中古品
¥ 285
+ ¥ 250 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】★品質保障。概ね良好なコンディションです。全体に曲げぐせが少しあります。ページ側面に汚れがあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。ゆうメールにて発送。簡易クリーニング済。迅速に対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか? 単行本 – 2008/9/4

5つ星のうち 4.5 37件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 198

points

プライムデー期間中のお買い物で最大10%ポイント還元。

タイムセール商品も対象。エントリーは こちら

※Amazonカード通常還元率最大2.5%の場合

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



7/17[火] 23:59まで
年に一度のプライム会員限定ビッグセール。最大10%のポイントアップキャンペーンも同時開催中。
プライムデーセールを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

アメリカ没落後、日本は・・・

国力を測るのは残念ながら「品格」ではありません。「金力」(経済力)と「腕力」(軍事力)。
この観点から見ると、中国は次期覇権国家候補NO1である。
日本のリーダーたちは既に、無意識のうちに「次の依存先」を探しているのではないでしょうか?
「日本は将来、中国に併合されるのではないか?」
日本には現在、二つの道があります。「真の自立国家になるか」それとも「中国の天領になるか」…(序章より)

内容(「BOOK」データベースより)

国益の危機!平和ボケ・外交音痴の日本は、アメリカ・ロシア・中国・EU・北朝鮮の脅威と機会がわかっていない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 270ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2008/9/4)
  • ISBN-10: 4478007020
  • ISBN-13: 978-4478007020
  • 発売日: 2008/9/4
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 164,317位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年7月30日
形式: 単行本|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年5月4日
形式: 単行本|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト500レビュアー
2011年10月7日
形式: 単行本|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2010年7月5日
形式: 単行本|Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年12月3日
形式: 単行本|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年2月15日
形式: 単行本|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年1月23日
形式: 単行本|Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2008年9月24日
形式: 単行本|Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー