Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 508

¥ 161の割引 (24%)

(税込)
ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[片山憲太郎]の電波的な彼女 ~幸福ゲーム~ (集英社スーパーダッシュ文庫)
Kindle App Ad

電波的な彼女 ~幸福ゲーム~ (集英社スーパーダッシュ文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 電波的な彼女(集英社スーパーダッシュ文庫)の3の第3巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 508
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669 ¥ 1
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

無差別イジメに巻き込まれたジュウ。次第にエスカレートしていく嫌がらせに苛立ちが募(つの)るなか、雨(あめ)の妹・光(ひかる)も被害に遭っていると知り、ジュウはついに犯人捜しを始める。雨たちの協力を得ながら突き止めたのは、ある奇妙な集団。その集団を統(す)べる不可解な行動理念に翻弄(ほんろう)され、ジュウは絶体絶命の危機に…!? 人間の弱さが引き起こす、電波系サスペンス!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1383 KB
  • 紙の本の長さ: 221 ページ
  • 出版社: 集英社 (2005/7/22)
  • 販売: 株式会社 集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00DFT7AHY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 69,307位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
あいかわらずお気に入りな一冊です。今回は前作の愚か者の選択に比べるとやや意外性がなかった分残念な点もありますがそれでも面白いのが流石です。
執拗に幸福を追い求める人々の姿にちょっと恐くなりました。
ちょっと分厚めのこのシリーズですが一気に読めてしまうしオススメです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
正直のところ、この作者のことをよく知らなくて
ブックオフの100円コーナーで適当に大量買いした中に
一作目がたまたま混じってたんです。一読、来ました。
詠み終わって、あわてて二作目を本屋を回って買って読んで
三冊目は本屋にもなかったので、アマゾンで注文しました。

内容はホラー混じってて、「ひぐらしの鳴くころに」を
初めてプレーした時のような……うまく説明できませんが
とにかく、先を楽しみに待つような本は久しぶりです。
あまり人気のない文庫の本だし
この作品が埋もれているとしたら惜しい。
だまされたと思って、読んでみてほしいです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今回のお話はジュウが電車で痴漢扱いをされ、それを通りかかった光が助けるというシーンから始まります。

ツイてない(?)ジュウの日常のひと騒動かと思いきや、今回の”幸福ゲーム”とされる事件の重要部分に関わってきます。

今回の事件は、ジュウの学校や他の学校でも生徒たちにいじめまがいのいやがらせが多発するというもので、ジュウにも被害が及びます。

今回は割と光に焦点を当てているので、光が結構出て、恋愛話にも触れます。

雨は相変わらずの冷静さで事件の本質にせまりますし、終盤ではジュウの男らしい場面が見れます。

残念ながら続きがなかなか出ないということですが、またジュウと雨の二人に会いたいなと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ライトノベルにありがちなクドさや臭みが文章に無く、話自体も分かりやすく、とても読みやすいです。
これぞまさにライトノベルですね、読後感も良好で、楽しく読めました。

勧善懲悪とはいかないストーリーで、社会風刺的な作風な中、無知で体力バカと賢明な人が組み犯人を追いつめて行く様子は、読んでいてTVドラマの相棒を思い出しました。
暗澹と爽快が入り混じった読後感も相棒のそれ。
ライトノベル的な設定を除いて実写化しても遜色ないんじゃないか?と思ったりします。

作者が一般文芸で活躍しているといいなあ・・・(遠い目
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover