通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
靖国問題 (ちくま新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: (B-)少スレ、少ヨレ、うす傷がある場合がございますが、きれいな状態です。コンディション中古「非常に良い」ですが、【非常に良いの下、或は、見る方によっては、良の上】と判断したものでございますので、カバー・天地小口に、薄汚れ、薄ヤケ(中ページ含む)があるもの、中ページ(カバー折り返しを含む)に数ページ角折れが有る物も含まれますので、ご承知下さい。(書き込み、破れがあるものは、含まれません。カバーの折れが有る場合は、別途記載致します)※新品同様の品質ではありません。●記載ない限りCD・DVD・解答集・付録・外函等は付属致しません。※毎日発送ですが、発送できない場合もございますので、ご了承下さいませ。到着日の指定はできません。※画像違いの場合ありますが、ISBNは同じ同等商品です。※併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

靖国問題 (ちくま新書) 新書 – 2005/4

5つ星のうち 2.8 108件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 靖国問題 (ちくま新書)
  • +
  • 犠牲のシステム 福島・沖縄 (集英社新書)
  • +
  • 沖縄の米軍基地 ─「県外移設」を考える (集英社新書)
総額: ¥2,355
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

二十一世紀の今も、なお「問題」であり続ける「靖国」。「A級戦犯合祀」「政教分離」「首相参拝」などの諸点については、いまも多くの意見が対立し、その議論は、多くの激しい「思い」を引き起こす。だが、その「思い」に共感するだけでは、あるいは「政治的決着」を図るだけでは、なんの解決にもならないだろう。本書では、靖国を具体的な歴史の場に置き直しながら、それが「国家」の装置としてどのような機能と役割を担ってきたのかを明らかにし、犀利な哲学的論理で解決の地平を示す。決定的論考。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高橋/哲哉
1956年福島県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。二十世紀西欧哲学を研究し、哲学者として政治・社会・歴史の諸問題を論究。明晰な論理と批判的思考には定評がある。NPO「前夜」共同代表として、雑誌『前夜』を創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2005/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480062327
  • ISBN-13: 978-4480062321
  • 発売日: 2005/04
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 108件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 189,099位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
「靖国問題」は5章構成。第1章「感情の問題」においては、本来であれば「哀しむ」べき「死」の問題が、靖国神社及や天皇(天子様)の存在等により、「喜び」や「栄光」の感情に代替されていく「感情の錬金術」の様を描く。第2章「歴史認識の問題」においては、靖国からA級戦犯が分祀されることはアジア諸国、特に中国や韓国との「政治的決着」に過ぎず、単なる政治的決着を超えた、植民地主義を踏まえた歴史認識が行われる必要性を主張する。また、第3章「宗教の問題」においては、戦前の日本においていかなる「政教一致」が「政教不一致」を通じ行われたかを描写する。更に、第4章「文化の問題」では、江藤淳の唱える、靖国に代表される日本文化論がいかに不確かなものであるかを指摘し、最後の第5章「国立追悼施設の問題」においては、現在提案されている様々な靖国に代替する施設の問題点を明らかにする。

この本は、靖国神社が、明治維新後の日本、つまり、欧米列強がアジアに進出してくるのを目の前にしながら、「富国強兵」をスローガンに近代化を図った日本の中でいかに設立され、発展していったかを生々しく描く。明治時代の日本の政治的指導者達は近代的な軍隊の必要性を強く認識していたが、強い軍隊には軍隊を支える強い社会が必要であり、靖国はまさに国のために死んでいく兵士たちを「栄誉ある」者達として捉える役割を果たしていったのであろう
...続きを読む ›
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 jsky 投稿日 2014/2/19
形式: 新書 Amazonで購入
この問題は,とかく中国,韓国の対応と絡めて極めて「政治的な」側面から
あれこれ言われるが,著者の言わんとすることはもっと深く広い,と感じた.
表層論でなく,「哲学からのアプローチ」とされるゆえんかも.
特に最終章で,「新たな国立追悼施設」や「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」は言うに及ばず,
沖縄の「平和の礎(いしじ)」ですら「第2の靖国化」を防ぐことは難しいというか不可能,という論には,
「そこまでいうか!」と思いつつ,論理の積み重ねには納得せざるを得なかった.
日頃新聞・雑誌で見聞きする靖国問題への「論」が,
左翼陣営・保守陣営を問わず如何に浅薄であるか!と感じるようになったのはこの本のおかげである.
ただし,著者が述べている「解決策」はあまりにも非現実的に思われ,
実際には,様々な国家エゴが入り交じった妥協をかさねつつ,
紆余曲折しながら少しづつ進むしかないのでは?と感じた.
(著者もそれは分かっているのかも知れないが)
新しく読む人へ:ゆっくりじっくり読んでください.他の方のレビューを見ましたが,
「本当に全部読んで書いているのかなー?」と思います.
(全部が全部とは言いませんが)
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
靖国神社の問題は賛否両論ありますが,これはこの問題がいろいろな要素を含んでおり,見る側面や語る人の立場によって思うところが違ってくるために起こります.本書では,この靖国神社の問題を「感情」「歴史認識」「宗教」「文化」「国立追悼施設」という側面からそれぞれ分析しており,この多面的なアプローチによる問題の整理は評価できます.著者自身は靖国反対派ですが,分析としては概ね公平です.

靖国神社に代わる国立追悼施設が,その目的が「顕彰」である限り「第二の靖国」になるという意見には賛成です.しかしながら,ではどうするという時に,その結論が「脱軍事化」というのでは,問題はそれほど単純ではなく,あまりに現実を無視した理想論ではないかと思います.
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
何かに対して自分の意見を持つには、ある程度の知識が必要になると思う。何も知らないのに考えを述べても、説得力を持たないからだ。いつもそう思ってる。だからどんな分野でも、たとえ興味がそんなに無かったとしても、できる限りしっかりしとした意見を持つために、新書・文庫程度の本を一冊は読むようにしている。この本もその一つ。

例えば、公職についてる人の靖国参拝に賛成か反対か。何が問題になっているかもよくわからないで、ちゃんとした答えが出せるのだろうか。そんなスカスカの意見で誰が納得するのか。

とりあえずこの本を読めば、何がどう問題になっているのかぐらいは理解することができると思う。著者は首相の公式参拝等には断固反対の立場だけど、必ずしも著者の意見が正しいとは限らないとは思う。(自分はこの本を読んでダメだなあとは思った)

ただ、賛成する人も反対する人も、著者の意見を一方的に信用してしまわないようにすれば、知識を得るという意味でこの本を読むだけでも、非常に役立つと思う。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー