Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296
ポイント : 96pt (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ジョン・ロック]の電子書籍を無名でも100万部売る方法
Kindle App Ad

電子書籍を無名でも100万部売る方法 Kindle版

5つ星のうち 3.7 36件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 417

【50%OFF】Kindle旅行本フェア
対象の旅行関連本が50%OFF。GWに向けて春のお出かけに、Kindle版で手軽に持ち歩こう! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

特別な才能は必要ない。出版社を通す必要もない。「普通」のあなたが、ミリオンセラー作家になる方法!

著者のジョン・ロックは、インディーズ作家としてアマゾン・キンドルで初めて電子書籍100万部を売った男である。
もともと小説家ではないうえ、わずか2年でミリオンセラーを達成したことから世界的に注目されている。
本書は、執筆とマーケティングの両面からアプローチするが、肝となるのは、著者自身が数百万円をかけてトライ&エラーを繰り返し、ようやく辿りついた「マーケティングシステム」だ。
このシステムの応用が可能でということは、著者がキンドルのカテゴリーで最も売れていないジャンル「ウェスタン小説」でキンドルベストセラーリスト入りしたことによって、実証済みだ。
本というパッケージにして出すことによって「自分の思いを発信したい」「世の中に影響を与えたい」「生きた証、記録を残したい」と考えるすべての人に読んで欲しい一冊。

新しい時代の、誰にでもできる最強のセルフブランディング!

【主な内容】
PART1  キンドルで電子書籍を100万部売った男の物語
  ■インディーズ作家のリベンジ
  ■「新しい出版」のかたち
  ■最大の秘密
  ■本書のたった一つの目的
  ■よくある質問
PART2 成功の鍵
  ■電子書籍 成功の鍵
  ■あなたが勘違いしていること
  ■出版マーケティング 7つのウソ
  ■あなたは何をすべきか
PART3 電子書籍を自力で100万部売る方法
  ■ビジネスプランの概要
  ■本質は常にシンプル 
  ■人生を変えるブログの書き方

著者について

ジョン・ロック
アマゾン・キンドルベストセラー作家、実業家。
インディーズ作家として世界で初めて「アマゾン・キンドル総合ランキング」1位を
獲得、累計100万部以上の電子書籍を販売している。著書にミステリー小説のドノヴァ
ン・クリード(Donovan Creed)シリーズ、ウエスタン小説のエメット・ラブ
(Emmett Love)シリーズなどがあり、いずれも大ヒットを記録している。もともと
小説家ではないうえ、短期間でミリオンセラーを達成したことから世界的に注目され
ている。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 232 KB
  • 紙の本の長さ: 177 ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2012/12/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009SZ888Y
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 8,037位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
一気に読み終えた。文芸作品を除けば、個人的には久しぶりのヒット作である。

毎年毎年、「今年こそは電子書籍元年!」と言われながら、日本ではなかなか電子書籍は普及してこなかった。
ところが、アマゾン・キンドルの登場で、どうやら情勢はガラッと変わりそうである。

これまではコンテンツ不足が悩みの種だった電子書籍市場だが、ここへきて大手出版社も本腰を入れて参入をはじめたようだ。
アマゾン・キンドルのプラット・フォームを利用すれば、無名の個人でも作品を出版することができる。
これは一種の革命と言っていいだろう。

もちろん、どこの馬の骨ともわからぬ人間の書いた本など、誰も買わない。
そこでション・ロックの手法が生きてくる。
この本には、彼がとった手法が事細かに書かれている。
一部の人間にしか真似できない特殊な方法ではなく、誰にでもできるやり方を丁寧に教えてもらえる。

読みながら体が震えた。
「これなら俺にもできそうだ。少し出遅れたかもしれないが、キンドルがそれほど浸透していない今なら、まだ間に合うかもしれない」

ツイッターやブログはすでにやっていたが、私の使い方は根本的に間違っていた。
本書を読了した後、もう
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ひどい!

ボリューム少なすぎ。本当に無料レポートレベルでしょ。

twitterでファンの輪を作れとか。
当たり前のことばかりで金取れる水準に達してない。

自称”facebookマーケティングのスペシャリスト”小谷川さんが
関わっているというのを確認しなかった自分が悪い部分もあるが、
内容が薄いというのは確か。

いい評価をつけている人たちは金もらってるの?
これで感動するなら、他にもっといい本あるからそっちを読んでほしい。

アメリカでは$3.20で売ってるからこの内容でもいいかも知れないが
これで800円はボッタクリすぎ。

原書がここまで高い評価を受けているのは、
値段が安いからということを忘れてはいけない。

繰り返しますが、本当に無料レポートレベルです。
2 コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルはあざとい印象があり、ビジネス書籍でよくみかける煽り文言のようです。しかし、ジョン・ロックは実際に無名でありながら電子書籍の自著でミリオンセラーの偉業を成し遂げました。

この本は電子書籍を売る実践的な手法にフォーカスして、彼が経験から導き出したノウハウが惜しげもなく紹介されています。無駄な内容には一切ページが割かれていません。著者みずから述べているように、この本は読了後に閉じてしまうのではなく、彼の方法論を実践するためにあります。

とはいえ、ここに書かれていることの真髄がわかるひとは、ソーシャルメディアに親しんできた方、あるいはマーケティングを理解している方ではないでしょうか。彼は作家でありながら本職のビジネスでもでも成功した優れたマーケターです。これから電子書籍を書きたい、自分の著書で稼ぎたいと企てているライターや作家志望者はもちろん、コンテンツマーケティングやインバウンドマーケティングに携わるマーケターにもおすすめしたい一冊です。

ジョン・ロックは、自分自身の手法を確立するまでに、著作を売るためのマーケティング活動に膨大な時間と2万5000ドル(約200万円)以上のお金を無駄にしてきたそうです。彼が時間とお金をかけたけれど効果がなかった「出版マーケティング」は以下の7つです。

1.
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
まえがきはQ&Aになっていて、非常に面白い。(期待させるという意味で)
深夜の海外の通販番組の様で、楽しい。

こんな感じという例
「ほんとうにそんなことが可能なのかい?」
「あぁ、そんなのへっちゃらさ。こいつを使えばね!」

という感じで、読み進めると、
「おもしろいコンテンツを準備する」
といった、3段跳びのような要求が出てくる。

最終的には、必ず成功することを祈っている、ような感じで終わる。

これを読んだから、電子書籍が書けるとか売れる本ではなく、この作者が
「いかなる作戦をとって販売したか」
を知る書籍。

おおらかにみて電子書籍販売のアイデアと心構えを知る、という本なので、
本来のタイトルは

「書く能力はあったものの無名だった著者が、いかに電子書籍をたくさん売るようになったかの手順」

である。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover