Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 579

¥ 26の割引 (4%)

(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[宇江佐 真理]の雨を見たか 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)
Kindle App Ad

雨を見たか 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 579
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,646 ¥ 163
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 583 ¥ 12

商品の説明

内容紹介

北町奉行所の町方同心見習い組では、不破龍之進ら若者たちが、江戸で狼藉を働く「本所無頼派」の調べに精を出している。上司の目を盗んでの張り込みで、無頼派と関わりがありそうな辻斬り事件の尻尾を掴んだが…(「本日の生き方」)。一方、伊三次は、無頼派の押し込み事件の証言を船頭から聞き出す(表題作)。伊三次とお文のいまの楽しみは、少々弱気な一粒種、伊与太の成長だ。伊三次と不破からその息子たちに、ゆるやかに代替わりする、人気シリーズの第7弾。

内容(「BOOK」データベースより)

北町奉行所町方同心見習い組には六人の若者がいる。伊三次の仕える不破友之進の嫡男、龍之進を始め、緑川鉈五郎、春日多聞、西尾左内、古川喜六、橋口譲之進という面々。俗事に追われ戸惑いながらも、江戸を騒がす「本所無頼派」の探索に余念がない。一方、伊三次とお文の関心事は、少々気弱なひとり息子の成長だが。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 287 KB
  • 紙の本の長さ: 303 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2009/8/10)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009DEDMJK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 10,219位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
今まではただ単に世間を騒がせているだけだった「本所無頼派」が、人を殺めた。
「八丁堀純情派」の6人は犯人探求に乗り出すが、彼らの前に権力の壁が立ちはだかる。
一方伊三次は、伊与太の成長を楽しみにしている反面、成長していく不破龍之進との
関係が微妙に変化していることに気づいて、複雑な思いを味わっていた・・・。
表題作「雨を見たか」を含む6編を収録。髪結い伊三次捕物余話シリーズ7。

「このシリーズも世代交代か?」と思わせる内容だった。伊三次があまり活躍しない分、
「八丁堀純情派」の面々が江戸の町を守るため奔走する。不破龍之進、緑川鉈五郎、
春日多聞、西尾佐内、古川喜六、橋口譲之進、みな個性豊な人物ばかりだ。性格や考え方は
まるで違うが、6人がひとつになったときは素晴らしい力を発揮する。だれひとりとして
脱落することなく、このまま成長してほしい。ただ、読者のひとりとして、このまま脇役的な
存在になってしまうとは思わないが、もともとの登場人物、伊三次、不破友之進、緑川平八郎
らのさらなる活躍を期待したい。シリーズ6の時と同様、この作品では時の流れを強く感じる。
できれば、本来持っている魅力を失うことなく、このシリーズがずっと続くことを願っている。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前作から伊三次目線から龍之進目線になって、「人情物」というより「青春物」という感じです。
生真面目な龍之進が出会う理不尽やお役所気質や薄情な人たち。それらとぶつかりながら、成長していく龍之進。
そういう話なので、うるうるホロッとくる「人情話」を期待して読むと物足りなく感じます。
でも、脇を固めるちゃきちゃきのお文さんと伊三次や、娘に甘い不破さまがいい味出してますよ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
宇江佐先生のあとがきにあるとおり、
龍之進を成長を中心とする青春潭。
前作に続く方向転換第2弾です。

伊三次とお文の主人公二人は脇役にまわっています。
特にお文の出番が減っていて、
そこは面白くないなあというのがファンの声じゃないかと思います。

15歳の龍之進は見習い組の一員として、
大志を抱き、悩み、笑いあう。
まだまだ一人前の男ではありません。
本格的に悪に立ち向かう訳でもなく、
恋に身を焦がすこともありません。
まだ子どもとして宇江佐先生は龍之進を描いています。

あとがきに
「次の物語に繋げる大事な一冊だ」とある。
そう、本書は映画「スターウォーズ」シリーズのエピソード5みたいな、
次の大きな物語への序章、第一話なのかもしれません。

伊与太と茜の成長も楽しみだし、
作者の視点の暖かさを楽しめる一冊です。
とはいえピカレスクな香りがホントになくなって、
そこは無い物ねだりというものでしょうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yass VINE メンバー 投稿日 2007/2/9
形式: 単行本
とてもたおやかな感覚で描かれている江戸の情緒が素晴らしい。髪結い伊三次とお文の生活はささやかで、とても温かい。そんな日常のほんの些細な出来事に静かな感動を覚えさせられる。江戸時代には人情が満ちあふれ、人々は豊かな生活を送っていたのだ。この本に触れてみて、改めてそう感じた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
中古とは思えないほどの品物で、とても気持ちよく読むことができました。ポストに届いていたので、外出中でも受け取ることができ助かりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
心に優しいチャンバラをお望みの方におすすめです。
女流らしい細やかな描写や、思いやりを感じます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover