中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

青春を山に賭けて (文春文庫 う 1-1) 文庫 – 1977/1/25

5つ星のうち 4.7 60件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 177
文庫, 1977/1/25
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

ドングリとあだ名されていた著者が、無一文で日本を脱出し、ついに五大陸最高峰のすべてに登頂、アニマル植村と称されるまでの型破りの青春を語り尽した感動篇!

内容(「BOOK」データベースより)

家の手伝いからは逃げ、学校ではイタズラばかりしていた少年は、大学へ進んで、美しい山々と出会った。―大学時代、ドングリとあだ名されていた著者は、百ドルだけを手に日本を脱出し、さまざまな苦難のすえ、夢の五大陸最高峰登頂を達成する。アマゾンのイカダ下りもふくむ、そのケタはずれな世界放浪記。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 254ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1977/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416717801X
  • ISBN-13: 978-4167178017
  • 発売日: 1977/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 60件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 701,206位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
荒っぽく説明させていただくと、輝かしい冒険の記録と、その費用の捻出や現地の下調べを含む準備の記録が大体交互に出てくるというのがこの本の構成なのであるが、読み進めるうちに「準備の記録」を楽しむ気持ちがどんどん強くなった。
中でもアルプス麓のスキー場で、言葉は拙くとも、スキーは滑れなくとも、懸命に、他のどのスタッフよりも汗を流して働き、やがて現地の人々の共感を得、本当の仲間として迎えられてゆくくだりは、まさに本書のハイライトであり、こういった不器用で、謙虚で、ひたむきな姿こそが永遠に色褪せない著者の魅力の所以であろうと思う。
どんな困難にも、常に裸で立ち向かう彼の姿を思うとき、勝ち負けといった結果ではなく、そこに行くまでの過程こそが大切であるとした生前の著者の言葉が胸を打つ。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
すごい、すごすぎる

この人はひたすら 右肩上がりの矢印 である。

今では当たり前の携帯、メール、グーグルが一切存在しない40年以上前である。

そんな時代にひたすらアナログど根性
清貧
鮮明な目標に対して、無謀でストイックな肯定主義で立ち向かってるんである

自力でなんでもやり通し、なおかつ他人への感謝を忘れず、
謙虚さも持ち合わせ、何より自身が日本人であることを忘れてない。

言葉の通じない外国の役人といきあたりばったりでやりあう。
五大陸最高峰制覇した瞬間に 次は南極だ北極だと自分に誓約する。
船で下れるのにアマゾン川もアナログ(自家製イカダ)で下ってしまう。
そして出会った人間は全員いいやつだったと。

年収何倍アップ系インチキ自己啓発成功本の類を読んでた
自分が恥ずかしい、というかそういった駄本の後にこれを読んで
あらためて正しい生き様とは何なのか悟らされた。

一点わからないのは 
なぜひたむきに
そこまで駆り立てるのは何なのか

とにかくすごい、すごすぎる。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/9
形式: 文庫
植村さんがマッキンリーで消息を絶ったのは僕が中学生の時。当時はかなり話題になったので、植村さんの著作をちょっとは読んだのですが、今回改めて読み直すと、やはり偉大な冒険家だけに、その人間性もすばらしい事に気づきました。かなり無謀な事もすいすい遣って退けてしまうのはなんなんだろうと思いました。植村さんは本書で、精神的弛緩が一番怖いと書いていましたが、これは冒険家だけではなく、何か偉大な事を目指す人に共通するのではないか、と思いました。とにかく勇気を与えてくれる一冊です。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
世界のウエムラが冬季マッキンリーで消息をたってから十数年がたってしまいました。たんたん知る人が少なくなってきたようで、寂しく感じ始めています。 単身で世界中の山を登り続けた初期のころの前半は、本当に面白いです。自由奔放、抱腹絶倒、さまざまな障害を自分の情熱で突破していく植村の生き方は、我々が忘れてしまった「なにか」を思い出させてくれるに違いありません。 すべてが停滞している日本を元気にしてくれる一冊、書籍の「プロジェクトX」と呼べる本でしょう。
1 コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 戦後の日本が世界に誇る冒険家、植村直己の自伝半生記。

 著者は兵庫県豊岡市に生まれ、明治大学農学部に進学、登山経験の無い儘に山岳部に入部し、山との出会いが生まれた。徹底的にしごかれ、挫折しそうになりながらも、自ら山行トレーニングを重ね、在学中500日以上も山に居たという。そしてヨーロッパアルプスに憧れ、卒業と同時に日本を旅立った。

 此処からが凄まじい。1964年5月、ほぼ無一文、片道切符で海路アメリカへ渡り、カリフォルニアの農場へ潜り込み、メキシコ人に混じって働いていたが、不法移民取締官に捕まり、強制送還寸前で難を逃れ、欧州へ渡る。スイスのモルジンヌでは、1960年スコーバレー冬季五輪の滑降金メダリスト、ジャン・ビュアルネ氏の経営するスキー場に雇われ、大変な温情に支えられて生活と資金準備に努める。この地を拠点に、1965年4月、明治大学ヒマラヤ遠征隊に加わり、未踏峰ゴジュンバ・カン(7646m)初登頂、1966年7月、モンブラン(4807m)、マッターホルン(4478m)、9月、アフリカへ渡り、ケニヤ山(5200m)、キリマンジャロ(5895m)、1968年2月、アコンカグア(6960m)に登頂。この後アマゾン河を手製の筏で60日かけて下り、4年5ヶ月ぶりに日本へ帰国。

 次の登山準備中に声がかかり、日本山岳
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー