通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
隠蔽捜査 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: タバコ臭あり。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

隠蔽捜査 (新潮文庫) 文庫 – 2008/1/29

5つ星のうち 4.4 111件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 隠蔽捜査 (新潮文庫)
  • +
  • 果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)
  • +
  • 疑心―隠蔽捜査〈3〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,172
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

受賞歴

第27回(2006年) 吉川英治文学新人賞受賞

内容紹介

竜崎伸也は、警察官僚である。現在は警察庁長官官房でマスコミ対策を担っている。その朴念仁ぶりに、周囲は〈変人〉という称号を与えた。だが彼はこう考えていた。エリートは、国家を守るため、身を捧げるべきだ。私はそれに従って生きているにすぎない、と。組織を揺るがす連続殺人事件に、竜崎は真正面から対決してゆく。警察小説の歴史を変えた、吉川英治文学新人賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 409ページ
  • 出版社: 新潮社 (2008/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101321531
  • ISBN-13: 978-4101321530
  • 発売日: 2008/1/29
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 111件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,479位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 6138 投稿日 2017/6/12
形式: 文庫 Amazonで購入
竜崎伸也は、警察官僚である。現在は警察庁長官官房でマスコミ対策を担っている。その朴念仁ぶりに、周囲は〈変人〉という称号を与えた。だが彼はこう考えていた。エリートは、国家を守るため、身を捧げるべきだ。私はそれに従って生きているにすぎない、と。組織を揺るがす連続殺人事件に、竜崎は真正面から対決してゆく。警察小説の歴史を変えた、吉川英治文学新人賞受賞作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
何度読み返しても、新たな発見がある作品である。
キャリア官僚というものが、いかなるものか。東大以外は大学ではないという環境で、戦い、なおかつ減点主義の現場で、知能をフル回転させる。無頼な小説は多いが、組織のために忠実である正統派の官僚を描く作品は少ない。日本は官僚と一握りのエリートサラリマンの頭脳によって支えられているのは、一方で真理であろう。ちんたら生きているわが身でも、そういう人々には陰ながら拍手を送っている。
が、この物語は、さらにもう一つの流れがある。家族だ。そんなエリート官僚が、最後は子供を守る。それも官僚らしい、正当な方法で子供を守る。泣けた。全編を通じて「ジェントルマンシップ」とはなにかを、伝えてくる作品だ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
高いレビュー評価をみて購入しました
高村薫や横山秀夫を髣髴とさせる警察小説です
シリーズ一作目ということで、まだまだ筆力が十分では無く、
登場人物の造形と書き分けが今一歩のため、主人公とその
幼馴染の2人に焦点を絞ったのが物語として奏功しています
ただし、マンションでの対峙の件は、ちょっとベタでもう少し
ひねりが欲しかったところ
遅まきながら、シリーズを読み進める予定なので、先ずは期待
しろを残して、☆3つとします
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindleで他の警察ものが当たりだったので先入観なしに買ってみましたが、いい意味で裏切られました。
キャリアで出世も気になるが、それはあくまで権限が増えることが主眼であって、常に原理原則を重んじる主人公が非常に新鮮です。
階級の上下関係や、捜査本部の設置、所轄の仕事など、警察組織の中の描写も具体的で臨場感があります。
一冊読んだ時点でシリーズで文庫が出ている分は全て買いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
評価は星3つで普通としたが、隠蔽捜査2のプロローグになっていて、両方を組み合わせるとこの本も星4つになる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kh 投稿日 2016/12/1
形式: Kindle版 Amazonで購入
著者の本を何冊か。読んでいるがどの作品も読みやすく感じる。
この作品の主人公も変わっているんだけど、なぜか共感する部分も多い。
シリーズすべて読みたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
嫌な奴!こんな奴が主人公かい・・と思いながら読み始めましたが、読み進むうちに彼のぶれない正義感や、強い責任感に共感しました。仕事をする上で、マイナス評価になる大きな失態を隠したい無かった事にしたいと思うのが、大方の人のありようで、しかし、その事によって傷は深くなっていくという事もまたおおくの人は知っています。主人公は勇気を持って正論を、彼の正義を捨てません。それが組織のためであり、また家族のためであるという信念のもとに。展開も早く、意外性もあり、いじめや仕事と家庭の軋轢、縦社会に生きる煩悶、様々の共感できる命題も描かれており、一気に読みました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
連続殺人事件とあったのでミステリー小説かと思い手に取りましたがガチガチの警察小説。ページ数が少ないわりに内容は濃くとても読みごたえがありました。
ミステリー小説と同様に警察小説にもなんらかの事件が付き物ですが、主人公が捜査自体に加わらず、しかも主人公が絡む前に犯人を特定、事件解決となってしまったパターンは初めて読みました。読んでいるうちにわかってきますが、殺人事件自体は本作のメインではないのです。ここでタイトルが活きてくるんですよね~、そういう話だったのかと。上手いです。
なにより本作は登場人物が魅力的でした。経歴的には非の打ち所のないキャリアの主人公を筆頭に、その幼馴染みや上司、部下、脇役に至るまで何気ない文章にそれぞれの個性が光っていました。最初はなんて嫌な主人公だと思いましたが、ラストに差し掛かる頃には一番好きなキャラに昇格していました。ここまで一貫した信念を持って生きられるというのはある意味憧れるかも…。
本作はシリーズ化されているようなので続編も是非読みたいです。続きを匂わせる終わり方ではあるものの話自体は綺麗に締められているので本作単独でも問題なし。☆4。久々に面白い小説に出会えて大満足です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー