電車男 スタンダード・エディション [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,120
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 平塚社中
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

電車男 スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 2.7 111件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,120 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,984 (73%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ベストwebショップが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 電車男 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 電車男 スペシャル・エディション [DVD]
総額: ¥2,657
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 山田孝之, 村上正典, 中谷美紀, 国仲涼子, 瑛太
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2005/12/09
  • 時間: 101 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 111件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BDG2JO
  • JAN: 4988104033369
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 12,783位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   女性に全く縁がなかったおたく男=電車男(山田孝之)は、電車の中で酔っ払いに絡まれた女性(中谷美紀)を助け、それがキッカケで彼女に恋を。それをインターネットの掲示板サイトに書き込んだところ、そのネットユーザー達から熱い応援を受けることに。はたして電車男は恋を成就できるのか!?
   原作はおたく世代のリアルなラブストーリーとして楽しめたが、映画は少しそのリアルさに欠ける部分がある。例えば山田孝之のダサいおたく男の容貌は、旧世代おたくすぎてまるでマンガのようだし、服を脱ぎ捨てて走るなど、大げさすぎる演出も時には興ざめになる。でもそれを上回る感動があるのだ。絵文字の使い方もユニークだし、電車男を支えるネットユーザー達のエピソードも共感してしまうようなものばかり。観て損のないハートフルな作品だ。(横森文)

内容(「Oricon」データベースより)

電車内で暴れる男から若い女性を助けたヲタクの青年が、ネット掲示板の仲間たちの助言やアドバイスに助けられ、彼女をデートに誘う物語を描いたラブストーリー作品。山田孝之、中谷美紀ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 shearer9 投稿日 2007/1/31
Amazonで購入
ドラマ版は住人さんが沢山出演し、本来の濃さもでていて、若干忙しい話に感じましたね。映画版の電車男は、かなり詰め込んだはずなのですが、大分スローな展開、ゆったりとした話に感じました。
電車男のあるべき形はドラマ版なのかもしれませんが、私は全体的に柔らかな印象の映画版のほうが合っていました。
音楽もやはりゆったりした雰囲気を醸し出す、こちらのほうが好きです。

騒々しく、より電車男らしい電車男ならドラマを。
柔らかで、静かなラブストーリーなら映画を、といったところでしょうか。
女性のほうが受けが良いかもしれませんね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 LITTY 投稿日 2006/9/17
よかったです。
話題になっていたのは知っていましたが、原作も読んでないしドラマも見ていませんでした。
オタクという役に関して言えば、ドラマの伊藤淳史君の方がハマリ役なのではないかと思います。(失礼?)

ストーリーは余計な前置きもなく始まってサクサクと進んでいき、最後まで飽きることなく楽しめました。
全体的にほのぼのした雰囲気で、電車男とエルメスさんのやりとりはとても微笑ましく、2人の進展を素直に応援したくなりました。
オタクと美女という、なさそうだけどあったら面白いな、と思える素敵な恋物語だと思います。

ただ、現実的な話ではないというのも率直な感想でした。
最初に電車男が酔っ払いに立ち向かっていこうとしたのはとても立派ですが、中谷さん演じるエルメスさんは美人で優しくて好意的すぎて、電車男からすればその後のお膳立てが揃いすぎているような気がします。
脈ありな態度の人にアタックするのはそれほど勇気のいることとは思わないし、こんなに出来すぎた女性もそういるものではありません。
電車男もオタクとはいえ、とても素直で優しくて天然で可愛らしく、あえて問題があるとすれば最初の格好だけだったのではないかと思います。
こんなに出来のいい男性も(オタクに限らず)そういないでしょう
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
私は、電車男の原作は読まず、ドラマを先に見ました。コミカルなドラマ版も好きですが、ほんわかした優しい映画のほうが何度も見ています。 現実離れしててもいいんです、映画ですから。 恋をする、気持ちを伝えるってこんなに、大変で、辛くて、切なくて、優しいものなんだなあとあったかくなりました。ぜひ、恋愛慣れした人に見てもらいたいです。 山田孝之が、オタクしゃべりもしないし、 ただの心優しい、素直な好青年ですが、 変身前の外見は確かにキモイ。 こんなオタクは、 なかなかいないと思いますが映画だから、いいんですよ。 エルメスも、あれで良いです。 レンタル何回もしていたので、ついに買いました♡
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
ドラマの電車男があまりにも面白かったため、原作の本を読みました。原作を読んで感じたのは、ドラマはストーリーを盛り上げるためにかなり肉付けされていると思いました。

このDVDを見た感想は、より原作に近いのではと感じました。ストーリーの流れも淡々としていて、わざとらしさがありません。配役も私としてはOKです。また、電車男とエルメスの恋愛の進行も良かったですが、電車男を応援していた家庭内別居中の夫婦に共通の話題が見つかり、二人の関係が良くなったところがグっときました。

映画版には、ドラマに出てきた電車男のヲタク友達や桜井のような盛り上げ役がいません。もし、原作を読まずにドラマの面白さを期待して映画版を見るならがっかりするかも知れません。

原作を読んだ後にこの映画版を見るなら◎でしょう。

しかし、個人的にあまり心に残るような映画でないため星4つとします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 トノキングヘッズ VINE メンバー 投稿日 2008/2/6
映画全体のでき、スタイルはともかくとして、こういう純愛ものは内向きオタクな主人公だから成り立つ、という感想だ。

主人公は、オタクという先入観とか誤解されて認知されたイメージに隠されていた重要なファクターを思い出させた青年だ。つまりよくも悪くも子供の「ピュア」な資質を持ち続けているということ。それであるからこそ、この純愛映画が成立するのだ。

ネットの顔も知らない仲間、ある意味では、しょっちゅう会って相談などできるというような、ありもしない現実より密接な応援とアドバイスに囲まれ、最後のハッピーエンドに向かってのマラソンである。
途中までは緻密に用意したマニュアルの中でかえって道を迷い、パニクリまくりながら。お話だからなあ、と大目に見たくなるほど物わかりもよくて、優しくもある素敵な女性にフォローすらされながらだが。

それでも電車男のいちばん愛しくて、切実にぼくらに響くのは、その途上ですっかり自信を失った自分をさらけ出す場面だ。

「人を好きになるのは苦しいです」「いつか、必ずダメになるんだろうと思っていた」
恋愛は電車男にとっては免疫のないものだった。むしろ生涯、自分に縁のあるものか疑わしいものだった。それでも仕方ないと思っていた。
縁がないということは、ある意味では無事に
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。iphone5 フィルム