青い鳥 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内正規品】レンタル中古品でしたが、 新品のケースに交換して発送します。 内容は、新品ケース1枚、DVD1枚です。 【ディスクについて】 再生に問題はありません。 ※レンタル中古品の為、多少の傷みや、写真には写っていない場合でも ディスクとジャケットに管理シールを貼っている場合がございます。 【発送について】 AMAZON配送センター管理の為 品切れがなく、防水包装などをしてすぐに発送します! (注文完了後、通常24時間以内) コンビニ受け取りも対応しています。 【支払いについて】 代金引換、お急ぎ便、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いも可能です。 【プレゼント対応】 ギフト包装、ギフトメッセージにも対応しています。 【お問合せ】 万が一、違う商品が届いたり、商品の不具合や、 シーン途中でフリーズ等ございましたら、 取引完了の評価をされる前に、注文履歴→出品者に連絡する、から、 当店に状態などをご連絡ください。 迅速にメールにて折り返しのご連絡をさせていただきます。 内容を確認次第、商品の交換、返品、返金などの対応をさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

青い鳥 [DVD]

5つ星のうち 4.5 40件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,175より 中古品の出品:2¥ 1,980より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 青い鳥 [DVD]
  • +
  • 青い鳥 (新潮文庫)
総額: ¥3,899
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 阿部寛, 本郷奏多, 伊藤歩
  • 監督: 中西健二
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2009/07/24
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 40件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001UE9T9S
  • JAN: 4934569633224
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 20,459位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

あなたの十四歳に、沁みる物語。
大人は、みんな、十四歳だった。

初回封入特典 ライナーノート(8P)

毎回映像特典
1.予告編
2.メイキング映像
3.阿部寛インタビュー映像

他、仕様 日本語通常音声と視覚障害者対応副音声を選択可能


※初回特典は数に限りがございますので、ご注文はお早めにお願いします。
※初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。

<あらすじ>
前学期、いじめられていた一人の男子生徒 野口が起こした自殺未遂で東ヶ丘中学校は大きく揺れていた。
新学期初日、そんな2年1組に一人の臨時教師が着任してくる。
村内という男性教師の挨拶に、生徒たちは驚く。
彼は、吃音だったのだ。
うまくしゃべれない村内は、その分“本気の言葉”で生徒たちと向かい合う。
そんな彼が初めて生徒に命じたのは、倉庫にしまわれていた野口の机と椅子を、教室の元の位置に戻すことだった。
そして毎朝、その席に向かって「野口君おはよう」と声をかけ続けた。

<スタッフ>
原作:重松 清「青い鳥」(新潮社刊『青い鳥』所収)/企画協力:新潮社/脚本:飯田健三郎・長谷川康夫/撮影:上野彰吾(J.S.C.)/照明:赤津淳一/録音:柴山申広/美術:金田克美/装飾:中山まこと/編集:奥原好幸/音楽:まきちゃんぐ/主題歌:まきちゃんぐ(オープニング・テーマ「鋼の心」 エンディング・テーマ「さなぎ」(Vap))/監督:中西健二

<キャスト>
阿部 寛/本郷奏多/伊藤 歩/太賀/荒井 萌/篠原愛実/高田里穂/山崎和也/新木優子/井上 肇/岸 博行/松重 収

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

直木賞作家・重松清の同名小説を映画化。いじめをした中学校の生徒と臨時教師の交流を通し、人と人との絆を問い掛ける感動作。いじめられていた男子生徒の野口が自殺未遂を起こし、東ヶ丘中学校は大きく揺れる。阿部寛が吃音の教師役に挑戦。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
娘が学校で見て良かったとの事で購入。とても考えさせられる映画でした。阿部さんも最高。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
教師や生徒や現在の学校というシステムが抱える多くの悩みや葛藤、そして万能ではないかもしれませんが、答えやその在り方が示されています。学校という場所に間接、直接に関わるすべての人が見るために時間を割かなければならない作品です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 原作はまだ読んでないのだけれど、予告をみて面白そうだったので観てみた。
 
 重松清の作品なので、良作だということは予想していたが、予想以上の出来だった。
 
 キャスト、脚本ともに素晴らしかった。
 特に、村内先生役は阿部寛以外は考えられないほどだった。

 その村内先生の言葉の数々は、どれも心に突き刺さるものだった。

 「本気で質問されたことには本気で答えないといけない」

 この言葉は、キャッチフレーズにある通り、全ての14才と14歳だった全ての人が覚えておかなければいけないことだと思う。
 たとえどんな立場の人でも、だ。

 私が高校生だった時、年に一回だったか二回だったか忘れたけれど、体育館で映画を上映する会があった。
 全国の中学、高校のそのような集会で流して、というより流さなければいけないという法律を作っても流さなければいけない、そこまでの作品だと思う。
 でも、それでは無理やり書かせる反省文のように、観た人の心には残らないと思う。
 だから、興味がない人は観ないでいいと思う。
 ただ、興味を持った人、似た経験を持っているという人は観てほしい。
 きっと、感動することができると思う。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画凄いです。 個人的にかなりの傑作だと思います。セリフは少なく、音楽も少なくシンプル(?)ですが大事なところを外しません。というか無駄なカットが無くて、ひとつひとつのカットが重要だと思えます! キャストもそれぞれ合っています。 阿部寛さんの演技はもちろん、本郷奏多さんの演技には心を打たれました。 子供も大人も是非見てください。感じかたは違うかもしれません。しかし、どちらも見終わった後には「いい映画だ」と思えるはずです。 ただの学校物の青春映画じゃない! この映画に逢えてよかった!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 阿部さんという役者が好きです。モデル出身でこういう映画に出て、素朴な演技のできる役者になるには並みの努力ではできません。
 吃音の先生が「真剣に話すときは真剣に聞かなくてはいけない」と言ったときはどきっとしました。最後に心が温かくなる作品です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
何の気なしに映画館に見に行ったのですが、ここ何年かで一番心に残る作品でした。
阿部寛演じる村内先生は、まったく空気を読みません。場が混乱に陥ったとしても動じず、
なんとなく周囲にあわせたりせずに、しかし静かに、ただ自分の意志に忠実に行動する。
その意志とは生徒を思う心。いじめた生徒を叱ったり罰したりしようとしたのではなく、
その生徒のこれからのために、どもりながらも一生懸命何かを伝えようとする。

本気で話したことは本気で聞かなければならない。
つまり、本気で話すことを恥ずかしく思わなくてもいいということでもある。
自分もいい年だけれども、今からでもそういう風に生きて生きたいと思いました。
こんな地味な映画も珍しいけれど、すごく心に入ってくる作品。オススメです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
重松清の同名小説を映画化、子供のイジメを題材にしたヒューマンドラマである。まさかこんなベタなタイトルの作品にやられてしまうとは。映画を見ながら、自分で自分にびっくりしてしまった作品である。

東京近郊にある中学校に臨時教師として赴任した村内(阿部寛)。生徒たちを前に開口一番「ぼっ僕はうまくしゃべれませんが、ほっ本当のことを言います」、そして、不登校の生徒の机を教室に戻させ、毎朝誰もいない机にむかって挨拶をしだすのだ。「おはよう、野口くん」

その村内の後ろ姿や足元のみを追いかける冒頭のシークエンス、野口くんにまつわる事件の具体内容、メモに書き込まれたA級戦犯の名前、屋上にたたずむ村内の過去、主人公の少年が野口くんを特に気にやむ理由、村内が通学バスの中で読む文庫本の中身?・・・。この映画、これらのミステリー要素がなかなか観客にあかされないタメ具合が、まさに絶妙なのである。

野口くん事件を過去のものとして忘れ去ろうとする教頭以下の大人たちと、お決まりの反省文を書いてすっかり済んだ気になっている2年1組の生徒たち。そこに突如やってきたドモ○教師の村内が生徒や教師の意識改革をしていくくだりは、特に何かをしているわけではないのだが、妙な説得力がある。

風のようにあらわれて風のように去っていく村内は、(月光仮面
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す