この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

静物写真のルールブック 単行本(ソフトカバー) – 2013/10/25

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 5,289 ¥ 1,500
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本書は、いわゆるテーブルフォトや物撮りも含んだ、静物写真撮影全般を広範囲にレクチャーする本です。
静物写真撮影に必要な機材選びのことから、構図やスタイリング、ライティングのテクニック、そして被写体別の撮り方のこつまで、さまざまな技術を扱います。また中級者や上級者も十分に使えるように工夫しています。
PART 2の「静物写真の仕上がりイメージルール」は、写真の仕上がりをイメージしながら静物写真の撮り方を探っていくものです。ピントの合わせ方、考え方というテクニカルのことから、色の考え方というような理論も学びます。
PART 3の「光を操るライティングテクニック」は、なかなか理解するのがむずかしい、定常光(BOX型ライト)、瞬間光(スピードライト・モノブロック・ジェネレーター)の基本と実践をわかりやすく解説し、ライティング機材の使い方がよくわかることでしょう。
PART 4の「分類別 静物写真のテクニック」では、雑貨、花、料理、商品の各ジャンルのスーパーテクニックを紹介します。

内容(「BOOK」データベースより)

プロが教えるルールをマスターすればあっと驚く静物写真が撮れる!!目からウロコのプロのテク!シーン別作例190。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 176ページ
  • 出版社: マイナビ (2013/10/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839948127
  • ISBN-13: 978-4839948122
  • 発売日: 2013/10/25
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 79,212位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
テーブルフォトの撮影スキルを上げたいと思い、購入しました。結論から言うと、とても残念な本です。

本書には大きく3つの特徴があります。その第一は実用性に欠けることです。具体的には、ある写真の問題点を挙げる一方、それをどう解決すればよいのかが示されていません。

たとえば、絞りについて説明したページは「絞り込めばピントが合うと思っている人が多いと思いますが、実際は「もやもやすることがある」ので絞り込みに注意しましょう」といった具合。結論が「注意しましょう」では、撮影上達の具体的なコツを知りたいと思って本を買った読者としては、まさに「もやもや」したまま放置されてしまい、何も得るところがありません。

第二の特徴は、作例として掲載されている写真のセンスが悪すぎること。これは、構図とスタイリングを売りにしている本書としては致命的でしょう。テーブルフォトの作例に使われている食材も、なぜこれを持ってきた?というものが多数。例えば、盛りつけの作例は、おから?かぼちゃ?の黄色いマッシュにブツブツした片鱗が混ざったウコン色の塊。また、「食品はビニールパックから取り出して出して撮影する」というテク(?)の作例で登場するのは、パック入りの「茄子の漬物」。別に漬物が被写体でも良いのですが、盛りつけ方や食器のセンスがかなり微妙です。
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
テーブルフォトとはなんぞや?と思い読んでみました。
奥が深くて楽しめました。
ほとんど実践する機会がないと思いますが、冷や奴の写真があまりにも魅力的だったので冷や奴を撮ってみたい衝動にかられています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
内容が濃く、充実のルールブックです。
プロのテクニックが丁寧に分かりやすく説明されていて、かなりレベルアップができると思います。
説明文の重要事項部分に黄色のラインマーカーがされているのがわかりやすくてうれしかったです。
写真も素敵でおしゃれでかなりおすすめの一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
お花やスイーツを綺麗に撮りたいけど、どうも垢抜けない、とか、ネットショップで商品写真を撮らなければならない、という人は必読です。
構図、配色といった基本から、被写体のタイプごとのコツ、ライティングまで、非常に内容が濃く、類書の3冊分以上はあると思います。
サンプルの写真もとても綺麗で、真似をするだけでセンスが良くなりそうです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告