電脳コイル 第1巻 通常版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,739
1pt
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ★メディアSTORE★【迅速・丁寧・毎日発送致します】
カートに入れる
¥ 1,750
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: S&G STORE
カートに入れる
¥ 1,750
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ◆UNV-Media OUTLET◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

電脳コイル 第1巻 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,940
価格: ¥ 1,739 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,201 (41%)
ポイント: 1pt  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、どんぐりいりこ堂 迅速発送が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 電脳コイル 第1巻 通常版 [DVD]
  • +
  • 電脳コイル 第2巻 通常版 [DVD]
  • +
  • 電脳コイル 第3巻 通常版 [DVD]
総額: ¥6,294
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 折笠富美子, 桑島法子, 矢島晶子
  • 監督: 磯光雄
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2007/09/25
  • 時間: 50 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000RO8P4W
  • JAN: 4934569630377
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 124,518位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

時は202X年!舞台はフシギ都市大黒市!
ヤサコとイサコの一夏の冒険が、DVDでリリース開始!!

初回封入特典 「コイルのおまけ」携帯ストラップつき

毎回封入特典 メタタグカード

【2話収録】
■第1話「メガネの子供たち」
電脳アイテムを表示する“電脳メガネ”が人気のちょっと未来。地方都市・大黒市に引っ越してきたヤサコと妹の京子、電脳ペットのデンスケは奇妙な騒動に遭遇。なんとデンスケが謎の電脳生物に襲われ、壁の中の謎の空間に消えてしまった!
■第2話「コイル電脳探偵局」
電脳マシーン・サッチーの攻撃をかいくぐり、デンスケ救出に成功したヤサコ。そして電脳探偵フミエ。だが、デンスケは謎の電脳ウィルス“イリーガル”に感染していた!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ラーゼフォン』で才能の片鱗を見せた磯光雄が原作・監督・脚本を手掛けたSFアニメ第1巻。電脳アイテムを表示する“電脳メガネ”が人気の202X年。大黒市に引っ越して来たヤサコたちは奇妙な騒動に遭遇する。第1話「メガネの子供たち」と第2話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

最近は暗くて重かったり、到底子どもには見せられないシーンが満載のアニメが多い中、これは大当たりですね。うちの子(小4、小2)も喜んで見ていました。何よりも親が安心して子どもに見せられるアニメです。実にほのぼのしています。設定の深さから大人も十分に入り込めるし、楽しめます。今後もこのようなアニメがドシドシ製作されることを願ってやみません。変に女性の露出度の高いアニメはもうこりごりです。

ということで、題名のまんまです。ブルーレイはいつ発売されるんですか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 業界内のうわさでは、この作品の小芝居の豪華さには目を見張るものがあるそうです。
 キャラが動く動く。あっちこっちと走り回り、前のめりに体勢を崩しながらかけ出て、全速力でこちら側に走りこんでいく、両手をいっぱいに広げて物をつかんだり、大きく振りかぶって何かを投げたり。アニメでキャラを動かすときに一番大変で、一番評価されない動き。日常生活の何気ない動き。これがこの作品の最重要点“なにげなさ”を支えている。日々の生活で自然に現れるアイコン、「お年玉換算」みたくSFとは程遠い小学生くささ、でもそんなことよりもキャラの演技に見られるこの“なにげなさ”が電脳世界と日常世界を結びつける重要なファクターになってる。でもこの“なにげなさ”をアニメで表現するのはすさまじく難しいもんだ。モーションキャプチャーなんて安直で陳腐なやり方ではどうやっても表現できない、リアルではなくリアリティーの世界の創造。
 この作品を現実と電脳世界、つまりはまぁ、フィクションの世界をうまく日常と融合させてる、ってのがこの作品のよくある評価だと思う。ボクもそう思いはする。でも、この世界で表現されてる日常っていうのは、“本物”の日常ではないんだよね。それはアニメなフィルターを通じて表現される本物なのさ。アニメと実写は根本的に違う。実写は本物を目指すのに対して、アニメは本物っぽさを目指すもんさ。そこがかえっ
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
うわさにはかねがね聞いていましたが、これまでにない新しい物語だと思います。アニメとしては動くしノイズも効果ももの凄い書き込みで、これでもかというビジュアルのオンパレード。2008年「BSアニメ夜話」で取り上げられていましたが、「電脳コイル」は妖怪ものだという解説が引っかかりました。というか得心がいったといいましょうか。

土着の風習というのがあります。例えば村はずれに草鞋(わらじ)をかけて疫病を連れてくる死神を追い返す、とか神様のいることをあらわす屏息とか、お祭りの飾りや行事など風習というのは言われは解らないけど、「あるもの」として捉えています。メガネの世界のルールを見ていると、そうした土着の風習と地続きな気がしていました。メタタグなんてお札ですよね。

こどもたちはそんなメガネの世界を能動的に使いこなしています。昔は自然の中で夢中で遊んで虫やハナ、鳥、魚と遊んだなぁという方もあれば、ビルの林立する都会の街角でも、子供の体と目線の先には遊び場が何となしにあって、気がつけば子供達の声が聞こえてきます。田舎の街角も都会の街角も好奇心いっぱいの子供達にとっては同じ遊び場。大黒市、ここはちょい未来の不思議が潜むふしぎな町。

メガネが流行り夢中になる要素はいっぱいだけど、興味を惹くのは「妖しい」もの。森羅万象は世の常ながら、ヤサコ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 作品は一級品なのに、視聴率、商業的には失敗した典型作品。
NHK教育で毎週土曜夕方に放送されていましたが、あまりTVアニメ
をみないのですが、その斬新な設定とクォリティーに見入って
しまいました。
 しかし、まだ拡張現実(AR)という言葉も聞かれない時代に
ほとんど説明も無く、専門用語連発で話が進んでいくので、
ついていけない人には、ほとんど理解できなかったのが、商業的
に失敗した原因だと思います。
 でも、この作品10〜20年後すると、かなりの高評価を受けると
感じます。何か未来のテクノロジーを言い当てていて、将来の
コンピューターはこんな感じになるんだろうなぁと、大人が見ても
納得する説得力があります。
 後、5年遅くこの作品が発表されていたら、それなりに成功した
のではないかと思わせる隠れた傑作です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す