通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。 (ダッシュエックス文庫) 文庫 – 2015/3/25

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

理不尽な理由で退学の危機に瀕した出雲光一は、完全無欠のド天然ガール、隠岐島千景の提案を受けて前代未聞の学校買収に乗り出す!
ネット銀行で学校は買収できるのか!? リベンジマネーコメディ!!

内容(「BOOK」データベースより)

私立光京学園に通う普通の高校生・出雲光一はある日、学園の支配者に逆らったことで理不尽な退学を言い渡されてしまう。途方に暮れる光一は謎の少女・隠岐島千景と出会う。話を聞いた千景の提案は予想の斜め上―「学校法人光京学園を買収します」というとんでもないものだっ!完全無欠のド天然ガール・隠岐島千景の提案を受けて前代未聞の学校買収に乗り出した光一たちの手段は―ネット銀行!?フィギュアで預金獲得してコスプレイベントに融資して…ってそれどんな銀行!?底辺高校生たちはネット銀行で学校を買収できるのか!?やられたらやり返せ!現代最強のリベンジ・マネーコメディ開幕!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 319ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4086310368
  • ISBN-13: 978-4086310369
  • 発売日: 2015/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 549,222位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
いわゆるライトノベルはこれまで読んだことがありませんでした
こちらの作品を読んだのはたまたま、
元銀行員の方が書いていると聞いたのでほとんど興味本位で買ったのですがとても面白かった
ギャグ漫画のような感じで話が進んで面白く読みやすい。
漫画風といっても知識部分はちゃんとしていて、それが薀蓄の自慢でもなくちゃんと展開の伏線にもなっている
読後感も爽やかでよかった。ライトノベルにもこういうのがあるんだなと興味深かったので別のライトノベルも読んでみたい
私にとってはそういう気持ちにさせてくれた意味でも、この作品には多謝多謝。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
簡単に言うと、タイトルにも書いてある「学校を買収する」事を目標として、主人公たちが奮闘する内容である。主人公たちがなぜこのような目標を持つに至ったか、そして如何にして目標を達成するのかを、金融に深い知識を持つ作者がリアリティのあるマネーゲームストーリーとして描き出している。

銀行を創設するという高校生にあるまじき手腕と、高校生にありがちな未熟さとを、同時に見せつつ展開していっており、これが作品全体のベース音になっている。彼らの物語をもっと見たい、早く見たい、と思わせてくれる、好感が持てる登場人物たちである。キャラクターの力、というものを感じた。

本の帯には「リベンジ・マネー・コメディ」というキャッチフレーズがあり、実際に登場人物たちの掛け合いはコメディタッチであるが、中盤以降、扱うカネの額に異様な緊張感を感じるようになってくる。乗用車を購入できるほどの金額しか動かしたことのない自分にとっては、多額のカネ(しかも銀行だから、預かっている他人様のカネ)を動かすことに対して、緊張感を通り越して恐怖すら感じた。ホラー小説も裸足である。(こういう読み方をする人は少ないかもしれないが・・・)
カネはまるで泡のようである。世の中をせわしなく動いている、でも目には見えない「カネ」というものの、その絶大なチカラの一端を見せてくれる小説である。読書
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
銀行・金融というヘビーな題材を扱ったラノベ。読む前はラノベに似つかわぬ重厚長大な作品を想像してましたが、実際に読んでみたら本筋の金融知識は確固としつつも、ラノベの中でも軽快な部類に属する作品でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告