この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

雇用が変わる 人材派遣とアウトソーシング ─ 外部人材の戦略的マネジメント The Upheaval of Employment 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/15

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/10/15
¥ 15,107
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Kindle書籍 2冊以上購入で『20%ポイント還元』
小説・ビジネス・ライトノベルの人気タイトルがお買い得。お好きな本を2冊以上購入で20%ポイント還元! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「働き方改革」「同一労働同一賃金」が叫ばれるいま、企業にとっては、いかに「人」がもつ能力を引き出し、有効に組織を機能させるか、というビジョンを描くことが大きな課題です。
時代の変革期において、「人」を活かすための人材マネジメントも変わっていかなければ次の成長はありません。
我が国の終身雇用、年功序列、企業別組合による雇用慣行はもはや限界に達し、雇用改革は待ったなしの状況です。
黎明期より、人材サービスを利用する企業と人材サービスを提供する企業の双方から、変化する我が国の雇用のあり方を見つめてきた著者が、企業に求められるこれからの人材マネジメントを余すところなく解説します。
企業経営やビジネス、国際的な視点をもちながら、労働法制にも明るい著者だからこその切り口で、第1章では、労働者派遣法に関連する法改正の変遷や国内外の雇用環境を分析し、つづく第2章、第3章では、戦略的に人材派遣やアウトソーシングを活用するための考え方や実務について実践的なノウハウを伝えます。
終章となる第4章では、少子高齢化、グローバル化、高度情報化の荒波にさらされている今後の雇用について、企業のさらなる発展につながる方向性を展望します。人材サービスを提供する事業者も必読の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

人材サービスを利用する企業、人材サービスを提供する企業の双方の立場を経験した著者だからこその鋭い切り口。学識者、有識者などによる類書とはひと味違う企業経営とビジネスの視点がここにある。人材サービス事業者にも必読の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 287ページ
  • 出版社: レクシスネクシス・ジャパン (2016/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 490806959X
  • ISBN-13: 978-4908069598
  • 発売日: 2016/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 193,065位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2017年2月7日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年11月9日
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告