通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
集中講義・精神分析 下 フロイト以後 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)【2020/02/10 14:31:56 出品商品】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


集中講義・精神分析 下 フロイト以後 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2010/5/20

5つ星のうち4.6 7個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥2,970
¥2,970 ¥1,804
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 集中講義・精神分析 下 フロイト以後
  • +
  • 集中講義・精神分析㊤─精神分析とは何か フロイトの仕事
  • +
  • 改訂 精神分析的人格理論の基礎―心理療法を始める前に
総額: ¥9,020
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

精神分析という知の対話的発展を語り下ろす待望の下巻。 ――フロイ ト以後の発展として,対象関係論を中心に,自我心理学,クライン,ビオン,フェアバーン,バリント,ラカン,そして現代の精神分析を論じる。理論的な入門であると同時に,臨床への示唆にも満ちた,生きた精神分析の講義録。

精神分析がどういうものなのかを、4月からずっと講義を聞いている人はおそらく最初よりは少し違ったふうに感じるようになってきたのではないかと思います。というか、きてほしいと思うんですね。精神分析は今あんまり人気のある学問ではありません。しかし、臨床をやるときにその症状の背後にどんな意味があるんだろうとか、この人の人生のなかで、どういう主観的な世界のなかで、この症状やこの振る舞いが起こるのだろうかということを考えないでその人と会うということは、実は大変難しいことです。それはつい考えてしまうことなんです。私たちが人間としてそこにいると「この人はこんなことをやるんだけれど何でだろう」と考えてしまう。そういうものです。そういう問いというものを専門的に推し進めたものが精神分析です。これはかなり自然なことです。人は、その人の気持ちを推し量るときに、決して測定だとか、計算だとか、統計だとかをしない。ある種の感覚や直観の中でその人と出会っていく。 つまりそれは、自分の主観的な体験をつかっていくということですね。自分の主観的な体験をつかって、しかも、単なる主観や思いこみでなく、できるだけ自分の主観的な考えにある種の客観性や公共性を持たせようと格闘して、そこにある理解を生み出すということなんですね。それは実は私たちが毎日ふつうにやっていることです。それを職業的、組織的に続けているということが精神分析であって、そのことが精神分析家の仕事です。そういうことをすることによって精神分析を受ける人のこころが変わってくる。変化してくる。一言でいえば、ゆとりを取り戻してくる。あるいは、その人らしくなったというふうに感じられる場合もあるんです。その人の生き方とか、生きる道筋とか、そういうものが微妙に、しかし、かなり本質的に変わっていく可能性のあるプラクティスなんですね。 フロイトという人がそれに明確にかたちを与えて、言葉を与えて、ある一つの考え、文化というか、disciplineとして確立しよう、と考えたのが精神分析の出発点だと思います。(「第21章」より)

著者について

藤山 直樹
1953年福岡県に生れる。幼少期を山口県の瀬戸内海岸で育つ。1978年東京大学医学部卒業。その後,帝京大学医学部助手,東京大学保健センター講師,日本女子大学人間社会学部教授を経て,現在上智大学総合人間科学部心理学科教授,東京神宮前にて個人開業,国際精神分析学会会員,日本精神分析協会訓練分析家,日本精神分析協会運営委員,日本精神分析学会運営委員,小寺記念精神分析研究財団理事長。
著訳書 精神分析という営み―生きた空間をもとめて,続・精神分析という営み―本物の時間をもとめて,精神分析という語らい,認知行動療法と精神分析が出会ったら―こころの臨床達人対談(以上,岩崎学術出版社)心のゆとりを考える(日本放送出版協会)転移-逆転移(共著,人文書院),「甘え」について考える(共編著,星和書店)オグデン=こころのマトリックス(訳,岩崎学術出版社)サンドラー=患者と分析者[第2版](共訳,誠信書房)現代フロイト読本1・2(共編著,みすず書房),落語の国の精神分析(みすず書房)フロイト=フロイト技法論集(岩崎学術出版社)他


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 280ページ
  • 出版社: 岩崎学術出版社 (2010/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4753310043
  • ISBN-13: 978-4753310043
  • 発売日: 2010/5/20
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 216,046位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
評価の数 7
星5つ
59%
星4つ
41%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

7件のカスタマーレビュー

2016年4月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年7月21日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年12月5日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年10月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年8月17日
形式: 単行本(ソフトカバー)
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年11月5日
形式: 単行本(ソフトカバー)
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年10月2日
形式: 単行本(ソフトカバー)
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告