Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 SOS1216 Amazon MasterCard nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 DIY・ガーデニング 大掃除特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

電子辞書の選び方・比較

電子辞書の購入時に役立つガイド。選びやすい目的別のモデル区分とブランド比較をご紹介。

電子辞書を選ぶポイント

目的と使用者の世代・所属をチェック

電子辞書には目的と使用者の世代・所属に応じてさまざまなモデルがあります。購入の際の参考として、[ 小学生 / 中学生 / 高校生 モデル / 単語帳 ] [ ビジネス / 第二外国語 / プロフェッショナル モデル ] [ 専門 / 生活・教養 モデル ] [ 海外旅行 / シンプル モデル / コンテンツカード ]に区分し、各モデルの概要と主な収録コンテンツを以下にまとめました。自分に合ったモデルをチェックしてみましょう。

モデル一覧表

ブランド比較表

電子辞書の2大ブランドであるカシオのEX-wordとシャープのBrainの違いを比較。それぞれの特長があるので、優先したい項目をチェックしてみましょう。

カシオ EX-word

英語力強化を重視しており、なかでも「スキット英会話トレーニング」や「英単語20万語ネイティブ発音」など、英会話力を鍛える学習機能がすぐれている。収録コンテンツは多彩で豊富。単3電池使用で、使用時間が長いのも強み。

シャープ Brain

画面がくるっと360度回るのでスマートフォン感覚で使用できる。音声入力ができ、専用ライブラリーから6万冊以上のコンテンツをダウンロードして利用できるのも特長。リチウムイオン充電池なので電池交換の手間が不要。