中古品
¥ 946
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【領収証添付済】帯付きです。カバーに微擦れがあります。天に経年による小さいしみのような焼けがあります。若干使用感ありますが、中は書き込み・切れなどない模様で概ね良好です。清掃後クリスタルパックに梱包済みです。≪状態がコメントと異なる場合は全額返金を含めご希望の対応をさせて頂きます≫
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

離婚と子ども―心理臨床家の視点から 単行本 – 2007/1

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 690
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

子どもにとって、最善の道とは?心理臨床家であり、家事調停委員の経験も豊富な著者が、多くの事例を挙げつつ、離婚が子どもに与える影響を考察。子どもと片親の面会交流を制度的に保証するなど、先進的な取り組みを推進するアメリカの現状を詳しく紹介し、離婚後の親子関係が抱える“葛藤”を乗り越える道筋を探る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

棚瀬/一代
1943年生まれ。高校時代AFS交換留学生で渡米、1968年国際基督教大学卒、1978‐80年関西いのちの電話相談員、1983‐90年京都いのちの電話相談員、1990年‐2002年大津家庭裁判所家事調停委員、1997年京都大学大学院教育学研究科博士課程修了、1999年博士(教育学)、臨床心理士。京都女子大学現代社会学部助教授、帝京大学文学部助教授を経て、神戸親和女子大学発達教育学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 233ページ
  • 出版社: 創元社 (2007/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4422113852
  • ISBN-13: 978-4422113852
  • 発売日: 2007/01
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 405,054位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2015年5月9日
形式: 単行本|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年5月10日
形式: 単行本|Amazonで購入