通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
霞町物語 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 Desso
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 目立った傷などなく、比較的きれいな状態です。中には書き込みがあるものもございますが、文章を見るのに問題はありません。Amazonから迅速・丁寧に発送されます。Amazon倉庫に保管しているので在庫切れはありません。【注文後24時間以内発送】【クレジット・コンビニ払い可能】【速達可能】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

霞町物語 (講談社文庫) 文庫 – 2000/11/15

5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 572
¥ 572 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 霞町物語 (講談社文庫)
  • +
  • 月島慕情 (文春文庫)
  • +
  • 姫椿 (文春文庫)
総額: ¥1,763
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

僕はこの町で学び、恋を覚えた
かつて霞町と呼ばれた麻布界隈を舞台に、著者自身の青春を綴る傑作。

青山と麻布と六本木の台地に挟まれた谷間には、夜が更けるほどにみずみずしい霧が湧く。そこが僕らの故郷、霞町だ。あのころ僕らは大学受験を控えた高校生で、それでも恋に遊びにと、この町で輝かしい人生を精一杯生きていた。浅田次郎が初めて書いた、著者自身の甘くせつなくほろ苦い生活。感動の連作短編集。

内容(「BOOK」データベースより)

青山と麻布と六本木の台地に挟まれた谷間には、夜が更けるほどにみずみずしい霧が湧く。そこが僕らの故郷、霞町だ。あのころ僕らは大学受験を控えた高校生で、それでも恋に遊びにと、この町で輝かしい人生を精一杯生きていた。浅田次郎が始めて書いた、著者自身の甘くせつなくほろ苦い生活。感動の連作短編集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 280ページ
  • 出版社: 講談社 (2000/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062730154
  • ISBN-13: 978-4062730150
  • 発売日: 2000/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 136,861位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
霞町とは今の西麻布周辺の旧地名である。作中の主人公の家族の描写が愛情に溢れており、作者の自伝的小説ではないかとも思える。伝法であるが心優しい祖父と元深川芸者の向こうっ気が強く粋な祖母。祖父母の過去と、それをめぐる家族の描写が愛情に溢れている。不器用であるが、懐に限りなく深い愛情を持つ男達。粋で凛としたたたずまいの美しさを持つ女達。その姿が浅田次郎が誇りに思う江戸前の美学なんだろう。おすすめの一冊である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
初めて読む作家の短編集だ。著者の名前は知っていたが、ついぞ作品を読む機会がなかった。

 いま、小生は闘病生活中で、楽しみのひとつはラジオを聴くことだ。そのなかでも毎週日曜日の深夜にNHKラジオ第1放送で10時15分から始まる短編の朗読番組である「文芸館」が何よりも好きだ。
                                  
 アナウンサーの朗読の声が耳に心地よく響く。風景描写や登場人物の感情の起伏のそこかしこに入る音響効果が臨場感をかもし出す。

 この番組を聴いた途端に現物を読みたくなる衝動に駆られ、翌日には放送された作品を入手すべく手配する。そうして活字を読み再び感動に浸る。またアナウンサーの朗読の声が耳に蘇る。                           
 同作品は短編8話で、4話が青春時代の恋愛と4話が幼年から少年にかけての家族の思い出とからなっている。その後半の4話のひとつに祖母の思い出を扱った「雛の花(ひなのはな)」がある。

 明治生まれの「僕」の祖母は生粋の江戸っ子で、あでやかで美しく、白黒をはっきりさせぬと気がすまぬ人であった。帰宅途中で立ち小便をした子供がいたとお節介な通行人から学校に通報があり、朝礼のあとで犯人捜しが始まる。校長の追求がことの
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
高度経済成長の只中にある日本。豊かさの恩恵を被る、主人公の高校生。周りから見ればただ享楽に耽っているように見えても、その楽しさが刹那である事を知っている。傍若無人のようでいて、さりげない気遣いを忘れない。戦争が終わってから20年以上経ち、時代と共に変わっていく街。人々の優しさに包まれ、大人に反感を覚えながら、少年は少しずつ大人になっていく。
かっこいい青春というのは、きっとこういう事を指すのだろう。舞台となった時代から30年以上経った今でも、眩く映る。それから世の中は随分と便利になった。けれども、便利さと豊かさとは違うのだ。霞町と呼ばれていた場所は、自分の職場から近い。今そこを訪れても、本に書かれているような光景は見られない。それでも映像を頭に思い浮かべると、懐かしい気分になる。自分もその時代を共に過ごしたような、そんな気分に。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 読み始めながら、村上春樹の処女作「風の歌を聴け」に雰囲気が似ていると思いました。村上春樹が、1949年生まれ、浅田次郎が1951年生まれで世代的にも重なっています。お互いに乾いた文体で書かれていますが、浅田次郎の方は現在の容貌を知っておりやエッセイを先に読んでしまったので、イマイチこの本の世界観に入り込めませんでした。ただ、写真館の祖父、深川鉄火芸者だった祖母の描写は鮮烈で印象に残りました。

 高度経済成長期のモラトリアム、有産階級での青春の一コマといったところでしょうか。個人的には、浅田次郎と自分とはまったく違う性格や生い立ち、ギャンブル好きなどが面白くて、エッセイは全部制覇したいと思っています。一方、村上春樹は、文体がお洒落でマラソンや水泳が日課とストイックな性格と大分違いますが、両方共好きな作家です。村上春樹も最近は小説よりもエッセイの方が好きです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
バブル期や、高度経済成長手前の東京を舞台にした映画が作られているが、
この霞町物語も、昭和のある時期の東京の匂い(私自身は見たことも無いのに)を
リアルに、そして美しく描いている。
今で言う西麻布あたりの写真館の息子が主人公。高校生なんだけど、
ディスコに通い、カッコいい車やカワイイ女の子を追いかけてふらふらしてる。
そんな刹那的な青春をすごしながら、カメラマンの祖父や父が映し出す
東京の風景や、粋を知っている祖母に愛され、幸せに暮らしていた主人公。

「霞町」の地名とともに、当時の東京にあって今はもはや喪われている人や物を
優しく美しく哀切に描いた連作短編集。コミカルな人情物や壮大な歴史物が
多い浅田作品の中では異色かもしれないけど、傑作。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー