中古品
¥ 227
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に薄い汚れがあります。カバーに薄い汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

電子決済ビジネス 銀行を超えるサービスが出現する 単行本 – 2010/7/22

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 171

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社からのコメント

ネットショッピング、ケータイ関連ビジネス、コンビニ、スーパーなど、消費者と「お金」をやり取りする企業の関係者必読。クレジットカードやシステムインテグレーションにおけるビジネスチャンスも分かる。

内容(「BOOK」データベースより)

電子マネーで飲み会の精算、携帯電話からSNSで送金…資金決済法で変わる!ドコモ、楽天、Edy、セブン&アイ、米PayPalなど主要プレーヤーの動き、参入者の課題、電子マネーとポイントの基礎などを網羅。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2010/7/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822248151
  • ISBN-13: 978-4822248154
  • 発売日: 2010/7/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 308,245位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
「電子決済ビジネスが30年後にこうなる!」という本ではない。
現在展開されている、またはされようとしている電子決済サービスについて専門的に分析し、総合的にまとめた良書。
これから主流となる決済方式である電子決済の在り方をまとめただけでなく、ビジネスをしている人に向けてどのサービスが自社にとって最適なソリューションになるのかを判断する基準を指し示してくれるだろう。
ただし、読み物ではなく資料のような側面を持つので、電子決済に興味の無い人にとっては、つまらないと感じるかも知れない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
資金決済法の施行はネット業界では大きなニュースですね。

ネットでのビジネスは広く薄く課金するというモデルが馴染みやすく、海外では小額課金サービスとしてpaypalが幅をきかせています。しかし、日本では法律の壁で普及していませんでした。

資金決済法の施行で、ついにpaypalが本格参入してくるはずです。同時に、日本の企業もpaypalの好き放題にはさせないでしょう。

一方で、ユーザーに小額決済への抵抗が無くなってくれば、ネットビジネスの市場規模が一気に大きくなる可能性がありますね。

日本の小額決済サービスの覇権はいったい誰が握るのか?そして、ネットでサービスを展開している側はどうすれば課金サービスの激変についていけるのか?

本書には、そのヒントが散りばめられています。NRIの本なので、網羅的に書かれています。決済サービスの教科書として手元に置いておきたいと思っています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は、近年の「電子決済ビジネス」の全容と、銀行以外の事業体が資金決済市場へ参入する可能性について、
資金決済に係る法制度の変遷を踏まえながら解説した良書である。消費者の日常生活をイメージしながら専門
的知見を落としこんでいく解説方法は、読み手に負担を与えない実にニクイまとめ方だ。

現在、携帯電話各社の通話・通信サービスは消費者の日常ツールとなっている。ひと昔前まで、有線での通話・
通信事業を独占していたNTTは、その社会的使命のあり方、位置づけが問われるようになってしまった。かつて
孫正義は「NTT買収もあり得る」とコメントし物議をかもしたことがあったが、通信市場の勢力図を塗り替えかねな
いこのドタバタ劇は、対銀行にも起こりえるのだろうか。通信事業者が現在のメガバンクを買収し、情報ネット
ワークの一部とし、自社の資金決済機能を強化することも考えられる。資金決済市場へ参入を試みる企業は、本
書で慎重に扱われている「責任分解点」など、クリアしなければならない重要な課題は多いだろう。しかし、ポイ
ントプログラムと電子決済をうまく組み合わせ、また「消費者にとって利用しやすい」C t o Cの通信ネットワーク
を構築した企業は、今後、経済システムのビッグプレイヤーになることが予見される。本書は、近未来の産業政策
のあり方さえも考えさせる重要な書籍となるだろう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
総括的に記述されているので、何となく全体感を得る分にはあり。ただし、全くの初心者には用語の意味が分からず付いていけない部分もあるかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
解説、例が分かり易い。量的にも適当です。続編にも期待します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック