• ポイント: 48pt (4%)
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
電子黒板亡国論:ICTで頭が、よくなる? バカにな... がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

電子黒板亡国論:ICTで頭が、よくなる? バカになる? 単行本 – 2017/4/24


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 100

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1212」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

電子黒板やデジタル教科書は教師や生徒をどう変えていくのか?
私塾の視線で斬る近未来教育論。


2010年に総務省の肝煎りで始まった「フューチャースクール推進事業」。
翌年には文科省が「学びのイノベーション事業」を開始した。
各教室への電子黒板の配備と、各生徒へのデジタル教科書(タブレットPC)の配布が決定し、
チョークによる板書と鉛筆による書き取りからの劇的な改編は、
学校教育に何をもたらすのか?

京都で私塾を営む教育社会学者が、学びの本質にせまりながら、
近未来の学校社会を占う、刺激的な教育論。


★本書の目次より(小見出し抜粋集)
□はじめに
老舗チョークメーカーの廃業/教育を受ける人、作る人/
塾講師にも何か言わせろ/メディアで人はバカになるのか

■1章 未来の学校の夢―黒板が変われば教育が変わる
ロボット工学者のデジタル教育批判/デジタル逆上がり指導/
デジタル教科書はなくてもいい?/パソコン+大画面テレビ=電子黒板/
やっぱりしんどい? 学校教員/学校の方針差がまだ大きい/
デジタルネイティブ、おそるべし/電子黒板は集合授業に

■2章 タブレット教科書は「アクティブ」か―「学び」の場、「教え」の技術
次世代教育のカタチ/国際的な学力を測るPISAとTIMSS/
ゆとりの弊害/求められる「問題解決型」学力/
恐怖のアクティブ・ラーニング/主体的学習×デジタル技術/
「ICT先進自治体」の冒険/大炎上のデジタル教科書導入劇/
「教室」という情報媒体/結局、何に使うのか

■3章 ゲーム教育の可能性―「遊び」と「学び」がひとつになる
《信長の野望》で日本史に開眼/《三国志2》で広がる読書の世界/
ゲームやスマホは覚醒剤と同じ?/医学からの警句あれこれ/
ゲーム中毒治療法/「エビデンス」は信じるな/
ゲーム産業大国ニッポン/任天堂と私/
「一日1時間」の難しさ/娯楽は学びになり得るか

■4章 SNS化する社会―子どもも大人も、もういない
共感のうねり、ブロックの渦/「三年目の浮気」は歌謡曲/
若者はもういない/子どもももういない/大人ももういない/
融合する世代文化/趣味の政治家、政治の趣味化/
ソーシャルメディアは包丁である/ネット世界を「秘密基地」にしない

■5章 先生はもういらない―ひろがる「教えの場」
いつか先生もAIに/入試対策の機会平等/
低価格化するeラーニング/NPOの無料予備校/
教室=「教えの場」×「学びの場」/公教育廃止の理論/
「教育論=学校論」を超えて/教師たるもの五者たれ

■6章 新たな競争システムへ―高大接続改革のビッグデータ
教育はサービス業?/お客様は神様という誤解/
塾は床屋に似ている/定期テストを全国統一に/
「競争」は「平等」のたまもの/止まらない学歴インフレ/
高大接続改革で変わること/高校受験指導と偏差値の因縁

□おわりに
義務教育最後の瞬間に/ICT教具という消費財/
「教育=サービス」論の先にあるもの/学びが人をゆたかにする


内容(「BOOK」データベースより)

進化する情報通信技術(ICT)は、先生や生徒をどう変えていくのか。黒板やチョークなき「デジタル教科書」時代を生き抜くための耐性が身につく、活字ワクチン。塾講師の立場から放つ、ホンネの教育=(サービス)論です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 創元社 (2017/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4422370014
  • ISBN-13: 978-4422370019
  • 発売日: 2017/4/24
  • 梱包サイズ: 17.5 x 11.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 818,770位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう