+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケース(スレキズ) 盤面良好 万が一、在庫切れの場合は速やかに返金処理を行いますのでご理解頂けますようお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

難波金融伝 ミナミの帝王(60) 土俵際の伝説 [DVD]

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,697 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 407 (10%)
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 3,697より 中古品の出品:9¥ 999より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 竹内力
  • 監督: 萩庭貞明
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジーダス
  • 発売日 2007/12/21
  • 時間: 87 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000VLIC12
  • JAN: 4988707562204
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 196,994位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

献身的な妻とちゃんこ屋を営む元力士の大迫は、ふとした縁から弱小大学相撲部の顧問になる。そんなある日、力士時代の先輩である柿本がブローカーの島崎と供に現れ、大迫の相撲部へモンゴル人力士を斡旋すると言い出す。そのための資金として銀次郎への借金を重ねてゆく大迫。疑心暗鬼の妻をよそに、言われるがままに“期待のホープ”に賭けるが、そこには思いもよらぬ罠が待ち受けているのだった!!盲目となった情熱を逆手に悪辣な商売を企てるブローカーに銀次郎の裁きが下る!!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

大阪・ミナミを舞台にした竹内力主演の金融アクションシリーズのOV版第37作。大学の弱小相撲部の顧問となった元力士の大迫は、ブローカー・島崎から相撲部にモンゴル人力士を斡旋してやると言われ、その資金を捻出するために銀次郎から金を借りるが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 recluse VINE メンバー 投稿日 2008/12/28
公式にはシリーズ終了宣言はなされていませんが、2007年にはこの一作しか公開されておらず、2008年には一作もリリースされていない現状では、これが最終作品になるのかもしれません。ここでは、もはや銀次郎は金貸しの域を超えた存在のようです。債務者に対してもらされるコメントももはや哲学者の域に達しているようです。周りは、岩崎ひろみ、そして西興一朗です。今回は相撲への未練を断ち切れず商売に今一身が入らない元力士のちゃんこやが主人公です。世間に疎いこのちゃんこ屋をはめるのが元相撲部の先輩とその背後のやくざです。どうしようもないこのどつぼからの救いの手が銀次郎の別の債務者(ラブホテルの経営者井上晴美)の捨て身の行動により偶然にもたらされるのは僥倖としか言いようがありません。最後はこの僥倖を逆手にとっての見事な結末です。銀次郎が最後の相撲大会で見せる表情は特筆すべきシーンです。銀次郎自身が金以上の生きるべき価値を持つ元力士を見る眼はなんともいえないほど複雑なものです。今回のしのぎは、約1000万円です。今後の復活を期待しています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 EM with Walpurgis Night #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2015/3/14
明らかに人の良い、元力士。
その元力士は、母校の大学の顧問になる。
それを聞きつけた、明らかに悪人顔の、先輩力士。
三百万あれば、モンゴルから強い留学生を招待できる。
そういう甘言を向ける。
元力士から、金をむしり取るために。

これが、詐欺であることは、視聴者はおろか、作中の登場人物でも分かっている。
元力士以外は…

元力士は、萬田金融から三百万借りる。
その後、ようやく騙されたことを知る。
三百万の回収が困難となった銀次郎は、先輩力士とその背後にある黒い組織から債権回収を図る。

1.債務者が萬田金融から融資を受ける
2.債務者が悪徳業者に騙される
3.萬田金融の債権が焦げ付く
4.銀次郎が悪徳業者と対峙し、悪を裁く

ストーリーなんて、ほとんど分かっている。
しかし、この心地よさ。
最後は、必ず銀次郎がなんとかしてくれる。
その信頼感。
銀次郎が債務者に代わって悪徳業者と対決してくれたときの安心感。

この第六十作目が、最終のタイトルだとは、正式にはアナウンスがない。
まだ、続編が作られる可能性は、残されている。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山根晋爾 VINE メンバー 投稿日 2012/5/20
井上晴美って演技上手なんですね。
初めて知りました。

意外といいのが助手役の青年。
西なんとかという役者ですが彼はもっと活躍しても良さそうなもんです。
押谷かおりも相変わらず綺麗で上手です。
忘れかけたり新しい役者を知ったり、ということが結構頻繁にあるのもこのシリーズが面白い所以かもしれません。

相撲と人生とお金を絡めて毎度同じ展開なのに違った楽しみ方をさせてくれるシリーズ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 いなたく 投稿日 2013/1/8
Amazonで購入
ミナミは ミナミっ!闇は 闇っ(^_^)v いんだこれで!展開が わかるけど 観てしまうwww!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す