通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
障害犬タローの毎日 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

障害犬タローの毎日 単行本 – 2007/4/27

5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 障害犬タローの毎日
  • +
  • ありがとう障害犬タロー
総額: ¥2,947
ポイントの合計: 44pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『盲導犬クイールの一生』の著者・石黒謙吾さん推薦!
「ごく普通に生きているだけで、太郎は人を元気づけている」

 福岡県宗像市に暮らす赤毛の雑種犬・太郎は、生後1年目に原因不明の難病に
おかされ、尻尾と両耳、そして4本の脚が壊死し、切断することになった障害犬
です。手術から10年、人間だと60代になった太郎は、獣医師で飼い主の小森泰治
さんや動物病院のスタッフ、そして仲間の犬や猫たちに支えられながら、わがま
ま気ままのマイペースで暮らしています。
 本書は、障害犬・太郎の半生を、写真と文章で紹介したノンフィクション。安
楽死さえも考えられた太郎のこれまでの「犬生」を振り返るとともに、小森さん
と太郎が地元の小学校で行っている「いのちの大切さ」を伝える授業や、同じく
障害を負った老猫との交流などを描きながら、生きることの素晴らしさをメッ
セージした、人間と犬との心あたたまる愛情物語です。

内容(「BOOK」データベースより)

原因不明の難病で、尻尾と両耳、そして4本の脚が壊死し、切断することになった、赤毛の雑種犬・太郎―。手術から10年、以前のように野山を駆けることすらできない太郎だが、動物病院の院長で飼い主の小森泰治さんや病院のスタッフ、そして仲間の犬や猫たちに囲まれながら、わがまま気ままのマイペースで暮らしている。そんな障害犬・太郎をめぐる心あたたまる愛情物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 136ページ
  • 出版社: アスペクト (2007/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757213557
  • ISBN-13: 978-4757213555
  • 発売日: 2007/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 208,323位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
9
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(9)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ショッキングな表紙の写真に興味を持ち読んでみました。

タローの不幸とそれ以上の幸運を周りの人間や動物達との係わり合いを
通してせつなくも楽しく綴っています。
そこには最初の命の恩人のおじいさんやタローを通して人生の目標が
変わってきた動物病院の小森先生の心の葛藤などドラマもあります。
またペットブームの後ろの事情もよくわかります。

淡々と読めますが途中で泣ける場面がありました。読み終わったあとは
ある種の清涼感というかスガスガしさがありました。アニマルセラピーは
存在すると思います。

私も愛犬には癒されています。この本を読んでホノボノしました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2007/12/10
形式: 単行本
数ある動物本の中でもかなり上質。決して軽くはないテーマを扱ってるにもかかわらず、読後にはある種のすがすがしさというか、ポジティブな気持ちにさせられます。他のレビュアーの方も書いてますが、太郎に会いたくなりました。個人的には佐々木氏の著作で「家族」もおすすめ。本作同様、テーマが共通しているように感じます。佐々木氏はあまり著作の多い方ではありませんが、しっかりと芯の通った作品を提供してくれる作家だと思いますので次回作にも期待したいです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
表紙の写真に衝撃を受け、すべての脚を失った=可愛そう、見るのが辛い、と正直思っていました。でも本を読んだあと、そんな自分を恥ずかしく思いました。お涙頂戴の本かと思い込んでいたのも間違いでした。勇気を出して読んでよかった。それほど読後はすがすがしかったのです。

生後まもなく捨てられて、しかも原因不明の病気ですべての脚を切断するという大変な運命を、人間なら嘆いたり怒ったり「なぜ自分だけが・・」と絶望もするでしょう。でもタローはたとえ全ての脚やしっぽを失っても、あるがままの自分で日々を生きることを楽しんでいます。障害を負っているから可哀想、見るのが辛いなどと思った私は偏見にとらわれていたのでした。

タローの笑顔は実に生き生きとしています。命の底力を教えてもらった気がします。是非是非、最後のページの写真を見てください。短くなってしまった脚を一生懸命上げて、壁に向かっておしっこをひっかけているタローの写真。この写真にすべてが集約されている気がします。タロー、色んなことを教えてくれてありがとう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本屋さんで平積みされていたこの本に偶然出会い、財布の中に2000円しかなかったが、矢も盾もたまらず買い求めた。   
タローの名は昔、飼ってた犬と同じ名前なんだ。

過酷な運命を負ったタローだが、周囲の人の目は温かい。その意味合いで、人間は捨てたものではない。
だが他方、多くの種類のペットには、過酷な運命が待ち受けていることに目を閉ざしてはいけない
(・・・・・ペットを捨てたりしない君だとしても、たとえばペットショップで、買手がつかず売れ残った、多くの動物たちはどうなるのだろうって、考えることあるだろ) 

そして、過酷な仕打ちをしているのは、独りよがりで浅はかな人間であることを忘れてはいけないと思う

皆が、もうすこしだけでいいから、
命のことを考えるきっかけになれば
作者もタローも
どんなに歓ぶだろうか
って思った           Jan 03 '08
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読み終えて心がホクホクになりました。タローの愛らしさに強さに…
表紙の太郎の姿に最初悲しい話かと思いながらも買ってきたんですが、実際はそうではありませんでした。
読み終えて命の強さを感じました。私も2匹の犬と暮らしていますが、時に犬に教えられる事が多々あります。この本を読み終えて改めてそう感じました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告