¥ 972
通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
電通と博報堂は何をしているのか (星海社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

電通と博報堂は何をしているのか (星海社新書) 新書 – 2017/3/25

5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2017/3/25
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 577

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 電通と博報堂は何をしているのか (星海社新書)
  • +
  • 広告業界という無法地帯へ
  • +
  • 電通の深層
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 124pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

彼らは単なるモーレツサラリーマンであり、社畜である。
五輪エンブレム騒動、若手女子社員過労自殺……。いま、広告代理店に逆風が吹いている。ネット上には、「パワハラ・セクハラは日常茶飯事」「社員はコネ入社で使えない人間ばかり」など、虚実入り交じった悪評が連日書き込まれている。なぜ電通・博報堂はこんなにも嫌われているのか。それは彼らが高利益をあげ、高い給料を得ている(とされている)にもかかわらず「何をしているかわからない」からである。長らく広告業界は、敢えて自分たちの仕事内容を開示せず、クライアントとの情報の非対称を利用して仕事を進めてきた。そのツケがいま、きている。本書は、博報堂出身の筆者がおくる真実の会社案内であり、業界案内である。


【目次】
はじめに
「広告代理店社員」とは誰か
「電通陰謀論」一覧
サッカー日本代表のスタメンは電通が決めている?

第1章 超長時間労働を生み出す業界構造
箝口令「絶対に私の身元がバレないようにしてください」
『気まぐれコンセプト』の世界は本当か?
会議は続くよいつまでも
広告業界「トホホ」エピソード集

第2章 「パクリ疑惑と過労問題」広告業界に落ちた二つの爆弾
電通社員からみた博報堂
「融通」を自分できかせるしかないデジタルの仕事
あっぱれ! 電通流テレビ局食い込み術
私大出身者VS国立大出身者

第3章 「忠義」の電通、「ビジネス」の博報堂
こんなにある! 電通と博報堂の違い
中堅広告代理店社員の思い
電通に転職するには……
大手広告代理店を抜ける人たち

第4章 広告都市伝説の真偽
「全裸でコンドームを買ってこい!」と言われた新入社員
選挙にも広告代理店は絡んでいる
人気があるから「CMキング・クイーン」になるわけではない
炎上にビビりまくるクライアント

内容(「BOOK」データベースより)

五輪エンブレム騒動、若手女子社員過労自殺…。いま、広告代理店に逆風が吹いている。ネット上には、「パワハラ・セクハラは日常茶飯事」「社員はコネ入社で使えない人間ばかり」など、虚実入り交じった悪評が連日書き込まれている。なぜ電通・博報堂はこんなにも嫌われているのか。それは彼らが高利益をあげ、高い給料を得ている(とされている)にもかかわらず「何をしているかわからない」からである。長らく広告業界は、敢えて自分たちの仕事内容を開示せず、クライアントとの情報の非対称を利用して仕事を進めてきた。そのツケがいま、きている。本書は、博報堂出身の筆者がおくる真実の会社案内であり、業界案内である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061386085
  • ISBN-13: 978-4061386082
  • 発売日: 2017/3/25
  • 梱包サイズ: 17.5 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,520位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
タイトル通り、電通と博報堂が何をしているかを知りたくて読みました。五輪エンブレム騒動の解釈など一部新しい視点は得られましたが、新書とは思えないほど下世話なネタばかりで、低俗なウェブ記事を読んでいるような気になりました。広告業界の関係者なら色々と得るものもあるのかもしれませんが、そうでなければこれを読んでも電通と博報堂が何をしているのかはよく分からないと思います。これくらいなら著者も推薦している『電通とFIFA』の方がよほど電通のフィクサーぶりなどを学べます。著者は元博報堂社員だそうですが、かなり以前に4年ほどいただけですので、今の現状をどこまで知っているのかは疑問です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
同じエピソードの繰り返しが多いこと。
筆者は博報堂に4年間勤めたようだが、たった4年間で電通と博報堂が何をしているのか、深いところまで理解しているのだろうか。

ざっと読んだだけでは、結局何が言いたいのかいまいちわからなかった。かといってもう一度じっくり読み直す気も起きない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
元博報堂社員が広告業界の実情について実体験や現役社員のインタビューに基づいて書いた本。

小中学生には全く知られておらず、ほとんどの高校生もよく知らないであろうが、大学生になり、就職活動行うようになると、突如超一流企業として目の前に現れる電通と博報堂。なんとなくは想像できるが、正確にはよくわからない、両社ががやっている仕事内容について、知ることができそうだと期待して本書を手に取った。

ブログ記事を再編集したからなのか、全体の構成があまり考え抜かれていない印象で、同じようなエピソードの繰り返しも多い。2社を持ち上げたいのか、落としたいのか、全体として、筆者が何を言いたいのかがわかりにくい。しかし、豊富に挙げられるエピソードで、電通と博報堂の空気感のようなものはなんとなく知ることができた。例えば、「電通は営業、博報堂はクリエイターがえらい」とか、「上命下達の電通、個性重視の博報堂」など、業界では常識のようだが、世の中では知られていないのではないか。また、両社の関係は、他の業界でもナンバーワン企業とナンバーツー企業に当てはまりそうで面白い。

また、筆者が指摘する問題点、「クライアントが神様、無茶な要求にもノーと言えない体質」、「深夜、長時間の会議がデキる人間の証し」、「外資系企業であれば正当なフィーを請求する仕事をサービスで
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告