雲のむこう、約束の場所 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,000
通常配送無料 詳細
発売元: メディアショップ KONOMI 
カートに入れる
¥ 5,280
79pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: pyn堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

雲のむこう、約束の場所 [DVD]

5つ星のうち 3.9 197件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 5,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 76 (1%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、愛知屋書房が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 雲のむこう、約束の場所 [DVD]
  • +
  • 劇場アニメーション『言の葉の庭』 DVD
  • +
  • 秒速5センチメートル 通常版 [DVD]
総額: ¥9,618
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 吉岡秀隆, 萩原聖人, 南里侑香, 石塚運昇, 井上和彦
  • 監督: 新海誠
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: コミックス・ウェーブ・フィルム
  • 発売日 2005/02/17
  • 時間: 91 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 197件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000793FBK
  • JAN: 4560107150160
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 12,799位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

日本が南北に分断された、もうひとつの戦後の世界。米軍統治下の青森の少年・藤沢ヒロキと白川タクヤは、同級生の沢渡サユリに憧れていた。彼らの瞳が見つめる先は彼女と、津軽海峡を走る国境線の向こう側、ユニオン占領下の北海道に建設された謎の巨大な「塔」。いつか自分たちの力であの「塔」まで飛ぼうと、小型飛行機を組み立てる2人。ところが中学3年の夏、サユリは突然、東京に転校してしまう。うやむやのうちに飛行機作りも投げ出され、それぞれ別の道を歩き始めるのだが…。
2002年『ほしのこえ』で映像界に鮮烈なデビューを飾った新海誠監督の、初長編映像作品。

《原作・脚本・監督》 新海誠
《声の出演》 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 石塚運昇 井上和彦 水野理紗

Amazonレビュー


   自主制作のアニメーション『ほしのこえ』が大きな話題を呼び、一躍アニメ界の注目株となった新海誠が、満を持して発表した長編アニメーション第一作。日本が南北に分断されたもう一つの戦後の世界を舞台に、二人の少年の友情、そして“眠り続ける少女”との約束の顛末が描かれる。
   SF的世界観を背景としつつも、それを的確に提示すると言うよりは、その中で営まれる日常を思春期独特の感覚を通して表現することに軸足を置いた作風は、『ほしのこえ』の延長線上にあると言えるだろう。風景描写の美しさと、それを効果的に使って物語に空気感を持たせるやり方は文句なく巧み。少年と少女の約束の成就がそのまま“世界を救う”ことになる展開はいささか甘すぎるきらいもあるが、ある種のジュヴナイルと考えれば十分に納得がいく。全体を貫く清冽さに身を委ねたい1本だ。(安川正吾)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
新鮮味がありました。SFものが新海監督の原点ですが、これはほぼSFですね。星というより、地底の感じがします。解釈次第で皆さん感じ方が違うと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
アニメのDVDは画質・音質が良くなければ。
生身の役者さんや現実の風景等が表現するのではなくて、絵で表現するのだから画質・音質は大事だと思うんです。買う側として求める当然の事ですが、そうでないソフトもあることは事実。
その点このソフトはすばらしい。おかげで、背景は美しくていい気分になるし、ラストの飛行シーンも自分まで浮遊感と疾走感を味わえます。そして、これはCGだと主張していない色の使い方もいいですね。個人的にその方が好きなので。一目でCGだとわかる絵が画面に入ると違和感があって冷めちゃうんです。
とにかく、アニメは絵の美しさと動きの新しさや楽しさだと思うんです。この作品はそれを満たしてくれた作品でした。そして、それを充分伝えてくれたDVDでした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
『ほしのこえ』よりは楽しめました。ただ、主要テーマに比べて設定が大仰で生かしきれていなかったり、シナリオ展開がやや強引なのが気になるといえば気になります。自然描写は文句なく美しいと思います。ただこの作品は、この作品が内包する一種のセンチメンタリズムに同調できる人にしかあまり面白いとは思えないでしょう。また、この作品の本質的(と思われる)部分は「ほしのこえ」と非常に似ています。新海さんがこのようなテイストの作品しか作れないとすれば、ジブリ映画のような一般性を獲得することはできないでしょう。間違いなく「普通に良い」作品ではあるのですが、それ以上のものになるかどうかは鑑賞者の嗜好次第です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
東北の木造平屋建ての校舎で高校生活を過ごした僕には、この作品の始めの部分に出る教室や廊下や、永訣の朝を朗読する同級生の姿やらが、30年前の高校生だった自分へひき戻しました。
ストーリーは難解ではないのですが、奥行きは深くありません。「平行理論」に踏み込むと荒唐無稽な印象に陥るかもしれない。
この作品はそうした物語を追いかけるよりは、登場人物のとつとつと語る言葉を味わうほうがいい。全体に流れるしみじみ感を味合うほうがいい。僕を切なくさせるサウンド。美しい絵。絶妙の色彩。飛行機のデザイン!。空への憧れ、青春のトクトク感。繰り返し繰り返し見てしまう。エンディングの音のはずれがちな歌も狙ったのかと思わせる効果を引き出しています。
アニメというと若い人との印象がありますが、僕のようないい歳になった者には、若い人にはない感じ方もあるんだと思いました。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
賛否両論みたいですが、僕はかなり好きです。
僕は、それほど涙したって感じじゃなかったけど
かなりよかったと思う。
まず、CG。CGはかなりきれいです。
電車の中の太陽の光が、反射してるところとか、
電車のライトが線路に反射して光ってるところとか、
空の雲の流れとか、キャラクターの髪の毛の動きとか
CGは全体的に最高でした。
ストーリー
内容は皆さんが言うように確かに説明不足なところが多いと思います。
内容を大切に思う人はちょっときついかも知れないけど、内容より
主人公たち3人の心のふれあいだとかを重視した作品だとおもうのでいいと思います。
内容の説明が足りない部分は、各個人で自分なりに納得して、自分設定をつくっちゃえば何とかなりますよw

声優を、最近のジブリだとか洋画の吹き替えでよくある、人気俳優だとかを使っているのが良くないと思う。
男ふたりがの演技が最悪。もうひどいの一言です。
全体的に見て、声の演技とかひどいけど、そういうのを全部プラスに変えてしまうほど、感動しました。
なんていうんだろ、涙流すような感動じゃなくて、
心の中に響く感動という感じでした。
最初から、ずっと目を離せずに 真剣に見てしまいました。
個人的にはかなりおすすめです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hi02 投稿日 2016/9/19
形式: Blu-ray
戦後日本は分断され、蝦夷(北海道)はユニオンに支配されていた。
そして、塔が蝦夷に建設された。

青森に住む中学生、藤沢浩紀と白川拓也は飛行機を自作し、塔に行くことを目指し、
ヒロインの同級生、沢渡佐由理にその事を伝えた。

なぜ塔の状態と沢渡佐由理の状態はシンクロするのか。
最後まで明かされない。

本作品をみた時、
最初私はご都合主義的で不満を感じた。

しかし、私は現実的に考え過ぎていた。

塔は思春期の青年が直面する壁の象徴であり、
壁を乗り越えるプロセスが描かれている、
と想像して考え直してみると、
とても魅力的な作品に思えるようになった。

さんざん描かれているテーマであるにも関わらず、
藤沢浩紀・白川拓也・沢渡佐由理の3人の若々しさやひたむきさ、
壁を乗り越えるために用いられた飛行機の疾走感などによって
既視感を抱かせなかった。

思春期は、なんでも自分中心の天動説の世界観から
そうではないと気付いた地動説の世界観へと
大転換が生じる時期でもある。

そう考えると、
謎が解明されるた
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す