通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 蘭商会
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。中古品に付き表紙に少々のスレ、小口に若干汚れがあります。中身の状態は良好です。クリスタルパックで防水梱包の上、迅速に発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書) 新書 – 2016/1/9

5つ星のうち 4.0 51件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 369

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書)
  • +
  • アスペルガーとして楽しく生きる
  • +
  • 女性のアスペルガー症候群 (健康ライブラリーイラスト版)
総額: ¥3,953
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介


“生きづらさ"の原因は、グレーゾーンアスペルガーにあった
アスペルガー症候群にはきちんと診断がつくいわば「真性アスペルガー」の他に、グレーゾーンに位置する「隠れアスペルガー」の人たちが大勢います。
彼らは強すぎる劣等感を抱え、他人とコミュニケーションができない、強い不安や恐怖心をもつ、病気にかかりやすい、慢性疲労があるなど、さまざまな“生きづらさ"を抱えています。
しかし、アスペルガーも隠れアスペルガーも、実は才能あふれる素晴らしい人材です。枠組みがないために、ただマイナス面だけが目立ってしまって、周囲の理解が追いついていないのです。
本書は、そんな“生きづらさ"を抱える「隠れアスペルガー」のために、マイナス面を抑え、プラス面を伸ばす方法をお教えします。

《目次》
序章 なぜか「生きづらい」君へ
第1章 「隠れアスペ」はなぜ気づかれないのか?
第2章 君がまだ知らない「アスペルガーという才能」
第3章 君の生きづらさは、「隠れアスペ」のせいだった!
第4章 君の「隠れアスペ」は、必ず克服できる!

内容(「BOOK」データベースより)

アスペルガー症候群にはきちんと診断がつくいわば「真性アスペルガー」の他に、グレーゾーンに位置する「隠れアスペルガー」の人たちが大勢います。彼らは強すぎる劣等感を抱え、他人とコミュニケーションができない、強い不安や恐怖心をもつ、病気にかかりやすい、慢性疲労があるなど、さまざまな“生きづらさ”を抱えています。しかし、アスペルガーも隠れアスペルガーも、実は才能あふれる素晴らしい人材です。枠組みがないために、ただマイナス面だけが目立ってしまって、周囲の理解が追いついていないのです。本書は、そんな“生きづらさ”を抱える「隠れアスペルガー」のために、マイナス面を抑え、プラス面を伸ばす方法をお教えします。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2016/1/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584124965
  • ISBN-13: 978-4584124963
  • 発売日: 2016/1/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 51件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,650位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 「隠れアスペルガー」
 そのような特性を、どのようにして生かせば良いのだろうか?

 この本は、カウンセラーで、アスペルガー症候群の当事者でもある吉濱ツトムさんが、隠れアスペルガーとその克服法について説くものであるが、この本で書かれている理論は、今までのアスペルガー症候群に対するネガティブなイメージや、治療法を大きく変えるものばかりである。
 この本では、アスペルガー症候群の特性が極端に強く出ている状態を「真性アスペ」と、専門家に診断されるほどではないが、その特性が少し見られる(または、プラスの特性を多く持っている)状態を「隠れアスペルガー」と定義しているが、確かに日本には、私のようにアスペルガー症候群と診断された経験を持ちながら、社会に適応できている人がたくさんいる(つまり、私の場合は「真性アスペ」ではなかったわけである)。
 しかし、日本にはアスペルガーの特性を障害とみなす穢れ思想が強くある。特に、日本の社会はアスペルガーの人を、学校におけるいじめや、企業からの締め出し(面接試験におけるふるい落とし)や、賃金の抑制などといった形で、徹底的に差別・迫害する風潮が強くある。
 これらの影響で、私を含めた当事者が凄まじいほどの劣等感に苦しめられているのが実情である(これに堪えられなくなった私は、徹底的な性格・特性改造や、行
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ガンになったことをキッカケに、現在ニート4年目です。独身アラフォーだし、手に職もないし、絶望感と劣等感と罪悪感と恐怖と不安感のカタマリ状態です。
今年になって、やっと「自分が発達障害なのでは?」と思った。
発達障害専門の病院で広汎性発達障害と診断された。
先生に「職業訓練センターに行って人間関係の練習をして」と言われて、かなり困った。
「いやいやいやいや、強い罪悪感と劣等感と絶望感があって、口から出る言葉が自己卑下しか出てこないから人間関係が嫌なんだよ?必要なのは人間関係の練習じゃないでしょ」と思って、困っていた。
そんな時吉濱さんの本に出会った。
「自分は発達障害だ」と思った時にアマゾンで吉濱さんの本を見かけたけれど、男性なのに髪が長いというヴィジュアルだから怪しい人だと思ってスルーした。
しかし兄の知り合いの知り合いの知り合いが吉濱さんの知人だということで吉濱さんの本が私の元に来たのでしぶしぶ読んでみた。

今まで読んだ発達障害の本は、医師が書いたものだった。
それとは全く違った。
さすが発達障害本人!細かいことまで書いてある。
粘膜が弱いとか関節が弱いとか消化能力が弱いとか、当事者じゃなければわからない小さな困難(でも心身が弱る原因で、困っている。でも他にも
...続きを読む ›
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
他の人も書かれているように、自閉症からアスペルガーに変化した、手かざしで病気を癒す等
怪しい内容も記載されています。
ですが、これは事実かそうでないか、というよりも、本人がそう感じたということであり、
それも含めて『当事者』が書いた本なんだなと思いました。

この本に書かれている、改善方法は実際に効果的なものが多く、カウンセリングや
精神科にただ、通院するよりも遥かに効果があります。
運動としてエアロバイク等が挙げられていますが、年齢的に厳しくないのであれば、
ウェイトトレーニングも取り入れた方がより効果が出るかなと感じます。  
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「この本を手に取り、読もうとする人はきっと、心のこういうところに隙がある。だから、こんな言葉を並べたら、彼らは安心するだろう」
そんなことを考えながら書いたのかなと、読んでいるうちに思うような内容、書き方でした。

わたしはアスペルガーや犯罪者の脳に興味があり、普段から脳の働きや、神経伝達物質についての文献を読んでいます。
そのせいもあってか、この本は科学的根拠や情報のソースの記載が極端に少なく、本当かな?この人の思い込みで書いてるんじゃないかな?と引っかかることが多かったです。

吉濱さん自身のエッセイだと思えば問題はないです。しかし、私のように実際にアスペルガーで、自分の症状とどう向き合ったらいいのか、あらゆる症状はどういうメカニズムで発生しているのか、
そういったことを知りたい人にとってはあまり意味がないなと思いました。私は医学的、もしくは生物学的に、今明らかになっている情報を知りたいだけなんだとこの本を読んで気が付きました。
アスペルガー当事者の目線で、エッセイのように苦悩やスピリチュアルとの出会いを書く一方で、医者のような(?)立場から、脳がどうこう、神経伝達物質がどうこうと書いており、どっちからの説得力も薄く曖昧です。
もし一緒に書くのなら、幼少期の苦労を語る章はそれだけにとどめて
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック