通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス) 新書 – 2010/3/25

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,026
¥ 1,026 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)
  • +
  • 零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社ノベルス)
  • +
  • 零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 (講談社ノベルス)
総額: ¥3,175
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「零崎一賊」――それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。
汀目俊希として中学校に通う零崎人識の下に、彼の友人を名乗る人物が現れた。“殺し名”序列一位、匂宮雑伎団の次期エース、匂宮出夢である。その口から発せられた『お願い』とは……!?

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

西尾/維新
1981年生まれ。2002年、『クビキリサイクル』にて第23回メフィスト賞を受賞してデビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061826794
  • ISBN-13: 978-4061826793
  • 発売日: 2010/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 405,710位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
『人間シリーズ』完結編四部作の1冊で,『メフィスト』の2008年9月号に掲載の作品.
時系列としては『戯言シリーズ』のおよそ5年前,主人公が中学生の頃となっています.
この作品での事が他でもたびたび語られるなど,四部作の中でも重要な作品のようです.

同時刊行された4作の中では最もわかやすく二人の『人間関係』が語られているようで,
相手側の目線を中心に葛藤や心のぶれを描く事で,主人公との関係が語られていきます.

序盤は比較的明るめ,二人のやり取りは憎まれ口を叩きながらもどこか楽しげに映り,
他にも『戯言シリーズ』では触れられていない事がチラリと出てくるのは楽しみどころ.
また途中のバトルシーンもあまりダレず,こまめに場面を切り替える演出はテンポが良く,
中でも敗者が最期を迎えながらに思う場面は,三人称視点ならではの良さが感じられました.<
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
読み終えて.私は柄にもなく泣いてしまいました。
ひとことで言って.この物語はやっぱり『不幸せ』だと思ったからです。
露骨にネタバレになると困るので詳しくは書きませんが...
出夢くんの感情は.大半の方は予想通りかと思うのですが.私にとっては少し予想外でした。
でもそれだけに.あまりに不幸せだし.報われないふたりの関係をとても悲しく思いました。
けれど.これがいわゆるハッピーエンドなるもので終わっていたなら.私は星5つにはしていないと思います。
気持ちはとても複雑なのですが.不幸せだからこその綺麗な物語なのかなと思います。
皮肉なことです...

また.私はこの本の中で.出夢くんの『女の子らしさ』を見たような気がします^^
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
殺人鬼と殺し屋との関係はあってはいけないものだったのかもしれないです。
個人的には2人が大好きです。
だからこそいつまでも、≪共犯者≫で居て欲しかった。
殺人鬼と殺し屋だからこそ、≪共犯者≫では居られなかった。

殺し屋の気持ちが、殺人鬼に分かる日は
確実に来ないのだと思います。

この『関係』で良いのです。

ツライけどね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告