青春歌年鑑 1969 BEST30 がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

青春歌年鑑 1969 BEST30

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,065
価格: ¥ 2,254 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 811 (26%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 青春歌年鑑 1969 BEST30
  • +
  • 青春歌年鑑 1968 BEST30
  • +
  • 青春歌年鑑 1970
総額: ¥6,977
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2002/11/27)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: 日本コロムビア
  • 収録時間: 101 分
  • ASIN: B00006RTAZ
  • EAN: 4988001941828
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 115,678位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 時には母のない子のように (カルメン・マキ)
  2. 白いブランコ (ビリー・バンバン)
  3. みんな夢の中 (高田恭子)
  4. 夜明けのスキャット (由紀さおり)
  5. 白いサンゴ礁 (ズー・ニー・ブー)
  6. どしゃぶりの雨の中で (和田アキ子)
  7. 別れのサンバ (長谷川きよし)
  8. 真夜中のギター (千賀かほる,新室内楽団)
  9. 坊や大きくならないで (マイケルズ)
  10. 遠い世界に (五つの赤い風船)
  11. 港町ブルース (森進一)
  12. 池袋の夜 (青江三奈)
  13. 風が落した涙 (小川ローザ)
  14. オー・チン・チン (ハニー・ナイツ)
  15. 恋の奴隷(奥村チヨ)

ディスク:2

  1. 人形の家 (引田三枝子,スリーシンガーズ)
  2. フランシーヌの場合 (新谷のり子,古賀力)
  3. 風 (シューベルツ)
  4. 禁じられた恋 (森山良子)
  5. 或る日突然 (トワ・エ・モワ)
  6. いいじゃないの幸せならば (佐良直美)
  7. 悲しみは駆け足でやってくる (アン真理子)
  8. オリビアの調べ (フォーリーブス)
  9. 粋なうわさ (ヒデとロザンナ)
  10. 夜が明けたら (浅川マキ)
  11. 長崎は今日も雨だった (内山田洋とクールファイブ)
  12. 熱海の夜 (箱崎晋一朗)
  13. 忘れたいのに (I Love How You Love Me) (モコ・ビーバー&オリーブ)
  14. 私もあなたと泣いていい? (兼田みえ子)
  15. 雨に濡れた慕情 (ちあきなおみ,コロムビア・オーケストラ)

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

フォークを聴きながら大人になった世代には嬉しい内容の2枚組コンピレーション。カルメン・マキ、シューベルツ、五つの赤い風船などのヒットを収め、同時に1969年を彩った歌謡曲を多数収録。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
1969年は18歳の年、青春真っ只中の頃です。
思い出の曲満載でマイカー内で聴く率一番の1枚です。音源は当時のものと思われますが劣化・痛みは感じられず良い音を出してくれています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
聴きたい曲複数が入っていたので購入しました。オムニバスですしこんなものかなという感じです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/12/2
 カルメン・マキの「時には母のない子のように」からはじまって、ビリー・バンバンの「白いブランコ」や由紀さをりの「夜明けのスキャット」(そう「ルールールルルー、ルールールルルー...」というスキャットだけで1番が終わる歌)、和田アキ子の「どしゃぶりの雨」、奥村チヨの「恋の奴隷」(「アナタ好みの、アナタ好みの女になりたーいー」ていう唄)、など当時を想い出すステキなお歌がイーッパイ!
千賀かほるの「街のどこかにー淋しがり屋が1人、今にも泣きそうにギターをひいている。愛をなくしてー誰かを求めてー、さまよおー似た者どうしだもの...」で一世を風靡した「真夜中のギター」。整形した変身後のミコ、こと弘田美枝子の「人形の家」わたしはーハナタにーヒノチをはずけたー!
新谷のり子の「フランシーヌの場合」はあまりにもオバカさん、フランシーヌの場合はあまりにも哀しい、3月30日の日曜日パリの朝に燃えた命ひとつー、フランシーヌー...。それに、トワ・エ・モワの「ある日突然」ふたり黙るのー、あんなにお喋りしていたけれどー、いつかーそんなー時がー来るとーワタシには分かっていたのー...。その他、シューベルツの「風」とか、森山良子の「禁じられた恋」、青江美奈の「池袋の夜」、佐良直美の受賞曲「いいじゃないの幸せならば」、内山田弘とクールファイブの「長崎は今日も雨だった」も欠かせませんよネ。そして
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック