中古品の出品:6¥ 2,061より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

青い春 [DVD]

5つ星のうち 4.6 89件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 2,061より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松田龍平, 新井浩文
  • 監督: 豊田利晃
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ケイエスエス
  • 発売日 2002/12/20
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 89件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006FMEC
  • JAN: 4988707544255
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,674位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

 『ポルノ・スター』『アンチェイン』の豊田利晃監督が、『ピンポン』などで知られる松本大洋の同名短編集コミックを原作に描く、ある男子校を舞台に繰り広げられる不良学生たちの痛切なまでの青春群像。
   カメラが学校の外に出ることはほとんどなく、閉塞した空間の中でさまざまなエピソードが羅列されるのだが、次第にドラマは松田龍平扮するクールな主人公・九條と、彼を慕う親友・青木(新井弘文)との確執に焦点が絞られていく。濁るところない真っ青な空のごとき男同士の友情が、それゆえに惨劇へと突き進んでいく壮絶さ。これはもう観た者だけが共有しえるものでもあろう。時折挿入される屋上での過激な度胸試しシーンのインパクトもすさまじい。若手俳優たちの、飾らない生の熱い演技も素晴らしい。今後の日本映画の方向性を占ううえでも必見の作品だ。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

時間を持て余し、退屈な日々を過ごす高校三年生の姿を描いた青春群像劇。主演は「御法度」の松田龍平、監督は「ポスノスター」を手掛けた豊田利晃。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 水城 投稿日 2014/1/8
Amazonで購入
友達に勧められて観てみたのですが、予想以上に衝撃を受ける映画でした。爽やかで輝いたものではなく、黒い青春という感じ。高校3年になり、将来を考えなきゃいけない。そういった焦りや諦めなどが映画から感じて、胸が締め付けられました。いつまでも今が続いてほしいという気持ちと裏腹に、周りはどんどん違うところへと行ってしまうという感覚が観ていていたたまれなかったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 am 投稿日 2003/11/21
Amazonで購入
この映画はホントにすごいです。
今まで洋画ばかり見ていた私ですが、
邦画のすばらしさを教えてくれた映画です。
83分という時間ですが、ミッシェルの曲に乗って
ガンガン進んでいく感じ、
だけど内容的には何時間もあるような。
若手の俳優さんのキャスティングも見事です。
松田さん演じる九條の妖しい雰囲気とか、
新井さん演じる青木の不安定な気持ちとか
個人的にはマメ山田さんの先生がホントに
胸を打たれるシーンがたくさんありました。
暴力的な描写もあるので少し苦手な人もいるかも
しれませんが、見終わった後には涙が出るほどの
切なさと感動が味わえると思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 今特典映像が別ディスクになってスペシャルエディションとか言って高く売ってますが、一枚にこの程度の量がちょうどいいと思う。
 副音声が主要メンバー5人で同窓会みたいでよかった。色々裏話も聞けてよかった。別売のフォトブックと一緒に見れば完璧にこの世界に浸れます。
 松田龍平よりも、オーディションでW主役になった新井浩文の演技の成長が初めと終わりでは全然違うのがよく判ります。新井ファン必見です。
 龍平・新井・瑛太のそろう希少な一本です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shazam 投稿日 2016/3/15
Amazonで購入
高校1年の頃、当時気になっていた女の子が好きな作品だったのでTSUTAYAでレンタルした。その頃の自分にとっての映画とは金曜ロードショーや日曜洋画劇場などで放映されるようなインディージョーンズやターミネーター、ウォーターボーイズやドラえもんなどの類いの作品に顕著な起承転結が明確に記されている創意工夫に富んだストーリー性の帯びた映画がおもしろい映画だと思っていたし、そのようにきちんとしたストーリーを楽しむものが映画だと思っていた。ところがこの映画は違う。全くもって前述した映画の自ら定めた定義とはベクトルが違う。意味不明という言葉はこの映画の為に創られたといっても過言ではないと思った。しかし、それ以来この映画は何回も観てしまう。何故だろう。答は意外とシンプル。ただ、ただ、かっこいい。これ以上も以下もない。ミッシェルガンエレファントのギターサウンドに粗い映像、松田龍平やあらいひろふみの演技、すべてがかっこいい。「おもしろい」映画だけでなく、「かっこいい」映画が世にあることをこの作品で知って以来、古今東西、年代問わずさまざまな映画、音楽、文学にも興味を持つきっかけになった。そろそろ春がまたやってくる。無性に観たくなる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
届きました(о'∀`о)普通に中古の中ではきれいな感じで安心しました!!ポストかードが入っていてとっても嬉しいです(*'ω`*)ありがとうございました!!今度のお休みに楽しみに見ます!

内容は、最高です( ;∀;)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/11/30
Amazonで購入
痛い映画だった。精神的にも映像的にもそうとう痛い。攻撃的なのに切なくロマンティック。音楽に例えるならニルヴァーナといった感じ。
高校生、特に3年生というのは将来のことや何だかんだとちょっと本気で考えなければならなくなる難しい時期。でも、学校生活というのはなんとなく平和で退屈でもあり、漠然とした不安と倦怠感というモノが常に内包されている。
つまらない日常に飽き飽きして色々やってみて面白がっていても、本当は何も面白い事なんて無いとみんな分かっている。分からない振りをして楽しむのはルールなのに、九條はそのルールを無視する。
九條はクールというより冷めている。熱くなるのは面倒だから。でも、カリスマ性があって、何故か目立ってしまう。そんな役に松田龍平の無言の存在感が見事にはまっている。
その他のキャスティングも素晴らしく、それぞれ印象に残るキャラクターになっている。特にマメ山田扮する花田先生が秀逸。この映画に花田先生がいなかったら救われない話になっていた。すごいぞ豊田監督。
同じ松本大洋原作の「ピンポン」ほど話題になりませんでしたが、「青い春」はカルトな青春映画として語り繼がれることでしょう。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す