この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

難読珍読 苗字の地図帳 (講談社プラスアルファ新書) 単行本 – 2003/1

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

全国30万姓から解明する苗字のルーツと歴史地理!!

四月一日(わたぬき)、六月一日(うりわり)、三五月(もちづき)、十二月田(しわすだ)、三方一所(くつわだ)などの難読姓や、畭尾(はりお)などの難字姓の謎解きから日本の古代史を垣間みることができる!!

●飲酒盃さん、飯酒盃さん
●一口さん、二口さん
●左右口さん、右左口さん
●瓜破さん、六月一日さん
●颪さん、嵩さん
●鳴矢木さん、蕪木さん
●一尺八寸さん、三方一所さん
●目さん、耳さん、属さん
●十二月田さん、元日田さん
(いくつ読めますか、出身地がわかりますか)

姓という姓もあり、苗字という苗字もある。
姓は、昔はカバネともいい、その家のランクを示したこともあるが、いまは苗字のこと。その苗字はもと苗氏といい、祖先のルーツを示す古い言葉。中世は名字ともいって、名田(みょうでん)を支配して威張っていた人の家名。その大きいものを大名(だいみょう)といった。名田もミョウデンなどとしゃれていったが、名のついた田だから、ナダでいい。このほうが、ほんとうの日本語だ。言い換えると「やまと言葉」。
苗字はだいたいこの「やまと言葉」でできている。訓で読んでいるのがそれだ。
法務省は苗字を氏とよび、旧文部省やマスコミは名字の表記を使っているが、歴史的にみると苗字のほうが正しい。

内容(「BOOK」データベースより)

四月一日、六月一日、三五月、十二月田、三方一所などの難読姓や畭尾などの難字姓の謎解きから日本の古代史を垣間みることができる。全国30万姓から解明する苗字のルーツと歴史地理。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 190ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062721724
  • ISBN-13: 978-4062721721
  • 発売日: 2003/01
  • 梱包サイズ: 17.2 x 12.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,000,273位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2014年7月3日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。サンダル レディースサンダル