障害者イズム ~このままじゃ終われない~ Part... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

障害者イズム ~このままじゃ終われない~ Part1 [DVD]

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 4,527 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 408 (8%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで3,000円OFF 1 件

残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 4,527より 中古品の出品:3¥ 2,980より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中にパナソニックの液晶テレビとDVD・ブルーレイソフトをまとめて買うと、合計金額から3,000円OFFに。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 障害者イズム ~このままじゃ終われない~ Part1 [DVD]
  • +
  • さようならCP [DVD]
総額: ¥7,427
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 小池公男, 日原一郎, 中込恵美
  • 監督: 山田和也
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: トランスフォーマー
  • 発売日 2009/12/04
  • 時間: 94 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002P88JUS
  • JAN: 4522178007712
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 82,729位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

★2003年キネマ旬報ベスト10入賞!各映画協会で激賞を受けた伝説のドキュメンタリー作品!
★「ALWAYS 三丁目の夕日」ほか、話題作に多数出演する人気実力派俳優・吉岡秀隆がナレーションを担当。
★監督は、モンゴル遊牧民の少女を4年間追った映画「puujee(プージェー)」で2008年サンダンス映画祭に正式招待され、さらに世界各国の映画祭で大絶賛を受ける山田和也。
★全国劇場公開作品! 障害者ドキュメンタリーの傑作として世界各国の映画祭で上映!


■解説

社会や行政の壁に立ち向かう、重度障害者たちの自立への闘い

今、障害者を取り巻く環境は末期的状況だ。しかし多くの障害者が「自立」という当たり前の夢に向かって闘っている。この映画は、脳性まひという障害をもちながらも、社会参加を目指して闘う重度障害者たちの姿を追った、6年間の記録である。


■STORY

このままじゃ終われない! 闘え!怒れ! 自立する障害者たち!

主人公は、40歳を目前にして自立を決意した3人の障害者たち。今、自立しなければいつまでも社会に出られないという切迫した気持ちに背中を押されるように、親元や障害者施設から独立しようと社会や行政の壁に立ち向かっていく。しかし、経済的問題・役人たちの冷淡な反応・不慣れな行政との交渉など次々と問題が生じる。「障害者は障害者らしくしといてくれ!」という世間の偏向的価値観が彼らの自由という権利を奪っていく。障害者がいかにして自立を掴むのか?その闘いには想像を超える苦難が待ち構えていた。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

脳性まひという障害を持ちながらも、社会参加を目指して闘う重度障害者たちの姿を6年間にわたり追ったドキュメンタリー。40歳を目前にし自立を決意した3人の障害者たち。しかし、経済的問題や役人たちの冷淡な反応など、次々と問題が生じる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

私の友人が障害により生活や就職に苦しんでいたのが見るきっかけとなった。
障害者のドキュメンタリー映画というだけではこの映画を語れない。
私はどんぐりの家のような障害を持った人々を扱った作品はよく見たが、その中でも断トツに重い作品だった。
障害者に対するイメージは皆さんにもあると思いますが、そんなもんではない!と私はいいます。
障害者が健常者のように普通のことを普通にできないというのがダイレクトに伝わり、そしてそれを乗り越えようにも、あまりにも障害が大きすぎること。今の日本社会の福祉は障害者に対して最低限の生活を与えて現状維持している状態です。
この作品は心に重くきますが、ぜひ多くの方に見てもらいたい作品です。
パッケージのイラストは楽しそうな絵で描かれていますが、この作品を見た後だと絵の重みを感じるでしょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。iphone7ケース おしゃれiphone7 赤