中古品
¥ 799
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【年中無休!迅速、丁寧に発送いたします。】2011年3月14日初版発行。帯なし。カバー、表紙にキズ、スレ、ヨレあります。裁断面、ページに日焼け、キズ、汚れあります。本文概ね良好です。丁重梱包、迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

電波オデッセイ(1) (fukkan.com) コミック – 2011/2/28

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 799

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 262ページ
  • 出版社: 復刊ドットコム (2011/2/28)
  • ISBN-10: 4835445805
  • ISBN-13: 978-4835445809
  • 発売日: 2011/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
今から○年前のまだ若く悩める乙女だった私は
この作品で救われました。
本当に大切な大切な一冊です。

今でも読むと涙が止まりません。
私にもあなたにもきっとオデッセイがいてくれる。
そう信じます。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 がい トップ1000レビュアー 投稿日 2011/3/18
形式: コミック Amazonで購入
ぼくが子供の頃は校内暴力が凄くて、
イジメどころか、図書室の本を勝手に
持ち出して川に投げ捨てたりする輩までいて、
中学校の図書室は閉鎖されていました。

で、つい先日、今は正常に運営されている
ことを知って、「電波」の旧版や「すげこま」を、
手塚先生や山田花子さんの本や浅野いにおさん
まぜて、寄贈して来ました!!

(近くの小さい図書館にも「電波」と「たまちゃん」
 を寄贈して来ました!!「火垂るの墓」といっしょに)

そしたらこの再刊のニュース!!!

オドロキました。手持ちの「電波」なくなって、
また古本屋かあ、と嘆いていた矢先だったのでよけい!!!

旧版と違い、ここには「ポイント」という
新しい要素、とてもさりげなく重要な要素が
加味されています。

だから是非、旧版持ってても買って読んでみて
ください!!

この本は、ほんともう、学校の図書室・保健所の相談員さんの
部屋に常備しておくべき名作だと思います。

ナガノ者!ファイト!オー!!ファイトォ!!!
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
生き辛さを抱えた現代の若者の心に寄り添い、そっと優しい手を差し伸べ、絶望・孤独の淵に吸い込まれそうになった彼らの魂を抱きしめて、闇に吸い込まれないように力強く「しあわせ」のあるほうへ引っ張り込むかのような、傑作です。

これを読めば、教室で1人で居ることも、1人でランチを食べることも怖くない・悪くない、「便所飯」なんて馬鹿らしいやい!・・・と思えるようになるのではないでしょうか。

主人公の原さんにしか見えない、彼女を支え見護る存在・オデッセイ。それは幻聴なのか、幻覚なのか。
精神病の方が実際に遭遇する幻聴や幻覚は、きっと本人を傷つけているケースが多いと思います(幻聴や幻覚の相手が自分の悪口を言ってきたりとか、被害妄想とか)。
でも、オデッセイは、その真逆の存在。
オデッセイは、神や天使の化身なのだろうか。
現実のメンターに恵まれてこなかった原さんへ、神様が遣わした・・・

【初めて読まれる方へ】
尾木ママ推薦の書ということで、初めて読まれる方も結構いらっしゃるかもしれません。
独特なセリフ回し、現実と妄想の区切りが曖昧なシーン、これでもかと書き込まれる手書き文字など、「読みにくい」と感じる箇所もあるかもしれませんが、活字の部分に核心がさりげなく、ときに「これでも
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック