新品:
¥2,640
ポイント: 26pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送 5月 20-22日詳細を見る
残り1点 ご注文はお早めに
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
書籍直送サービス
販売元
出荷元
書籍直送サービス
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

電気化学の原点 単行本 – 2006/11/1

5つ星のうち1.0 1個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥2,640
¥2,640 ¥2,561

購入を強化する

商品の説明

著者について

 本書は筆者が企業で電気化学を使う研究開発の中で観察した現象
や疑問に基づいて電気化学とは何かを再構築したものである。その結果、電
気化学において拡散過程及び熱力学と時間の関係を基底にすることで多くの電
気化学現象をきれいに説明することができた。
 本来なら学会誌に投稿すべきであるが、電気化学の重要な要素が相互に関連し
て切り離すことができず体系全体に及んだため本書をなすことになった。現研究
者・開発担当者は従来の電気化学の概念に慣れているので抵抗があるでしょう。
例えば電極反応一つ取り上げても「本書の電極反応は違う」と言われる方が
8割以上と思います。若い研究者の方には現状の理論を鵜呑みにすることなく疑
問を持ち、電気化学をより正確に理解していただくように期待しています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

飯田/隆夫
1968年、東京農工大学工学部工業化学科卒業。1973年、東京工業大学大学院理工学研究科修了、理学博士。日本メクトロン株式会社、小野田セメント株式会社(現、太平洋セメント株式会社)、ダイキン工業株式会社を経て、現在、霞化学研究所所長。有機合成化学、電気化学、フッ素化学を専門領域とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ メタブレーン (2006/11/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2006/11/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 181ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4944098820
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4944098828
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち1.0 1個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち1.0
星5つ中の1
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
100%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2011年8月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する