通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
雷神〜Rising 高崎晃 自伝 (Guitar ... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆帯付き。初版。カバーにわずかなスレありますが、本文は書込み等なくとても綺麗な状態です。◆除菌クリーニング済みの商品をAmazon配送センターにて保管しております。◆Amazonが配送を代行いたしますので迅速・安全確実です!(お急ぎ便も選択可!)◆領収書が必要な方は、アマゾンサイト上で購入履歴をご確認頂き領収書をプリントアウトしてご利用下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

雷神〜Rising 高崎晃 自伝 (Guitar Magazine) 単行本(ソフトカバー) – 2015/12/10

5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,149

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 雷神〜Rising 高崎晃 自伝 (Guitar Magazine)
  • +
  • THUNDER IN THE EAST (リマスタリング) (初回盤)
総額: ¥8,213
ポイントの合計: 59pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

LOUDNESS 35周年スペシャル企画! 高崎晃の半生を語る初の自伝本

世界で最もその名が知られている日本人ロック・ギタリスト、高崎晃。BABYMETAL、きゃりーぱみゅぱみゅなどの海外進出が話題となっているが、今から30年前、1980年代に全米進出を果たしたこのバンドの成功がなければ現在のミュージック・シーンは変わっていたかもしれない。全米チャートTOP100入りを果たし、マジソン・スクエア・ガーデンのステージに立ち、数々の荒波を乗り越えながら現在も精力的に活動を続けているLOUDNESS。その伝説のロック・バンドを牽引してきたのがギタリスト高崎晃だ。

LOUDNESS結成35周年のこのタイミングで、高崎晃の初となる自伝本が登場する。学生時代より卓越したテクニックで注目を集め、10代でアイドル・バンドLAZYとしてデビュー、数々のヒットを飛ばしたあとLOUDNESSを結成、独自のヘヴィメタルを追求してアメリカに進出。ポール・ギルバート、デイヴ・ムステインを始め世界のトップ・ギタリストから今なお尊敬される最も有名な日本人ギタリスト、高崎晃の知られざる半生が初めて語られる!

【CONTENTS】
■天才ギター少年〜アイドル・バンドLAZYでデビュー
■LOUDNESS結成〜世界に通じるヘヴィメタルの創成
■80年代快進撃〜アメリカ進出の光と影
■2000年のオリジナルでの復活、樋口宗孝の意思
■ソロ活動、果てることのない創作欲
■再び世界に向けて動き出した現在の心境
■決定的瞬間! ライブ・フォト・アーカイブ
■秘蔵ビンテージから伝説の名器まで愛用ギター・コレクション

出版社からのコメント

●編集担当者よりひとこと
ラウドネスは2015年もヨーロッパ・ツアー、北米ツアーを大成功させました。この夏の日本でのラウド・パークはもとより、世界各国のロック・フェスで事件と言えるような熱狂的な盛り上がりを巻き起こしています。日本人アーティストで唯一と言える80年代の世界進出の金字塔が、クラシック・ロック・ムーブメントとともに再び強い熱を放ち始めているようです。

なぜ今ラウドネスが世界を熱狂させているのか。なぜ高崎晃はバンドを一度も解散させなかったのか。何度壁にぶち当たってもひたすらに突き進み、世界で闘い続けてきた男の半生は、ヘヴィ・メタル・ファンやギタリストだけでなく、多くの人の心に響くものだと思います。もう一度やってやるぜ! という思いを持っている人こそ、ぜひこの本を手にとってほしいです。(ギター・マガジン書籍編集部/鈴木伸明)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: リットーミュージック; 四六版 (2015/12/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845627175
  • ISBN-13: 978-4845627172
  • 発売日: 2015/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 196,878位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 椅子人間 殿堂入りレビュアートップ500レビュアー 投稿日 2015/12/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
約5~10年ほど前から80'sヘヴィメタルが"クラシック・ロック"と呼ばれ世界的に人気が再燃しており、LOUDNESSもその追い風を受ける形で、国内外で再び注目度が高まっています。THUNDER IN THE EAST・30周年記念Editionのドキュメンタリーへの大きな反響、日本人初のBURRN!誌の表紙などは、それを象徴する出来事といえるでしょう。

そしてこの自伝も発表と同時にかなりの反響があったそうですが、ほんの数年前、第5期後半辺りはメディア露出も減り、高崎晃の自伝まで出版される状況がやって来るなんて、正直思いもよらなかったです。こんな事ってあるんですね。しかしこの表紙、凄いインパクトだね~

本書は自伝といっても、高崎晃自らが執筆したわけではないです。彼が信頼を置く編集者/ライターの増田勇一氏が、(時には酒をくみかわしながら)高崎晃からインタビューして聞き取ったものを、1冊の本として構成したものとなっています。どんな事柄についても、非常に正直に、率直な言葉で語られています。

アイドルとしてデビューさせられたLAZY時代のエピソードや、メンバーチェンジ及び各メンバーについての発言などは、はっきりと語られるのは初めての事も多かったです。一番知りたかったアメリカ時代の話が少ないのは残念だけど、ファ
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
期待していただけに内容がイマイチでした。価格のわりにページ数が少ないです。過去の話題は昔からのファンなら知っている内容が多いし、メンバーチェンジに関する内容もサラッとしたものでした。

ライターの方がタッカンとのインタビューにより書き起こした自伝ですので二井原実の「ロックンロールジプシー」と比べるのは間違いだとは思いますがそちらが面白かっただけに残念です。

評価出来るとしたら、これからも世界でロックする!と言う前向きな発言と実行。これからの活動についての発言は良かったと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
多くのレビューで書かれているように、さらっと読める文量ではあります。
が、ギタリストを志してからデビュー、そして今までの活動、今後への思いなんかもスムーズに読めるようにまとめられていて、35周年イヤーという時期だからこそ、新しいファンにも受け入れられやすい濃度に調整されていたようにも感じました。
知っていたことも知らなかったことも、通して読んでみて、あらためて面白かったし、高崎晃はやはり稀有な人だと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
薄くて字がデカい、そこらのタレント本みたいな本の体裁で、
ハードカバーでもないのに1,800円(税抜き)って。
圧縮すれば新書でも紙が余るだろうて………
近頃のラウドネスは商売ッケばっかですなあ。
古参だけでなく、若い人も取り込みたいみたいな話も出てくるけど、こういうビジネスしてちゃそうならんでしょ。

ともかく、本書で良かったのは…
●ソロ作『氣』~『HEAVY METAL HIPPIES』当時の、激動の心模様を窺えたところ。
●誤字脱字の類がなさげで校正がしっかりしている

どうかなーと思ったのは…
●プロジェクトのJI-ZO及び自主レーベルHEMP(大麻!)に全く触れられていないのは不可解。 
 ロックとドラッグ・カルチャーの結びつきに関し、どう考えているのか知りたかったけど。
 同時期にジャスミンなんとかいう女性シンガーも売りだそうとしてたような…
●せっかくのボウズ時期なのに、帽子を被っている写真を選んでいるが、他に写真なかったのか?
●TAIJIの紹介の占い師だかに、シヴァ神の生まれ変わりだと言われた…みたいな話を当時していたと思ったけど、それもなし。
●第3期の記述で、ぼかしている部分があるが、そこが引っ掛かり
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
高崎晃はIron MaidenやDef Leppardと同じ時期に出てきたアーティストですよ。
その方の「自伝」と呼ぶなら薄すぎやしないか!?
Iron Maiden(or Def Leppard)の自伝が出たとして、ファンがこのボリュームで満足できますか?
最低、倍は欲しいです。
これはファン向けではあるだろうけど、
ファンから見ると上辺をなぞったダイジェストにしか見えない。
インタビュー形式で語るというのなら、もっともっと深く掘って欲しかったというのが本心です。
最近出たJeff Beckの自伝と比べると、内容もボリュームも浅いと言わざる終えない。
日本を代表する偉大なギタリストですよ! 500ページで完全版をお願いします。
アメリカを駆け抜けた「Thunder In The East」頃の話が13Pなんて哀しすぎるよ…。
もし「多くの人に手にとってもらいたいからこの薄さにした」というのなら、
値段が結構してますよね。
この矛盾をもっと出版社は自覚して欲しい。
期待が大きかっただけに…残念だ。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック