¥ 617
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
難関大学も恐くない 受験は要領―たとえば、数学は解... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

難関大学も恐くない 受験は要領―たとえば、数学は解かずに解答を暗記せよ (PHP文庫) 文庫 – 2002/4

5つ星のうち 3.7 41件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 難関大学も恐くない 受験は要領―たとえば、数学は解かずに解答を暗記せよ (PHP文庫)
  • +
  • 和田式 逆転の受験勉強法: 全教科攻略のコツがわかる! (新マンガゼミナール)
  • +
  • 増補2訂版 数学は暗記だ! (和田式要領勉強術)
総額: ¥2,712
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   「受験は要領」シリーズの元祖本。1987年に出版されたものに加筆・修正して文庫化したもの。

   名門灘中に合格したものの、まったくの劣等生だったという筆者。ところが高2のときに目覚めた受験要領の術を駆使し、現役で東大理III合格を果たす。その経験を実弟をはじめ数多くの受験生に伝授し、志望校合格に導いた経験をまとめたのが本書である。注意したいのは、この本はあくまでも「受験勉強」の方法論であって、勉強や研究の指南書ではないということだ。筆者は、「受験勉強はあくまでも、スタートラインに立つため(大学に入るため)の通過儀礼であり、それならば無駄なく効率よくこなしてしまおう」といっているのである。

   大切なのは、まず「いま自分がどの位置に立っているかを見極めること」。受験日は突然やってくるわけではないから、これさえできれば「目標までの残り時間」に「どれだけのことをしなければならないか」がおのずと見えてくる。「数学は暗記だ」といった一見乱暴なものいいも、本を読めば理に叶っている。具体的な受験術は本書を読んでいただくとして、「受験は要領」と言い切ってしまう思い切りのよさは、期間限定で勝負する受験生には大きな励ましになるだろう。

   もちろん、すべての受験生にあった勉強法なんて存在しない。ただ、和田式受験法の強みは、この方法を数多くの受験生が実践して成果をあげていることだ。「恐れるな受験!」「たかが受験!」である。本当の勉強は合格してからなのだから。「されど受験」という受験生に。(佐伯秀子)

内容紹介

受験の世界には数多くの迷信がはびこっている。「受験勉強とは基礎からコツコツ積み上げていくものだ」「受験なんて最後は頭のいい奴が勝つのであって、凡人ではとても相手にならない」「数学は他の教科と違って丸暗記が通用しない科目だ」など……。

こんな迷信にとらわれていては合格が遠ざかるだけだ! 実際には、大学入試は“運転免許の筆記試験”なみの暗記力テストにすぎない。受験の成否は出題される部分だけを憶え、いかに“暗記の貯金”を増やすかにつきるのである。

本書は「絶望的な劣等生だった自分を東大理Ⅲ現役合格に導いた」と著者自ら語る驚異の勉強法を公開! 「数学は自力で解かず解答を暗記せよ」「英単語より英短文の暗記が受験向き」「カンペ作りで記憶の強化」など、即点数アップに結びつく“受験の要領”を伝授する、すべての受験生必読の「虎の巻」。

さあ、いますぐ和田式受験勉強法を実践して、「合格」を最短距離でつかみとれ!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 264ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2002/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569577172
  • ISBN-13: 978-4569577173
  • 発売日: 2002/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 57,510位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
◆私はこの本は良い本だと思いますが、ひとつ誤解しないほうが良いことがあります。それは、例えば数学について、和田氏は高校生のとき、この本にある勉強法を実践する前に、不完全とはいえ教科書程度はひととおり目を通していたであろうと思われることです。つまり、数学の基礎の基礎であることはやっていた、ということです。これを誤解すると、ぜんぜん数学のスの字も知らないのに、チャート式に飛びついて、解答を暗記すれば数学ができるようになると思い込み、人生を棒にふることになります。
◆それから、和田氏は理系の方ですが、この本を読んで気がつくのは、彼は本当のところは文系の人間らしいということです。つまり、彼は「ことば」(数学用語など)を理解・蓄積することは得意ですが、それを駆使して応用する数学的力は弱いらしいということです。だからこそ彼にとっては、教科書をひととおり眺めた後、チャート式の解答(駆使の仕方)を暗記する方法は意味があったのです。このあたりのことを認識した上で、この本にある種々の方法を実践するようにしてください。
◆また、生真面目な受験生(数学マニア)に一言: 和田氏が指摘しているとおり、数学の問題がしばらく考えて解けなければ解答を見よというのは大切な真理です。あなたが何時間もかけて、あるいは一生かけて考えるべき問題は、すでに誰か解いた受験問題のような問題ではなく、未解決問題や
...続きを読む ›
コメント 103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
受験勉強を進めるにおいて、自分も和田式がとても参考になっています。
そしてこの「受験は要領」は昔、すごく売れた本だということでついつい買ってしまいました。
しかし、内容はひどいもので和田式勉強法を誤解しかねない内容が多いです。
和田式への批判はここから来るのではないでしょうか
和田秀樹さんの勉強法に興味がある方は他の和田本を読んだほうが良いと思います。
どうしても読みたいのならば、今の和田式と昔の和田式にはかなりの違いがあり、この本は「昔」の物だということを頭に入れておいて下さい。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
たとえば、「英語はノートに全訳せよ」と言うこともあれば、違う本では、「全訳を書いてる暇があったら、英文を読め」と言っている。和田さんを信頼している受験生はたくさんいる。それなのにこれはいかがなものか・・・
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/3/20
形式: 文庫
確かに和田秀樹氏の本は、読み手の興味をひきたてるが、すべてを鵜呑みにしてはいけないと思う。「灘中・高で劣等生だった」とあるが、もともと灘に入るような人は私達とは違う、と思ったほうが賢明だと思うからである。和田秀樹氏のやり方を参考にしつつ、自分の勉強法を確立していくことが大切だと思う。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本には本音と建前があります。
これは「本音」の本です。
実はこのやり方自体は平凡なモノです。
つまり中学受験する大手進学塾ではどこも同じようなやり方が使われています。
国語や算数でさえ(文章題を含めて)40分で50問ぐらいあります。
初めてやった人なら大学を出た大人でも、ゆうに1時間以上はかかるでしょう。
小学校で優等生でも解くことはできません。
私自身が進学塾の元生徒であり、また講師経験もあるので自信を持って言えるのですが、
この「考えないで解く」ことはどこの進学塾でもやっていることです。
むしろ「解いている」時点で絶対に合格できないのです。
とにかく「量をこなす」ことが全て。だから「量をこなす」ために考えないのです。

分かりやすく言えばボクサーにとっての「殴る」行為と同じだと言えます。
プロボクサーは1秒に10発以上のパンチを出し、かつ避けます。それはいちいち考えている
わけではない、いわば「反応」です。
このようにスピード追求することで小5の終わりか小6の時点で全ての範囲を終わらすことができます。残りの時間をまた過去問題など演習にあてるわけです。
また中高一貫の進学校や公立進学校でも同様に高2の終わり、高3の春まで
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
僕は現役の高校生で初めてこの本を読んだ時はとても感銘を受け、この方法では僕でも東大に行けるんじゃないか、と思ったほどです。ただ、和田氏のほかの本も購入して読んでいる内に気づいたのですが、氏はこの書の中では東早慶も1500時間で受かると書かれていますが、高2からの~3S勉強法には2年の時だけでも1000時間以上勉強するようにかかれています。また、数学の勉強法にしてもこの書では、問題は考えずに回答を暗記するように書かれていますが、他の書では5分考えてわからない場合に回答を見ろと書かれてあり、矛盾が多く見られます。それに氏はこの方法で行けば誰でも一流大に合格できると唱えられておられますが、氏は灘出身であり受験に有利な環境であったという事を忘れてはいけないと思う。また、氏は劣等生であったと書かれているがもともと灘に入る人は頭の出来が違うという事も頭に入れておいたほうがいいと思います。参考になる部分も多いですが、決して鵜呑みにしてはいけません。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック