この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

青と琥珀―Essais,premiers pas 単行本 – 2012/3/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 89,111 ¥ 70,037
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、NHK「プロフェッショナル」など、多数のメディアでその活躍が紹介される左官:挾土秀平氏が書き温めてきた想像のものがたり「Essais,premiers pas エセー、最初の一歩」と名付けられた写真詩集三部作の中の一冊。Essaisはエセー、エッセイの語源でもあるが、フランス語では、「こころみ る」「トライヤル」の意味を持つ。挾土秀平が挑戦する(こころみる)世界。自身の仕事の定義、アートでもなく、職人である事も乗り越えて…それ(新しい概念)を目指す。Essais,premiers pas エセーの第一歩として 「第一となる数歩」。著者がとらえた霊感(個性)のビジョンを、自然のままの色彩を再現した風景写真と自身の土壁作品の写真ともに、幻想的な物語として再構成した写真詩集。終焉の果てに辿り着いたのか、青く静かな森林をあてもなく歩きつづけた「私」は、一軒の家で琥珀色の人と会う。琥珀色の人の家に逗留し、やすらぎを感じ、癒されていく私は、あるとき「私」の中にある“苦い心の渦”が、琥珀色の人を苦しめている事に気がつく―。音のない淡々とした描写で、魂が漂白されるさま、再生へのプロセスを描く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

挾土/秀平
1962年岐阜県高山市生まれ。1983年技能五輪全国大会左官部門で優勝。1984年同世界大会出場。2001年現在、14人を率いる「職人社 秀平組」を設立。普段は、近代的な建設物や個人住宅の壁塗りを行う傍ら、日本の伝統な土蔵から茶室等を行う。東京の一流ホテルのエントランスロビーまで、天然の土と素材を使った独自の世界の塗り壁づくりは、モダンかつ斬新で、他に類がなく日本全国に活躍の場を広げている。また、左官職人にこだわらない新しい手法を試み、自然に還るものだけを使った空間や作品を、数多く発表し、画廊、ギャラリーによる個展活動も含め、幅広い活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 61ページ
  • 出版社: 木耳社 (2012/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 483936141X
  • ISBN-13: 978-4839361419
  • 発売日: 2012/3/1
  • 梱包サイズ: 18 x 17.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,010,357位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう