¥ 972
通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
青色本 (ちくま学芸文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

青色本 (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2010/11/12

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 621

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 青色本 (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 論理哲学論考 (岩波文庫)
  • +
  • ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む (ちくま学芸文庫)
総額: ¥3,110
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「語の意味とは何か」―本書はこの端的な問いかけから始まる。ウィトゲンシュタインは、前期著作『論理哲学論考』の後、その根底においた言語観をみずから問い直す転回点を迎える。青い表紙で綴じられていたために『青色本』と名付けられたこの講義録は、その過渡期のドラスティックな思想転回が凝縮した哲学的格闘の記録であり、後期著作『哲学探究』への序章としても読むことのできる極めて重要な著作である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ウィトゲンシュタイン,ルートウィヒ
1889‐1951年。ウィーンのユダヤ系富豪の家に生まれる。航空工学や数学を学んだ後、フレーゲやラッセルの影響を受けて論理学などを学ぶ。『論理哲学論考』の完成によって哲学問題をすべて解決させたと考え、その後、小学校教師や修道院庭師の職に就いていたが、自己の言語理論への批判的検討を通して新たな転回を遂げ、哲学者としてケンブリッジ大学に復帰した。後年の思想は『哲学探究』へと結実する

大森/荘蔵
1921年、岡山生まれ。東京大学名誉教授。1997年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 212ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2010/11/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480093265
  • ISBN-13: 978-4480093264
  • 発売日: 2010/11/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 95,462位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
当然内容は最高にスリリングである。原文も比較的平易な英語だったが、英語で読んだ時に分かりにくかった部分が大森訳でかなり解消された。しかし何故にKidle版では解説が割愛されているのだろうか。少々価格をアップしても入れて欲しかった。よって星1つ減。
3 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/2/10
形式: 文庫
『青色本』は、冒頭いきなりこう問いかけてくる。
「語の意味とはなにか」そして「語の意味」とは「語の意味の説明」とは何かと考えることだとする。

「語の意味の説明」には「言葉による定義」と「指ざしによる直示」があり、直示は確からしいが
世界は直示できないものだらけである。
で、「言葉による定義」を試みる。
それでは「鉛筆」はどう定義されるのか。

著者であるウィトゲンシュタインは、常に「治癒としての哲学」を考えていたという。
正確に物事を考えていくことは確かに抱える悩みの解決につながるかもしれない。

巻末にウィトゲンシュタインの研究家である哲学者の野矢茂樹氏による
『青色本』の使い方という解説がついており、これがまたわかりやすい。
分かりにくいと言われるウィトゲンシュタインが身近になる。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 論考の禅問答のような表現はなく、じっくり読めば理解できる。前半は言語ゲームにつながる議論があるが、家族的類似性がある概念を純粋に表すイデアが思惟可能という観念とは対立するように思え、できるだけ単純に自然現象を説明する科学の方法と同じやり方が哲学者を形而上学の闇に導くというのは、語りえぬものには沈黙しなければならないという論考からの流れであろうか。

 しかし、後半の独我論の謎解きは“言葉で語られる独我論”は私的言語の使用に解消されると理解できる。著者自身は独我論者ではないような書きっぷりである。独我論へのとらわれからの「治癒としての哲学」としても読める。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 θ トップ500レビュアー 投稿日 2012/4/26
形式: 文庫
「語の意味とは何か」という問いかけから始まり、その議論で終わるウィトゲンシュタインの講義録。
ウィトゲンシュタインの文章としては珍しく、断章形式ではなく普通の文章になっている(講義録なので)。

彼の姿勢は「治療哲学」であり、それは前期から後期まで一貫している。
「知る」「感じる」「私の・・・」などの誤解されやすい概念を徹底して掘り起こし、何が誤謬の下なのかを徹底的に掘り下げる。
わき道も多いが、逆にそれが「まさに彼自身が哲学している」という状況を追体験させてくれる。

位置付けとしては中期であるが、言語ゲームの萌芽や家族的類似の概念などはすでに見られる。
これを読んで、各自で「語の意味とは何か」を考えれば、それでウィトゲンシュタインの狙いは達成されているであろう
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告