紹介。この37の奇問、珍問、難問に、竹内薫氏(科学ライター)をはじめ、木村美紀さん(現役東大生タレント)、現役IT技術者、数学科卒塾講師、物理系大学院生、グーグル系プログラマーらがチャレンジする。彼らは見事、解答にたどり着くことができるのか。そして、あなたは解答へとたどり着けるか——。
知識、発想力、情報収集・処理能力、すべての能力を総動員して臨め!

内容(「BOOK」データベースより)

一見すると簡単!高校レベル?しかし、一筋縄では解けない。あなたは世界一のIT企業に入社できるか。さすがグーグル!思わずうなる37の奇問、珍問、超難問を紹介。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2008/7/31)
  • ISBN-10: 4198625611
  • ISBN-13: 978-4198625610
  • 発売日: 2008/7/31
  • 梱包サイズ: 17.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 335,513位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2008年10月1日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月7日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年11月1日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年8月16日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年8月22日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年12月11日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2008年9月18日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月24日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

最近のカスタマーレビュー

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。竹内 薫