Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥ 340

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[rapidnack]の雑誌付録基板でブレッドボードSDR FMステレオラジオ編

雑誌付録基板でブレッドボードSDR FMステレオラジオ編 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2019/3/23
¥ 340

紙の本の長さ: 176ページ タイプセッティングの改善: 有効 Page Flip: 有効

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊ページ】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

FPGA基板付きの雑誌、意気込んで購入したものの未開封のままになっていませんか。
私も、CQ出版社「FPGA電子工作スーパーキット」に付いてきたFPGA基板が2年以上未開封のまま残っていました。
少し前に付録基板を見直してみると、ボードの形状、ピン数など、SDR(Software-defined radio)にぴったりなことに気付きました。
■ 無茶を承知でA/Dコンバータもブレッドボードに実装
■ 面倒なCPUコアの代わりにESP32 ArduinoでFPGAをコントロール
■ 手作りR-2R DACとオシロスコープで内部信号を確認
というように色々手を抜いて作ってみましたが、しっかりFMステレオラジオとして使えています。
あなたも気軽にSDR(Software-defined radio)作りを楽しみませんか。

【目次】

はじめに
1  ハードウェアの準備
1.1 雑誌付録MAX10-FB基板
1.2 ESP32ボード
1.3 A/Dコンバータ
1.4 OLEDボード
1.5 I2S DACボード
1.6 手作りR-2R DAC
2  Arduino IDEの準備
2.1 Arduino IDEをインストール
2.2 Arduino core for the ESP32をインストール
2.3 Oled Driver for SSD1306 displayをインストール
2.4 AvalonPacketライブラリをインストール
2.5 サンプルスケッチAvalonPacket_FM_Radioを使う
3  Quartus Prime Lite Editionの準備
3.1 Quartus Prime Lite Editionをインストール
3.2 FMラジオのプロジェクトをダウンロード
3.3 FPGAに書き込む
3.4 FPGAのFLASHメモリに書き込む
4  SDRの構成
4.1 top.v Verilogソースコード
4.2 QsysCore.qsys作成手順
5  ArduinoスケッチからLチカ
5.1 サンプルスケッチAvalonPacket_LED_Sweepを使う
5.2 サンプルスケッチAvalonPacket_LED_Sweepの内容
6  手作りR-2R DAC
6.1 サンプルスケッチAvalonPacket_LED_Sweepを変更
6.2 DACA、DACBの出力内容を変更
6.3 サンプルスケッチAvalonPacket_LEDを使う
7  PLL
7.1 pll.qip作成手順
8  自作NCO
8.1 サンプルスケッチAvalonPacket_NCOを使う
8.2 DACA、DACBの出力内容を変更
8.3 サンプルスケッチAvalonPacket_NCOの内容
8.4 サンプルスケッチAvalonPacket_NCO_Touchを使う
8.5 サンプルスケッチAvalonPacket_NCO_Touchの内容
8.6 サンプルスケッチAvalonPacket_FM_Radioを使う
8.7 サンプルスケッチAvalonPacket_FM_Radioの内容
8.8 romsin.qip作成手順
8.9 MyNCO.v Verilogソースコード
9  ADC
9.1 DACA、DACBの出力内容を変更
9.2 トップモジュールtop.vの該当箇所
10  自作CICフィルタ
10.1 入力データをNCOのCOS、SIN出力に変更
10.2 サンプルスケッチAvalonPacket_NCO_Touchを使う
10.3 DACA、DACBの出力内容を変更
10.4 MyCIC.v Verilogソースコード
10.5 入力データを元に戻す
11  自作FIRフィルタ(3.072MSps→384kSps)
11.1 入力データをNCOのCOS、SIN出力に変更
11.2 サンプルスケッチAvalonPacket_NCO_Touchを使う
11.3 DACA、DACBの出力内容を変更
11.4 ram16x256.qip作成手順
11.5 MyFIR.v Verilogソースコード
11.6 入力データを元に戻す
12  FM復調
12.1 vectran.qsys作成手順
12.2 トップモジュールtop.vの該当箇所
13  ステレオ復調
13.1 自作FIRフィルタ(53kHz LPF)
13.2 MyNCO2X.v Verilogソースコード
13.3 MyAverage.v Verilogソースコード
14  自作FIRフィルタ(384kSps→48kSps)
15  自作ディエンファシス
15.1 MyDeEmphasis.v Verilogソースコード
16  自作I2S I/F
16.1 MyI2S.v Verilogソースコード

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 100173 KB
  • 紙の本の長さ: 176 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07PZ384KS
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 37,220位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover